広告

posted by fanblog

2015年11月09日

『蟻の木の下で』第10回江戸川乱歩賞受賞(1964年)著者西東 登(さいとう のぼる)





江戸川乱歩賞全集(5)蟻の木の下で
518D7RG2NWL__SX333_BO1,204,203,200_.jpg

動物園で発見された男の死体には熊の爪痕が。

近くには新興宗教のバッジが落ちていた。

謎解きの意外性に戦争犯罪の傷痕を絡めた異色作。
著者 西東 登
東京下谷に生まれる。
北京大学経済学部研究科を修了。
映画雑誌『キネマ旬報』の編集者を務める。『芸文』同人。
「蟻の木の下で」により第10回江戸川乱歩賞を受賞。以後、数多くの社会派推理小説を執筆する。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4349600
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
検索
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。