広告

posted by fanblog

2015年11月08日

『孤独のアスファルト』第9回江戸川乱歩賞受賞(1963年)著者藤村 正太(ふじむら しょうた)





江戸川乱歩賞全集(5)孤独なアスファルト
「孤独のアスファルト」から『孤独なアスファルト』に改題

518D7RG2NWL__SX333_BO1,204,203,200_.jpg

断熱材メーカーの常務が殺され、工場に勤める東北出身の内気な青年が容疑者に。

大都会の人間の孤独を鋭く抉る社会派本格推理。
著者 藤村正太
1924(大13)年、富山県生まれ。本名・正太。別名、川島郁夫。1949(昭和24)年、東京大学卒業後、結核を発病。療養生活中に探偵小説を書き始め、同年、川島名義で「黄色の輪」、「接吻物語」の二編を『宝石』百万円懸賞コンクールC級(短編部門)に投じ、前者で二等に当選してデビュー。51年頃からラジオ、テレビの脚本を手がけるようになり、57年には、NHK『私だけが知っている』の脚本執筆に参加した。63年、藤村正太名義で投じた長編『孤独なアスファルト』が第9回江戸川乱歩賞を受賞。1977(昭和52)年、心不全と呼吸不全のために死去。享年53歳。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4349548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
検索
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。