広告

posted by fanblog

2015年11月07日

戸川 昌子『大いなる幻影』、佐賀潜『華やかな死体』第8回江戸川乱歩賞受賞(1962年)





江戸川乱歩賞全集(4)大いなる幻影 華やかな死体
51RDVFY8THL__SX334_BO1,204,203,200_.jpg

『大いなる幻影』

孤独な老嬢たちが住む女子アパート。

突如始まったアパート移動工事と同時に奇怪な事件が続発。

老嬢たちの過去も次第に暴かれていく。

著者 戸川昌子

1933年東京生まれ。大手商社で英文タイピストとして勤務、のちシャンソン歌手に。

ステージの合間に書いた『大いなる幻影』で第8回江戸川乱歩賞を受賞。

以後幅広いジャンルの作品を多数執筆。海外でも高い評判を得る。

『華やかな死体』

大手食品会社社長の死体が発見され、元社長秘書の男が逮捕された。

事件をめぐり少壮の検事と老獪な弁護士の熾烈な戦いが始まった。

著者 佐賀潜

1909年東京生まれ。中央大学法学部卒。

1940年検事となり、1946年に弁護士を開業。

森脇将光事件などを手掛ける。

『華やかな死体』で第8回江戸川乱歩賞を受賞。

推理小説のほか『民法入門』などの法律の解説書を執筆しベストセラーとなる。

人気の絶頂期だった1970年に死去。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4260415
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
検索
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。