ファン
↓子宮内膜症・チョコレート嚢胞をもっと知りたい方へ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子宮内膜症
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
最新記事
最新コメント
プロフィール
CHIAさんの画像
CHIA
私のことを少し。 27歳12月に子宮内膜症・チョコレート嚢胞と診断されました。 それまでは、病気とは無縁の生活を送っていました。 まさか、私が。ってこのこと。 病気と向き合う中で、情報の少なさを感じて、 ブログを作成することにしました。少しでも多くの人の参考に なれれば嬉しいです。
プロフィール
写真ギャラリー
QRコード
骨盤・子宮周りを温めるよもぎ蒸し湯たんぽ

広告

posted by fanblog

2016年05月26日

大量の不正出血

頭痛・肩こり・首こり・倦怠感・集中力、記憶力欠如とい症状がピークになっていた、2015年12月。
ディナゲストを1錠にしてみたのですが、またこの病気が発覚したときのような、
下腹部の違和感(張る感じ)が見られるようになりました。

また、薬をちゃんと飲もうか…?

ただ、仕事の時は我慢していますが、帰宅したら椅子に5分座ってなにか作業をすることも
集中できないがために、できない状況にまた戻ることを考えると、躊躇しました。
すぐに2錠を1錠にしたところで、症状が回復されるわけではないけれど、このまま続ければ、
体内の濃度は下がるし、薬を飲んでいなかったときはPMSが辛かっただけで、その他の症状は
あっても我慢出来る程度でしたから、どうしてももうちょっと1錠で頑張ってみたいという思いもありました。

実際、1錠に変えたところで、すぐに月経がくることはありませんでした。

ですが、下腹部の張りと不調が3週間ぐらい続き、ほてりや風邪っぽい症状に悩まされた後の
1月頭、大量の不正出血がでました。
不正出血というか、茶褐色のカスです。しかも、前に出ていた量とは異なり、便器の水が溜まっている
ところ全体を埋めるぐらいの量でした。

1日大量にそのカスがでたあと、2.3日少しでて終わりました。
ただ、出終わったあとは、下腹部痛が徐々に消えて体調不良も回復してきました。

体が出したがっていたのかもしれません。
そのあと先生に相談した時、古い内膜や血で薬を長く飲んでいる人は時折起こるという説明をうけました。
2錠に戻すこともしませんでしたが、月経がくるようなことはありませんでした。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5088531
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。