自転車通販サイト【cyma】
目的別に相手を探すなら【ciel】

時計修理の千年堂でオーバーホール
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界
お勧め記事にリンク
プロフィール
yoshiaさんの画像
yoshia
父が亡くなり家業を清算しお金を借りて就職活動をしていた 独身50代男に少しづつ現れた至高の存在と名乗る霊界の存在達 、全ては信じられない様な実際の霊界との交信記録です。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク集
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ファン
検索

2019年12月04日

メッセージ ヨシア君について(2019/12/04 20:20頃)

(メイ)ヨシア君の名誉回復の為に書いてあげますけど宜しいですかヨシア君?

では書いてみたいと思います。

過去1億年程前だったでしょうか二人で地球を運営していた時期がありました。

私がオセアニア、イラン、イラク、サウジアラビアなど中近東をそれ以外の地球の大部分をヨシア君が担当しておりました。

当時はその様な地名、国名すらありませんでしたが、その辺りと思って頂ければと思います。
私の担当の国々が当時、正に緑の楽園でした。

ヨシア君の方は太平洋が陸だった頃の日本やそれ以外の地球の大部分で荒れ地で大変苦労していた様でした。

当時は、現在とは反対で中近東はとても緑豊かな楽園だったのです。

そして私達は紙に書いた文字の力で地球を運営していました。

それほど文字が最初に作られた頃の太古の時代の文字の力は強力だったのです。

霊界中の霊が宇宙の最高女神である私の夫ヨシア君に嫉妬してヨシア君の眉間に毎晩攻撃(日が昇ると、しつこい霊を除き霊界に帰って行く)を仕掛けるので文字の力で眉間に神の光、力を満、などと和紙に筆で一晩中書き続ける事を1億年以上もしていたのです。

毎晩、松明を焚き私は安心して眠りにつきますが日の昇る頃には私の生殖器は男性霊に占拠されてしまいヨシア君はその霊の帰る頃を見計らって私とマグワウのです。

そうセックスです。

その時に私の枕元の左にヨシア君が正座し私に一礼してから奏上する歌を皆さんに紹介したいと思います。

"ハレチ ウタゲニ ヨイサマシアト コヨイノウチニ ニゲキレン マコトヲモチタラン メイ ヨシア" 
この詩を奏上後、私達は毎晩欠かさずマグワウのです。
(歌の最後のメイ、ヨシア部分をこの様に女性を先にして、あなたのパートナーの名前とあなたの名前を名字も含めて正式に奏上するのが決まりです)

ヨシア君は真を持って一日たりとも欠かさず私とマグワイました。

太古セックスはその様な愛の儀式めいた行為だったのです。

ヨシア君、良く努め切りました。

どうでしたかヨシア君!前にも同じ事をノートに書かせましたが、この様にして私の生殖器は今度はヨシア君の精子を求める女性霊に占拠され私の貞操は守られ他の男性からヨシア君に保護されていたのです。

皆さん信じるか信じないかは別としてヨシア君に素晴らしい過去世があったのかもしれませんね!

どうかこの貧乏ヨシア君をお金持ちにして上げて下さい。

(ヨシア)ここに前に教えられた太古のマグワイ時の決まりを紹介したいと思います。
主に男性に対する決まりです。
この教えを現在守る必要はありませんので皆さんの自由にされて下さいね。

男女の床を別々にしなさい。
男性が女性の床に行きなさい。
全裸で行為をしなさい。
正常位以外はいけません。
激しい接吻をしてはいけません。
胸、性器、体を愛撫してはいけません。
女性に性的快感を与えようとしてはいけません。
男性は自分の都合で女性の中で果てなさい。
男性が不足なら何度でも女性の中で果てなさい。
男性は行為の後速やかに自分の床に戻り休みなさい。
添い寝をしてはいけません。
汚は女性に自分で始末させなさい。
女性は男性本位に作られて居るのだそうです。
女神は文字の力で地球運営中、妊娠する事は無かった(懐妊すら自由自在なそうです)のだそうです。


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9473475
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック