2017年10月30日

自動車検査員というのは!今だから思う事。


自動車検査員になり、その責任を感じつつ、日々仕事にのぞんでいる毎日です。

このたびの、新車出荷前の完成検査時のお粗末なニュースを見て、憤りを感じずにはいられないという自動車検査員の方々も多くいられると思います。

かく言う私自身もその一人です。

現場の指定工場で働く検査員にとって、日々国の監査の目が光っている中で、不正行為を働くことは、自殺行為ですし、やってはいけないこと。
ごく当たり前のことです。

なのに、今回の未認定の無資格者による検査や、現役検査員の印鑑貸し行為など、とても考えられません。

メーカー側は、末端のディーラーには厳しい指導をし、自分の足元は、なんとお粗末なことでしょう。


そう思う反面、メーカーの検査担当の方々も、忙しく人手が足りなかったり、無理を強いられていたりしていたのかな?と想像したりもしてしまいます。

その辺りの事は、明るみになっていない為分かりませんが、このご時世の事を考えると、メーカーの検査の現場も、人数体制など、大変だったのかもしれないですし、そうであったら、なおの事、そのメーカーの責任は重いと思います。


末端のディーラーに務める我々など、日々どれほどの仕事量を課せられていることか、、、ですが、正しく、不正などせず、まじめに言うことを聞いてやっているのです。


同じことを思う方もおられると思いますが、せめて我々は、腐らずに日々正しくやっていきましょう!















タグ:車検 法令
最新記事
タグクラウド
検索
カテゴリー別・関連記事など
プロフィール
Mr.自動車検査員さんの画像
Mr.自動車検査員
私は、自動車検査員という国家資格をもって、日々、自動車の整備や検査に携わっています。 自動車検査員というのは、車検などで車が国の定める厳しい検査基準をクリアしているかを判断する役目の人の事です。車の構造はもちろん、法律の知識も熟知していなければなりません。 常に車には厳しい目で接していますが、そうだからこそ、自動車に対する愛情は人一倍持っています!皆さんに少しでも、自動車のいろいろな事を紹介できたらと思います。
プロフィール