ブログトップページへ戻る すべての記事へのリンク
最新記事
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
リンゴジャムさんの画像
リンゴジャム
プロフィール


ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年05月01日

[ゲームネタバレ]シェンムーサイドストーリー〜漫画でさらに補完されるシェンムーの世界

2079.jpg

シェンムーのストーリーを補完するマンガが2001年頃、ドリームキャストマガジン(現在は休刊)で連載されていました。全4話です。「シェンムー3」が発表された今こそ、改めて読み返したいものですね。


シェンムーサイドストーリー:Shenmue Side Story

◆Vol.1 < Guizhang & Joy>
◆Vol.2 < Ren & Wong >
◆Vol.3 < Xiuying & Ziming >
◆Vol.4 < Chai & Ryo >


<注意! シェンムー2のネタバレがあります!>

この漫画はコマ割りは左から右ですが、セリフの流れは右から左です!


◆Vol.1 < Guizhang & Joy>
 陳貴章(チン・キショウ)とジョイ


2085.jpg
2086.jpg
2087.jpg
2088.jpg
陳貴章(チン・キショウ)とジョイのお話です。2の盗聴イベントを続けることにより、この2人が実は知り合いだったという事がわかる隠しイベントがあります。ジョイは金髪に染めている設定だったはずが、子供の頃から金髪だったんですね。


◆Vol.2 < Ren & Wong >
 刃武鷹(レン・ウーイン)とウォン


2089.jpg
2090.jpg
2091.jpg
2092.jpg
刃武鷹(レン・ウーイン)とウォンのお話です。たくましく生きるウォンを無愛想に見守るレンでした。


◆Vol.3 < Xiuying & Ziming >
 紅秀瑛(コウ・シュウエイ)と紅紫明(コウ・シメイ)


2081.jpg
2082.jpg
2083.jpg
2084.jpg
妹の紅秀瑛(コウ・シュウエイ)と兄の紅紫明(コウ・シメイ)のお話です。あと、お世話係の薫芳梅(クン・ファンメイ)と、四天王のひとり、鳥隼(ちょうじゅん)も出てきました。シュウエイさんが老師と呼ばれるほどに鍛錬を積んだのは、兄を超えるためだったんですね。


◆Vol.4 < Chai & Ryo >
 チャイと芭月涼(はづき りょう)


2093.jpg
2094.jpg
2095.jpg
2096.jpg
チャイと芭月涼(はづき りょう)のお話です。これが、いわゆるカットされた本来の「シェンムー 二章」です。さらわれた女の子Xiaomei Dingとお母さんJiangyu Dingもいますね。2の序盤、船着き場で声をかけてくる親子です。


◆サイト内リンク
シェンムー 一章 横須賀:Shenmue あらすじ
シェンムーU:Shenmue2 あらすじ
シェンムーサイドストーリー 漫画


サササッ 三|ノシ・з・|┐ それではまた!


2018年04月30日

[ゲームネタバレ]シェンムーU:Shenmue2〜舞台は横須賀から香港へ

2078.jpg

◆「シェンムーU」・・・一行あらすじ

香港にたどりついた芭月涼(はずき りょう)は、事情を知る朱元達を探し、父を殺された原因となった一対の鏡の過去を追うため桂林へと旅を続ける。


リリース日/2001年9月6日発売
販売元/セガエンタープライゼス(現 セガゲームス)
プラットフォーム/ ドリームキャスト・PC


◆サイト内リンク
シェンムー 一章 横須賀:Shenmue あらすじ
シェンムーU:Shenmue2 あらすじ
シェンムーサイドストーリー 漫画


◆「シェンムーU」あらすじ

<ネタバレあり! 結末まで掲載しています!>

2069.jpg

■横須賀

父を殺された芭月涼(はずき りょう)は、仇である藍帝(らんてい)を追って、横須賀から香港へと向かう。かつての父の知人、朱元達(シュ・ゲンタツ)を訪ねるため、まずはその居場所を知ると思われる桃李少(トウ・リショウ)老師を探すこととなる。

■香港

船で香港へ到着した涼は、鳳凰鏡(ほうおうきょう)と現金の入ったバッグをスリの子供ウォンに盗まれてしまう。慣れない港町の中、ウォンを追ってバッグを取り返したが、現金は全て抜き取られた後だった。宿銭すらなくした涼は途方に暮れるが、現地で知り合ったバイクを乗り回す女性ジョイに宿とバイト先を紹介してもらい、滞在費稼ぎと桃李少老師探しを行なうことになる。

2073.jpg

■四つの武徳

町の人々に聞き込みを続け、老師がいる文武廟(ぶんぶびょう)に向かうが、そこにいた拳法家に涼の未熟さを見抜かれ「老師に会いたければ四つの武徳を知ることだ」と言われる。町の道場を巡り、人々と話し合い、迷えるものを助け、涼は四つの武徳「戒・功・胆・義」を知る。

戒 むやみに技を見せず、また使うべからず
功 怠る事なく修練を積むこと
胆 常に慌てず冷静に判断すること
義 正しい事の為にためらわず行動すること

2072.jpg

涼が文武廟に戻ると、そこに現れた老師は若い女性だった。老師とは中国語で「先生」を意味する言葉であり、武術の達人である彼女は本名は紅秀瑛(コウ・シュウエイ)と名乗る。しかし、無謀な復讐を遂げようとしている涼に、朱元達の居所を教えてはくれなかった。一方で、彼女の操る武術は、本気の涼でも全く太刀打ちできないほど強力であったことから、涼は彼女の元で修行を積みつつ、さらに藍帝を探すことにした。

■老師の過去

2070.jpg

涼はシュウエイ老師の部屋に泊めてもらいながら、古い本の虫干しという地味な作業を何日も続けさせられる。こんな事をしていて藍帝に近づけるのかとあせる涼だったが、お手伝いをしている薫芳梅(クン・ファンメイ)という女の子と話すうち、何事も鍛錬であると気付き、この町や武術のことを学んでいく。

しばらくして、鍛錬のうちのひとつ「落ち葉つかみ」を成功させた涼は、書庫にあった武林書を読む許可を得る。かつて横須賀の道場で藍帝が父に言った「お前が殺した趙孫明(チョウ・ソンメイ)を覚えているな」。武林書を読み、趙孫明とは虎燕拳(こえんけん)の伝承者であった事を知る。さらに、涼は本の中に古い写真を見つける。そこには子どもの頃の老師であるシュウエイと、その兄の紅紫明(コウ・シメイ)が写っていた。紫明は両親を殺した者に復讐するために出ていき、そのまま戻ってこなかった。そのため妹のシュウエイは一人ぼっちになり孤児院で過ごしていた。その過去から、シュウエイは涼に仇討ちすべきでないと諭していたのだった。

2077.jpg

■ヘヴンズ

涼は朱元達の居場所を探し続ける。どうやら朱元達は、裏組織である蚩尤門(しゆうもん)に狙われているため姿を隠しているようだ。蚩尤門は九龍城にあるチャイニーズマフィア黄天会(こうてんかい)に、朱元達を探させているという。それならば、黄天会と敵対しているストリートギャングのヘヴンズなら何か情報があるかもしれないと、危険を感じながらも涼は突き進み、行く手を遮るギャング達を蹴散らしながらヘヴンズの頭、刃武鷹(レン・ウーイン)と出会い、一時的に協力することになる。そしてレンから朱元達が九龍城に居るとの情報を得る。

■九龍城

2074.jpg

涼はお世話になった人々に頭を下げ、香港を離れ九龍城へと向かう。だが、すでに朱元達は黄天会のボスである斗牛(とぎゅう)に襲撃を受けたあとで、涼とレンは黄天会に捕まってしまう。口は悪いがケンカの腕は確かなレンと協力し、なんとか囚われの身から脱出した2人は、朱元達は黄天会の本拠地である黄天楼(こうてんろう)へと連れ去られたと知る。

■黄天会

2人は黄天楼へ向かう。複雑な建物を上り下りする中、こっそりついてきていたジョイが捕まっているのを見つける。涼は闘技場で白虎(びゃっこ)と名乗る派手な男を倒すとジョイを助け、さらに進む。そしてついに最上階で斗牛を倒して朱元達を救出することに成功した。ふと涼が上空を見上げると藍帝を乗せたヘリがいた。黄天会が失敗した事を見届けた藍帝は涼をしばし見つめ、飛び去る。

救出された朱元達は、涼の父である芭月巌(はづき いわお)が藍帝に殺されたことを聞き、自分の忠告が間に合わなかったことを悔やむ。そして朱元達は衝撃的な事実を涼に告げる。趙孫明は藍帝の父だと。つまり、涼の父が藍帝の父を殺し、藍帝が仇討ちとして涼の父を殺し、そしてまた涼が仇討ちとして藍帝を追っている、復讐の連鎖だと・・・。父は人を殺すような人物ではない、きっと何か事情があったはずだと、涼はそう信じる以外になかった。

朱元達は涼の鳳凰鏡に煙を吹きかけると北斗七星が浮かび上がった。この鏡は二枚組み合わせると清王朝の財宝を手に入れるための手掛かりになるという。鏡の原料「トウ河緑石」は桂林の白鹿村が産地であり、そこなら鏡を作った一族から、何らかの情報が得られるかもしれない。さらに、その地は芭月巌と趙孫明が若い頃に修行を積んだ場所であると。初めて知ることばかりで、ただ驚くだけの涼だったが、「藍帝も桂林へ向かった」と聞いてはもう黙って座っていられなかった。

■桂林

2071.jpg

涼はお世話になった人々に再び頭を下げ、香港を離れ桂林へ一人で向かう。桂林の白鹿村へは荒れた山道を数日歩いていくしかない。その途中、川に流される少女を見つけ、涼はとっさに飛び込んで助ける。その少女は玲莎花(レイ・シェンファ)といい、白鹿村の者だと言う。そして、彼女の養父が鏡を作った一族の子孫だと判明する。

■白鹿村

2075.jpg

シェンファの案内で2人は無事に白鹿村にたどり着いた。シェンファの家のそばには巨大な木が一本立っていた。その木は莎木(シェンムー)というのだそうだ。次の日、泊まり込んで石工の仕事をしているというシェンファの養父に会うため、2人は村から離れた洞窟に向かった。しかしそこに養父の姿はなく、「私の役目は終わった。鳳凰を携えし者と共に行け」という置き手紙と宝剣「七星剣」があった。涼が剣を台座に刺すと洞窟に明かりがともり、壁に彫られた巨大な龍鏡と鳳凰鏡の石細工を照らし出した。それは、村に伝わる歌を体現しているかのようだった。

地より現れし龍が 黒雲をいざない 天をおおうも
舞い降りし鳳凰 そのつばさによりて 紫風を生むが如く
漆黒の夜は広がりしも 明星は一つ 燦爛と輝く


2076.jpg

龍鏡を持つ藍帝の黒雲を追い払うべく、東の国からやってきた鳳凰鏡を携えし涼。一対の鏡と親子の因縁、涼とシェンファの旅がここから始まるのだった。


<END>


シェンムー2です!

主人公の涼は仇討ちのため、日本を飛び出す!涼の父に手紙を送った朱元達や、本シリーズのヒロインである莎花(シェンファ)が登場し、ようやくストーリーが盛り上がってきたんですが・・・!盛り上がってきました!

舞台は中国、香港の港町からにぎやかな繁華街へ、そして悪名高き九龍城、奥地の桂林、白鹿村に移動します。とうとう、タイトルである木、莎木(シェンムー)も出ました。後々、この木も何かあるんでしょうか。しかし、ゲームはこの直後に終わりなんですよね。うーん、先が気になる。

さて、この続編は、セーブ時間は前作よりは少し早くなりましたが、ロード時間は相変わらず遅い。前作と違い、地図を購入すればマップが表示され、人に尋ねると目的地の場所をちゃんと教えてくれるし、人によっては目的地まで案内してくれるので、迷う事は減りました。いくつかのシステムは操作しやすくなり、やや進めやすくなりました。前作をクリアしている人なら楽勝です。

ストーリーについて、シェンムーは元々「全16章」仕立てだったんですが、しかし規模の縮小を余儀なくされ「全11章」となった経緯があります。さらに増えたり減ったりして、以下のようになりました。

■1章・・・ シェンムー 一章 横須賀
■2章・・・ 漫画(ゲームは無し)
■3.4.5.6章・・・ シェンムーU
■7〜・・・


◆蚩尤門の四天王(四神:古来から四方を司る霊獣)

中国の裏組織、蚩尤門(しゆうもん)の幹部と言えば四天王なんですが、まだすべての情報は公開されていません。この「2」で登場した「白虎」は、蚩尤門ではなく黄天会の四天王かもしれないんですよね。

方 四神 称号       名前
東 蒼龍 藍帝(らんてい) 趙龍孫(チョウ・リュウソン) 趙孫明の息子
南 朱雀 炎帝(えんてい) 鳥隼 (ちょうじゅん) 未登場
西 白虎 黄帝(こうてい) 紅紫明(コウ・シメイ) シュウエイの兄
北 玄武 玄帝(げんてい) ?  未登場

漫画を見る限り、紫明はシュウエイさんが倒しそうな予感がします。うーん、3が楽しみですね。


◆おまけ
「誰やねんこれ」と言いたくなるようなシェンムーUのCMをはっておきます。



◆サイト内リンク
シェンムー 一章 横須賀:Shenmue あらすじ
シェンムーU:Shenmue2 あらすじ
シェンムーサイドストーリー 漫画


サササッ 三|ノシ・з・|┐ それではまた!





2018年04月28日

[ゲームネタバレ]シェンムー 一章 横須賀:Shenmue〜SEGA発の未完の大作

2067.jpg


◆「シェンムー 一章 横須賀」・・・一行あらすじ

1986年横須賀、謎の拳法使いに父を殺された芭月涼(はづき りょう)は、敵討ちのために香港へと渡る。


リリース日/1999年12月29日発売
販売元/セガエンタープライゼス(現 セガゲームス)
プラットフォーム/ ドリームキャスト・PC


◆「シェンムー 一章 横須賀」あらすじ

<ネタバレあり! 結末まで掲載しています!>

■横須賀

2068.jpg

1986年11月29日、横須賀。ドブ板通りと呼ばれる横須賀郊外の先にある柔術道場「芭月武館」で異変が起きていた。道場主の息子である芭月涼(はづき りょう)が自宅に戻ると、道場の看板は割られ、玄関先にはお手伝いさんの女性、稲さんが倒れていた。さらに、道場の扉を破る様に、門下生の福さんが弾き出される。

道場の中では師範である父の芭月巌(はづき いわお)と、中華服を着た謎の男、藍帝(らんてい)が一触即発の状態でにらみ合っていた。「鏡を渡せ」と詰め寄る藍帝の要求を頑なに拒否する巌だが、圧倒的実力差で倒され、助けに入ろうとした涼も簡単に押さえ込まれてしまう。涼を殺すと脅され、ついに鏡のありかを答える巌だが、「お前が殺した趙孫明(チョウ・ソンメイ)を覚えているな」と、そのままとどめを刺されてしまう。そして藍帝は龍の刻まれた「龍鏡」(りゅうきょう)を手に、その場を去る。

2062.jpg

復讐を誓った涼の元に、香港の朱元達(シュ・ゲンタツ)という人物より、父宛ての手紙が届く。「鏡を狙う者あり、緊急の時は陳大人(チン・タイジン)を頼れ」。藍帝に関する手がかりの一切を持たない涼は、陳大人を探し始める。

■ドブ板通りの人々

2061.jpg

道場を襲った者は見たこともない中国拳法を使っていた。横須賀のドブ板通りの住人に聞き込みを続け、中国人を探すなら三刀(サントウ)を尋ねると良いと聞く。三刀とは、暗殺の多かった時代に身近で皇帝を守る職に就いていた者の呼び名で、包丁を持った料理人、ハサミを持った仕立て人、カミソリを持った床屋の事だ。そして、香港や上海に出入りする船員なら、チャイニーズマフィアについて詳しいはずだと教えてもらい、涼は横須賀港に向かう。

■横須賀港

涼は港でフォークリフトでの荷運びの仕事を見つけ、毎日バイトをしながら情報収集に励むことにした。港で働く人々は、マッドエンジェルスと呼ばれる不良グループに悩まされていた。バイト中の涼も何度か絡まれてしまうが、そのたびに鍛えた技で返り討ちにしてやった。それは身を護るためだったが、あまりにケンカばかりしていると思われ、バイトはクビになった。

2060.jpg

手がかりを探す中、涼は道場の地下にあった隠し部屋から、藍帝に奪われた鏡の片割れ「鳳凰鏡」(ほうおうきょう)を見つけた。龍鏡と鳳凰鏡、この二枚の石鏡は何かの重要な意味があるようだ。そして涼は港の旧倉庫街で、かつての父を知る華僑の主導者、陳大人(チン・タイジン)に行き着く。「父の仇をとる」と息巻く涼に対し、一度は「命を粗末にするな」と止めた陳大人だったが、涼の固い決意を知ると、藍帝が属するのは中国を影から支配する裏組織「蚩尤門」(しゆうもん)であると告げる。

2064.jpg

■マッドエンジェルス

ある夕暮れ、涼の同級生で花屋の看板娘である原崎望(はらさき のぞみ)がマッドエンジェルスにさらわれてしまう。涼は大急ぎで深夜の港にバイクで向かうと、マッドエンジェルスのボスであるテリーは、原崎を返す条件として、「商売敵である陳大人の息子、陳貴章(チン・キショウ)を倒せ」と言うと、あっさり原崎を解放した。その条件を飲んだ涼は原崎をバイクに乗せ、家に送り届ける。

涼は陳貴章と戦い、相打ちになったフリをしてマッドエンジェルスをおびきだし、たった2人で70人相手に戦い続けてマッドエンジェルスを壊滅させる。しかし、ボスのテリーを問い詰めた所、藍帝はすでに香港に戻った後だった。

2065.jpg

藍帝を追って香港に向かう決意をする涼に、陳貴章は「お前ひとりでは心配だ。俺がついて行く」と言う。陳大人も、マッドエンジェルスが壊滅したおかげで港に平穏が戻るだろうと感謝すると、涼の父に手紙を送った朱元達の居場所を知る香港の桃李少(トウ・リショウ)老師を訪ねるよう紹介状を書き、渡航する手はずを整えてくれた。

■旅立ちの日

香港への出発の日、涼は幼なじみの原崎のことを思い出していた。彼女は家庭の事情により、父親のいるカナダへ戻らなければならなくなってしまったのだが、涼と離れるのは寂しいと悩んでいた。しかし涼が香港へ旅立つと聞くと勇気をもらったのか、涼にお守りを手渡し「ふたりとも旅立つんだね」と言い、元気に立ち去った。2人は、ポラロイドカメラで撮った涼と原崎のツーショット写真を一枚ずつ持つことにした。

2066.jpg

香港行きの船に涼と陳貴章が乗り込もうとすると、藍帝の部下チャイが妨害に現れ、涼をかばって陳貴章が負傷してしまう。チャイは撃退したものの、ケガをした陳貴章は、一旦、日本に残って療養することになる。鳳凰鏡を持った涼は船に乗り込むと、陳大人と陳貴章に見送られて横須賀港を後にした。こうして涼の長い旅が始まったのだった。


<END>


思い出のゲーム、シェンムーです!

横須賀が舞台の、とある青年の旅立ちを描いた「元祖箱庭ゲーム」ですね。作り込みがハンパないです。発売当時、ここまで詳細に設定されていたゲームは他にありませんでした。「ふすまを開けられる」だけで感動したものです。まぁ、現代でもふすまを開けられるゲームはめったに見かけませんが・・・。

このゲームの特徴と言えば、町の人々の驚愕の作り込みですね。キャラクターの人物造形がかなりよく出来ていて、登場人物一人一人の顔が細かくモデリングされています。同じ顔は2つと無く、本物の人間のように左右非対称になっているのもリアル。さらに、町人には生活習慣がインプットされており、ちゃんとゲームの世界で、その日の時間に沿って生活をしているんです。「あの人はこの時間にはどこに行ってるんだろう」と気になって、朝から晩までストーキングしていたのも良い思い出ですね。朝9時オープンの店の前に陣取って店長の入店をひたすらジャマしてオープンさせないとか、全力で時間を無駄にしていました。

シェンムーはドリームキャストのキラータイトルとして鳴り物入りで登場したアクション・アドベンチャー。70億円という、とてつもない制作費の割には、販売本数は今ひとつだったという苦い歴史があり、セガがハード事業から撤退するきっかけになったとも言われていますね。テレビCMで大々的だったのが印象に残っています。それにしても、ドリームキャストはどんなゲームをプレイしていても本体がめちゃくちゃうるさかったなぁ・・・ブゥオオオオオン!!!!

一作目のこの「横須賀」のあと、二作目も出ましたが、しばらく音沙汰が無く・・・そして、とうとう三作目が2018年発売とアナウンスがありました。ここまで待ったんだから、いくらでも待てますよ!ドリームキャストを温めて待ってますね。

※本編の補足1
本作のヒロインである玲莎花(レイ・シェンファ)は、なんと、この1作目ではまだ出てきません。

※本編の補足2
涼が横須賀港で出会う中国人「陳大人(チン・タイジン)」は本名は陳躍文(チン・ヨウブン)」というそうです。ゲーム本編には名前出てこなかったと思います。


◆おまけ
最後にシェンムーIIに収録されていたダイジェストムービーを掲載します。




◆サイト内リンク
シェンムー 一章 横須賀:Shenmue あらすじ
シェンムーU:Shenmue2 あらすじ
シェンムーサイドストーリー 漫画


サササッ 三|ノシ・з・|┐ それではまた!


2018年04月24日

[ネタバレあり]ソング・オブ・ザ・シー 海のうた (2016)〜ケルト神話を元にした兄妹の冒険

2054.jpg

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』 Song of the Sea (2016・愛)

監督/トム・ムーア
脚本/ウィル・コリンズ
原案/トム・ムーア
出演/デビッド・ロウル、ブレンダン・グリーソン
   リサ・ハニガン、ルーシー・オコンネル
製作/カートゥーン・サルーン
配給/チャイルド・フィルム、ミラクルヴォイス



<ネタバレあり! 結末まで掲載しています!>

2052.jpg

静かな海辺にある孤島の灯台で、お父さんのコナー、お母さんのブロナー、愛犬のクーと幸せに暮らしていた男の子のベン。彼らは、新しい家族を迎えようとしていた。大好きなお母さんから、「あなたは世界で一番のお兄ちゃんになるのよ」と言われ、ベンも赤ちゃんが生まれてくる日を楽しみにしていた。

2053.jpg

優しくて物知りなお母さんは、ベンにたくさんのお話や歌を教えてくれた。巨人のマクリルと愛犬の物語や、アザラシの妖精セルキーが歌うと妖精が家に戻れる不思議な伝説、古い言葉で綴られる美しい歌など……。

ある晩、ベンはお母さんに海の歌が聞こえる貝の笛をもらう。うれしくて、笛を大事に抱いて眠りについたのだが、目を覚ますとお母さんの姿が見当たらない。 お母さんは赤ちゃんを残して、海へ消えてしまったのだ。

それから6年・・・今もベンとお父さんの心は傷ついたまま。ベンは、お母さんがいなくなったのは妹シアーシャのせいだと思いこみ、ついつい彼女に意地悪をしてしまう。お父さんもシアーシャにばかり甘くて、ベンのことなんか気にかけていない様子。しかもシアーシャは、まるで声を失ってしまったかのように、話すことができない。それもまた、ベンの苛立ちを増幅させてしまっていたのだった。

そして、お母さんがいなくなった日であり、シアーシャの誕生日でもある、家族にとって唯一の記念日がやってきた。それに合わせて、本島の町からおばあちゃんがやってくる。おばあちゃんは、いまだに喋らないシアーシャが心配でたまらない様子。誕生日ケーキが登場すると、ベンは意地悪をして、シアーシャの顔をケーキに叩きつけてしまう。

2055.jpg

その夜、シアーシャは不思議な光に導かれ、お父さんがこっそり隠していた不思議なコートを見つけ、海へ入ってしまう。するとシアーシャはアザラシの姿に変身し、待っていたアザラシたちと共に海の中を自由に泳ぎ始めた。そう、実はお母さんはアザラシの妖精セルキーであり、娘であるシアーシャもまた、その力を継いでいたのだ。

その後、海に打ち上げられているシアーシャをおばあちゃんが発見する。悲劇の再来を恐れたお父さんは、セルキーのコートを宝箱にしまいなおし、海へ投げ捨ててしまった。さらに、おばあちゃんは嫌がる兄妹を町へ連れて行くことにした。

町はハロウィンでお祭り騒ぎ。居心地の悪いおばあちゃんの家からすぐに抜け出した兄妹は、愛犬クーとお父さんが待つ家へ向かおうとする。ベンは家までの道のりをメモしており、それをたどりに歩を進める。

2056.jpg

そんなふたりの後を妖精ディーナシーの3人組が追いかける。彼らはシアーシャがセルキーだと気付き、フクロウの魔女マカとその手下のフクロウたちのせいで石にされた妖精を元通りにしてほしいと頼んできた。その時、4羽のフクロウがシアーシャに襲いかかり、それをかばったディーナシーたちの感情を吸い取って石に変えてしまった。

何とか逃げ切った兄妹だったが、ベンが目を離した隙にシアーシャがいなくなってしまった。妹を探すうちにベンは語り部の精霊シャナキーから、魔女マカの歪んだ愛情が妖精の国と妹の命を消しつつあると教えられる。マカの魔力に勝てるのはセルキーの歌だけ。それもハロウィンの夜が明けるまでに歌わないと、すべてが消えるという。

2057.jpg

シャナキーの助けもあって、魔女マカのところへたどり着き、彼女を説得しようと試みるベン。しかしマカは、「私だってみんなが思うような悪人じゃないわ」と言う。彼女がみんなから感情を抜き取って石にしてしまうのは、みんなの悲しい心や辛い気持ちから解放してあげたい、という願いからだった。

ベンは歌い、母の形見の貝を吹くことにより、マカは正気を取り戻した。そして、ベンとシアーシャを生まれ育った孤島へ送り届ける。しかし、父がセルキーのコートを海に捨ててしまっていたと知ったベンは、勇気を出して夜の海に飛び込む。コートが入った宝箱は海底に沈んでおり、拾うのは無理かと思われたが、アザラシたちが手伝ってくれて無事コートを手に入れる。

ベンはコートをシアーシャに着せて、母から聞いていた歌を妹にも歌わせると、具合が悪くなっていたシアーシャは元気を取り戻した。さらに、石化されていた妖精たちは開放され、元の姿に戻り始める。ハロウィンの夜、すべての妖精たちが消え去る間際に、シアーシャの歌が間に合ったのだ。

2058.jpg

そして、ベンとシアーシャの母、ブロナーが海から現れた。母はセルキーとして海に戻らなければならないが、シアーシャは母についていくことより、陸で生きていく道を選ぶ。母は家族と最後の別れをする。

それから一年がたち、シアーシャの誕生日がやってきた。一年前のお返しとばかりに、シアーシャはベンの顔を誕生日ケーキに叩きつけると、家族は大声で笑いあった。

<END>

私の一番好きな映画が決まりました。これです!

「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」は、アイルランド神話をベースにして、主人公の男の子ベンが妹シアーシャと一緒に冒険したり、フクロウの魔女と戦ったりしながら、母親の真実にせまっていく、ファンタジー・アニメ映画ですね。アカデミー賞の長編アニメーション部門ノミネートということですが、日本での上映館数はかなり少なめでした。ジブリやディズニーアニメと比べてしまうと、中々の苦戦ぶりだったのではないかと思います。

絵柄が絵本みたいでかわいいんですよね。ストーリーは、「北欧のアイルランド神話(ケルト神話)には、アザラシの妖精セルキーの伝承がある」ということを知っている前提で進みますが、そんなの、日本では知らない人の方が多いと思います。「日本では川にカッパという生き物がおり、子供と相撲をとろうとする」とか、アイルランド人は知らないと思います。しかし、知っていないとちょっと話がわかりづらい。説明が少なく、場面がちょっと飛んだりしますし。

色々なレビューを見たんですが、この映画、あまり評判は良くないみたいですね。北欧好きな人なら、劇中の水や風の模様、そして音楽に北欧らしさを感じられるんじゃないでしょうか。私はかなり好きです。

まぁ、だまされたと思って、アイルランド出身の女性ユニット「ケルティックウーマン」の歌でも聞いてください。BGMは全編こんな感じです。wiiの「フォーエバーブルー 海の呼び声」でも使用された曲です。

Celtic Woman - A New Journey - Dulaman


■ブルーレイ版■DVD版

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた【Blu-ray】 [ デヴィッド・ロウル ]

価格:4,354円
(2017/10/22 23:02時点)

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた【DVD】 [ デヴィッド・ロウル ]

価格:3,721円
(2017/10/22 23:03時点)



サササッ 三|ノシ・з・|┐ それではまた!

100GB無制限レンタルサーバー【X2】 100GB無制限レンタルサーバー【X2】

お名前.com お名前.com