最新記事

YAESU(八重洲無線) FT2D

価格:52,920円
(2015/8/29 16:36時点)
感想(0件)

【新製品】FT2D YAESU C4FM FDMA 144/430MHz デュアルバンド D/Aトランシーバー ヤエス 八重洲無線 FT-2D【RCP】

価格:52,920円
(2015/8/29 17:46時点)
感想(1件)

2016年06月09日

ブログ記事一覧

アップデート状況(2015年3月更新)

メモリーソフト&アップデートファームウェアダウンロード

FT2D記事一覧

コールサイン入力設定
ランプ点灯時間設定
操作バンドの変更
通信モードの選択
ラジオを聴く
音声をミュート(消音)する
クレードル充電のブツブツ音
送信出力を切り替える
スケルチのレベル調整
メモリー登録&メモリーネーム登録
バンドスコープ機能
GM(グループモニター機能)
GPSマニュアル設定
AF-DUAL受信(ラジオを聴きながら他のバンドをワッチする)
相手局情報をポップアップする時間を調整する
スタンバイビープを設定
デジタルモードで自局位置の表示
WIRES-Xにアクセスする・その@
WIRES-Xにアクセスする・そのA
WIRES-Xにアクセスする・そのB
WIRES-Xにアクセスする・そのC
タイムアウトタイマー(TOT)の設定
カメラ付スピーカーマイクで撮影する


FTM400D記事一覧

WIRES-Xノードを構築しよう・その@
WIRES-Xノードを構築しよう・そのA
WIRES-Xノードを構築しよう・そのB
WIRES-Xノードにアクセスする
APRSを運用してみよう・基本設定
APRSを運用してみよう・運用バンドの変更
APRSを運用してみよう・指定距離で音を鳴らす
APRSを運用してみよう・MSGの送受信
タッチキーの機能を切り替える
ディスプレーの変更・電圧表示
ディスプレーの変更・色の変更
画面表示モードを切り替える
マイクロフォンのプログラムキー割り当て
受信範囲を拡張する
メモリーを登録しよう
メモリータグの表示方法を変更
メモリータグを入力する
メッセージを作成して送る

FTM100記事一覧

コールサイン入力設定
操作ボタン&工場出荷状態のチャンネルプラン
APRSを運用しよう
APRSビーコンの送信設定
APRSを運用しながらHOMEチャンネルをワッチする
セットアップメニューの基本操作
セットアップメニュー1 DISPLAYメニューの設定
セットアップメニュー2 TX/RXメニューの設定
セットアップメニュー3 MEMORYメニューの設定
セットアップメニュー4 SIGNALINGメニューの設定
セットアップメニュー5 SCANメニューの設定

■WIRES-Xノードを開設しよう


FT991記事一覧

コールサイン入力設定&ポジション設定
各リセット&バージョン確認方法
メニューモード一覧
メニュー設定 001 AGC FAST DELAY : 002 AGC MID DELAY :  003 AGC SLOW DELAY
メニュー設定 004 HOME FUNCTION
メニュー設定 005 MY CALL INDIATION
メニュー設定 006 DISPLAY COLOR 
メニュー設定 007 DIMMER LED
メニュー設定 008 DIMMER TFT
メニュー設定 009 BAR MTR PEAK HOLD



***************

2016年04月16日

ブログ記事一覧

アップデート状況(2015年3月更新)

メモリーソフト&アップデートファームウェアダウンロード

FT2D記事一覧

コールサイン入力設定
ランプ点灯時間設定
操作バンドの変更
通信モードの選択
ラジオを聴く
音声をミュート(消音)する
クレードル充電のブツブツ音
送信出力を切り替える
スケルチのレベル調整
メモリー登録&メモリーネーム登録
バンドスコープ機能
GM(グループモニター機能)
GPSマニュアル設定
AF-DUAL受信(ラジオを聴きながら他のバンドをワッチする)
相手局情報をポップアップする時間を調整する
スタンバイビープを設定
デジタルモードで自局位置の表示
WIRES-Xにアクセスする・その@
WIRES-Xにアクセスする・そのA
WIRES-Xにアクセスする・そのB
WIRES-Xにアクセスする・そのC
タイムアウトタイマー(TOT)の設定
カメラ付スピーカーマイクで撮影する


FTM400D記事一覧

WIRES-Xノードを構築しよう・その@
WIRES-Xノードを構築しよう・そのA
WIRES-Xノードを構築しよう・そのB
WIRES-Xノードにアクセスする
APRSを運用してみよう・基本設定
APRSを運用してみよう・運用バンドの変更
APRSを運用してみよう・指定距離で音を鳴らす
APRSを運用してみよう・MSGの送受信
タッチキーの機能を切り替える
ディスプレーの変更・電圧表示
ディスプレーの変更・色の変更
画面表示モードを切り替える
マイクロフォンのプログラムキー割り当て
受信範囲を拡張する
メモリーを登録しよう
メモリータグの表示方法を変更
メモリータグを入力する
メッセージを作成して送る

FTM100記事一覧

コールサイン入力設定
操作ボタン&工場出荷状態のチャンネルプラン
APRSを運用しよう
APRSビーコンの送信設定
APRSを運用しながらHOMEチャンネルをワッチする
セットアップメニューの基本操作
セットアップメニュー1 DISPLAYメニューの設定
セットアップメニュー2 TX/RXメニューの設定
セットアップメニュー3 MEMORYメニューの設定
セットアップメニュー4 SIGNALINGメニューの設定
セットアップメニュー5 SCANメニューの設定

■WIRES-Xノードを開設しよう


FT991記事一覧

コールサイン入力設定&ポジション設定
各リセット&バージョン確認方法
メニューモード一覧
メニュー設定 001 AGC FAST DELAY : 002 AGC MID DELAY :  003 AGC SLOW DELAY
メニュー設定 004 HOME FUNCTION
メニュー設定 005 MY CALL INDIATION
メニュー設定 006 DISPLAY COLOR 
メニュー設定 007 DIMMER LED
メニュー設定 008 DIMMER TFT
メニュー設定 009 BAR MTR PEAK HOLD



***************

2016年03月14日

最新ファームウェア情報

WIRES-X PCソフトウェア(Ver.1.120)更新しました。
ダウンロードは こちら から。WIRES-Xに登録してない方はダウンロードできません。


**********

画面保護シートについて

FTM-400D、FT-991画面の共通の保護シートです。無線の仲間から頂きました。
100円ショップ、ダイソーで売っています。

ニンテンドーnew3DS用保護シートです。
IMGP0211.jpg



分かりにくいですが、2枚のシートが有りますが、小さい方を使用します。
IMGP0213.jpg



上下左右2mm位の隙間で貼れます。(貼る時は少し隙間を作らないと均等になりませんのでご注意を)
IMGP0216.jpg



空気をしっかり抜かないと写真のように・・・(^^ゞ
IMGP0217.jpg



この位の隙間です。
IMGP0218.jpg
IMGP0219.jpg


ちなみに・・・
余った大きい方のシートはFT-2Dの画面に貼ります。(400でも991でもOKですね)

シートが入っていた透明の袋を画面の上に載せてボールペンで印を付けます。
IMGP0220.jpg


画面の大きさで印が付きます。
IMGP0221.jpg


透明の袋に保護シートを入れて、動かないようにテープで止めます。
IMGP0222.jpg


カッターで切れば完成です。あれ・・・曲がってる(^^ゞ・・・
IMGP0223.jpg

その他の画面も同じようにすれば利用できます。もったいないですからね・・・


**********

2016年02月16日

FTM-400・FTM-100 ファームウェア更新情報

■FTM-400D/FTM-400DH ファームウェア
 FTM-400D/FTM-400DH用 メインファームウェア メインファームウェアVer.2.2
 ダウンロードは こちら です。 
 
■FTM-400D/FTM-400DH用 DSPファームウェア
DSP ファームウェアVer.4.10 ←更新はありません


■FTM-400XD/FTM-400XDH ファームウェア 
 FTM-400XD/FTM-400XDH用 メインファームウェア メインファームウェアVer.2.2
 ダウンロードは こちら です。
メインファームウェアー以外の更新はありません。



■FTM-100D/FTM-100DH用 メインファームウェア メインファームウェアVer.1.2
 ダウンロードは こちら です。

■FTM-100D/FTM-100DH用 DSPファームウェア DSP ファームウェアVer.4.10←更新はありません。

■FTM-100D/FTM-100DH用 PANELファームウエア PANELファームウェアVer.1.3
ダウンロードは こちら です。

2016年02月13日

最新ファームウェアー情報

更新情報
■FT-991用 メインファームウエア ダウンロード
ファームウエア Ver.2.10
ダウンロードは こちら です。

■FT-991用 C4FM-DSPファームウエア ダウンロード
 ファームウエア Ver.4.10
ダウンロードは こちら です。

■WIRES-Xソフトウェアー Ver1.110
ダウンロードは こちら です。

アップデートマニュアルは こちら です。

MENU追加項目

152 PRT/WIRES FREQ
153 PRESET FREQUENCY
154 SEARCH SETUP


 

2015年09月22日

メモリーソフト&アップデートファームウェア ダウンロード状況

■WIRES-Xソフトウェアー Ver1.120 更新(2015年3月)
ダウンロードは こちら から(WIRES-Xオーナー以外はダウンロードできません)

■WIRES-Xソフトウェアー Ver1.110 更新
ダウンロードは こちら から


FT1D
■メモリー編集ソフト ADMS-6 バージョン 1.02.13 
ダウンロードは こちら です。

■メインファームウェア(WIRES-X対応)Ver.2.07 
ダウンロードは こちら です。

■FT1D用 DSPファームウェア(WIRES-X対応)DSP ファームウェアVer.4.10 
ダウンロードは こちら です。

■Version番号確認
●メインファームウェア
【BAND】キーを押しながら電源をONにします。液晶が全点灯したら、【BAND】キーを押し、表示されるVersion番号を確認します。Version番号が更新されていれば、正しくアップデート作業が行われています。
確認が終わったら、電源をOFFにします。
●DSP ファームウェア
電源をONにします。Aバンドをデジタルモードに設定します。(デジタルモードにしないと、Version番号の確認が出来ません。)
セットモードに入り、【2 TX/RX】を選択し【ENT】キーを押します。【2 DIGITAL】を選択し[ENT]キーを押します。【6 DSP Ver】を選択し【ENT】キーを押すとVersion番号が表示されるので確認します。
(メインファームウェアのVersionが2.02以前の場合は、項目番号が異なります)

■Version UP履歴
2016年4月 機能改善および最適化を行いました。
メインファームウェア(WIRES-X対応)VersionUP内容は下記の通りです。
Version 2.04 (2014年10月) 機能改善および最適化を行いました。
Version 2.02 (2014年10月) 機能改善および最適化を行いました。
Version 2.01 (2014年9月) 機能改善および最適化を行いました。
Version 2.00 (2014年6月) WIRES-Xに対応しました。
Version 1.08 (2014年3月) 機能改善および最適化を行いました。


FT1DXD

■メインファームウェアVer.12.07 ダウンロードは こちら

■Version UP履歴
2016年4月 機能改善および最適化を行いました


FT2D
■・FT2D用 メインファームウェア ダウンロード
メインファームウェア Ver.1.07 FT2D_MAIN_ver107 ダウンロードは こちら

■FT2D用 サブファームウェア ダウンロード
サブファームウェア Ver.1.04 FT2D_SUB_ver101 ダウンロードは こちら

■FT2D用 DSPファームウエア ダウンロード ダウンロードは こちら
DSPファームウェア Ver.4.12 PCTOOL_v0412

●FT2Dに付属のUSBケーブルでアップデートできます。アップデートマニュアルをお読みになってからインストールする事をお勧めします。

■Version UP履歴
2016年4月 メインファーム、サブファームウェアの機能改善および最適化を行いました。DSPファームウエアの更新はありません。


FTM100D
■FTM-100D/FTM-100DH用 メインファームウェア ダウンロード
 メインファームウェアVer.1.2 FTM-100D 
 ダウンロードはこちらです。
■FTM-100D/FTM-100DH用 DSPファームウェア ダウンロード
 DSP ファームウェアVer.4.10 PCTOOL_v0410 ダウンロードはこちらです。
■FTM-100D/FTM-100DH用 PANELファームウエア PANELファームウェアVer.1.3
 ダウンロードは こちら です。 


■Version番号確認
●PANELファームウェア
【DISP】ボタンを1秒以上押します。ダイヤルを回して【13 RST/CLONE】を選択して【DISP】ボタンを押します。ダイヤルを回して【8 SOFTWARE VERSION】を選択して【DISP】ボタンを押します。バージョン番号が表示されます。

■Version UP履歴
VersionUP内容は下記の通りです。
●C4FMデジタルおよびAPRS通信の相手局との距離を20,000kmまで表示可能としました。
 弱電界やマルチパスなど受信状態が厳しい条件下でのC4FMデジタル復調制御をさらに最適化しました。
  ワイヤーズ基地局運用時に通常のノイズSQLに加え、DSQ(Digital SQL)コードの一致によるBusy検出機能を追加  しました。周波数の利用状況などに応じて、ワンタッチで切り替えることができます。
その他、機能改善および最適化を行いました。

●PANELファームウェア
Version.1.1 (2015年8月) 機能の改善および最適化を行いました。


FTM400D
■メモリー編集ソフト ADMS-7 バージョン 1.0.0.1 ダウンロードは こちら です。
※ADMS-7を使うにはFTM-400D/DHのメインファームウェアを必ずVer.2.0以上の最新バージョンに
アップデートする必要があります。

■FTM-400D/FTM-400DH用 メインファームウェア Ver.2.01 
ダウンロードは こちら です。

■FTM-400D/FTM-400DH用 DSP ファームウェアVer.4.10 
ダウンロードは こちら です。

■Version番号確認方法
●メインファームウェア
【DISP】ボタンを1秒以上押します。【RESET/CLONE】キーをタッチします。バージョン番号が表示されます。
●DSPファームウェア 
【DISP】ボタンを1秒以上押します。【TX/RX】キーにタッチします。【DIGITAL】キーにタッチします。
【7 DSP VERSION】に表示されるVersion番号を確認します。
(メインファームウェアのVersionが1.7以前の場合は、項目番号が異なります)

■Version UP履歴
VersionUP内容は下記の通りです。
※主な変更点
1. C4FMデジタルおよびAPRS通信の相手局との距離を20,000kmまで表示可能としました。
2. 弱電界やマルチパスなど受信状態が厳しい条件下でのC4FMデジタル復調制御をさらに最適化しました。
3. ワイヤーズ基地局運用時に通常のノイズSQLに加え、DSQ(Digital SQL)コードの一致によるBusy検出機能を追加しました。周波数の利用状況などに応じて、ワンタッチで切り替えることができます。
4. その他、機能改善および最適化を行いました。
■FTM-400D/FTM-400DH用 メインファームウェア
 メインファームウェアVer.2.2 ダウンロードは こちら です。

■FTM-400D/FTM-400DH用 DSPファームウェア DSP ファームウェアVer.4.10
 ダウンロードは こちら です。

●メインファームウェア 
Version.2.01(2015年7月)メモリー編集ソフトADMS-7に対応しました。 その他、機能の改善および最適化を行いました。
●DSP ファームウェア
Version 2.10 (2014年6月) WIRES-Xに対応しました。HRI-200モードに対応しました。
Version 2.02 (2014年3月) 機能改善および最適化を行いました。


FTM991
■FT-991用 メインファームウエア ダウンロード 2016年2月更新
 書込ツール YFSW021 Ver.0.01 & ファームウエア Ver.2.10
ダウンロードは こちら です。

■FT-991用 DSPファームウエア 書込ツール FW-DSP Ver.2.00 & ファームウエア Ver.1.05 
ダウンロードは こちら です。

■FT-991用 TFTファームウエア 書込ツール TFW Ver.1.01 & ファームウェアVer.2.01 
ダウンロードは こちら です。

■FT-991用 C4FM-DSPファームウエア  ファームウエア Ver.4.10  2016年2月更新
ダウンロードは こちら です。

■仮想COMポートドライバーダウンロード (無線機をパソコンのソフトウェアからコントロールするために必要な仮想COMポートドライバーです) こちら です。

アップデートマニュアル
注意
アップデートを行う場合には、ファームウェアを最新のバージョンにアップデートしてください。
一部のファームウェアだけをアップデートした場合、無線機が正常に動作しないことがあります。
※市販のUSBケーブルをご用意ください。無線機とパソコンをUSBケーブルで接続する前に、 あらかじめ、使用するパソコンに仮想COMポートドライバーをインストールしてください。

■Version番号確認
無線機本体パネルにある【A=B】と【A/B】キーを同時に押しながら【ON/OFF】電源スイッチを長押しして電源を入れます。バージョン情報が表示されます。

■Version UP履歴
2015年12月
※主な変更点
機能改善および最適化を行いました。

・FT-991用 メインファームウエア ダウンロード
 書込ツール YFSW021 Ver.0.01 & ファームウエア Ver.2.08  YFSW021_V0208.zip  725KB

・FT-991用 DSPファームウエア ダウンロード
 書込ツール FW-DSP Ver.2.00 & ファームウエア Ver.1.05  FW-DSP_V0105.zip  413KB

旧バージョン
VersionUP内容は下記の通りです。
●メインファームウエア Ver.2.07
●DSPファームウエアVer.1.04
●TFTファームウエア Ver.2.01
遠距離通信を高音質で楽しむことができるワイヤーズエックスに対応しました。
リアパネルのGPS/CAT端子に外部GPS機器を接続して、リアルタイムでの位置情報の取得に対応しました。モービル運用や移動運用などで自局の緯度・経度が変化するような場合に大変便利です。
設定済の自局の位置情報の消去を可能にしました。
その他、機能の改善および最適化を行いました。

2015年09月21日

FTM400D★メッセージを作成して送る★

交信していなくてもメッセージを送ることができます。
一番の難点は・・・メッセージを受信した局の画面に何も表示されない事。受信したことが解りません。ファンクションメニューの【LOG】キーをタッチして一覧を表示させないと表示することができません。

メッセージの作成方法です
IMGP0768.jpg


IMGP0768.jpg


IMGP0769.jpg


IMGP0770.jpg


IMGP0771.jpg


IMGP0772.jpg


IMGP0773.jpg


IMGP0774.jpg


IMGP0775.jpg


**************************************************

2015年09月11日

FTM400D★APRSを運用してみよう・MSGの送受信★

APRSでは、テキストメッセージの送受信ができます。
(画面上ではコールサインの場所は数字に置き換えています)

↓ディスプレー右上のAPRSマーク横に、メモマークが表示されたらメッセージを受信しています。
IMGP0701.jpg


↓受信メッセージを確認してみましょう。
IMGP0703.jpg



IMGP0704.jpg


↓メッセージを返信してみましょう。
IMGP0705.jpg


IMGP0721.jpg


↓メッセージはカナ文字でも入力でき解りやすいのですが、表示できない無線機もありますので控えてください。
IMGP0720.jpg


IMGP0706.jpg


IMGP0707.jpg


IMGP0709.jpg


IMGP0710.jpg


IMGP0711.jpg


IMGP0712.jpg


↓車で移動中でも簡単に返信するために、予め文字を定型文として保存して置きます。運転中は操作しないことが基本ですが・・・とは言っても・・・返信したいときに便利ですので、登録しておきましょう。
IMGP0713.jpg



IMGP0654.jpg



IMGP0715.jpg



IMGP0716.jpg



IMGP0717.jpg


↓受信したメッセージに素早く定型文で返信する方法です。
IMGP0718.jpg



IMGP0719.jpg



************************************************


2015年07月25日

C4FMデジタル無線の便利な使い方を作っていきます

FT-1D 144/430MHz帯 5W出力の薄型デュアルバンドD/A(デジタル/アナログ)ハンディトランシーバーです。
150725-1.gif


FT-2D 144/430MHz帯 デュアルバンド5W出力のC4FMデジタルハンディトランシーバー。タッチパネル操作が魅力です。

150725-2.gif150725-2.gif

FTM-400D 144/430MHz帯 デュアルバンド デジタル/アナログトランシーバーです。モービルでの簡単操作が魅力です。WiRES-Xも構築できます。

150725-3.gif150725-3.gif

FTM-100D C4FMデジタルに対応した144/430MHz デュアルバンド デジタル/アナログトランシーバーです。安価にWiRES-Xを構築するのに適しています。

150725-4.gif150725-4.gif


FT-991 1.8MHz〜430MHz帯アマチュアバンドでC4FMを含むオールモードに対応したトランシーバーです。

150725-5.gif150725-5.gif

現在、5機種が販売されています。



プロフィール
さんの画像

管理者の 7L1SCC です。 説明書片手に書き込みしています(^^ゞ よろしくお願いいたします。 
ブログ
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
最新コメント