2017年08月20日

反省するより記録しなさい

たぶん、今年の年初に立てた今年の目標で、仕事上の部門・グループの方針として立てたものが、手付かずで残っている人は少ないでしょうけど、個人で立てた目標は手付かずのままのものがあるのではないでしょうか。

この差はなんだろうかというと、おそらく「強制力の差」と「チェックを入れる人の存在」だとおもいます。

仕事上で立てた目標というのは、当然、上司と相談したうえで決めます。そしてその進捗管理を1週間なり1か月ごとに上司に報告しないといけません。「いや〜いろいろ忙しくて全然やってません」なんて言えば、どんな反応が返ってくるかなんて1年もサラリーマンをやってれば想像がつくようになります。

一方で、個人で立てた目標というのは、誰にも特段言うことはありませんし、報告もしません。自分だけが知っていればいいものですから。
そうすると、強制力はまったくありませんし、「年初に××って言ってただろう!」なんていう人はいません。結果、やらなくても誰にも怒られなければやりません

で、ことしもあと半分とか、あと1か月とかになった時に、ふと思い出して、「オレって相変わらずダメダメ…」みたいに反省をすることになるわけです。

■反省しても改善はしない


よく会社で失敗した人が、「反省しております」「申し訳ありません」みたいに発言することがありますが、私がそれを聞く人の場合は「反省しなくていいですから対策しなさい」と返します。

反省というのは、振り返ってダメだったことを悔やんでいるだけです。
反省するだけならサルでもできる(って昔、流行りましたね)。

反省しても、改善することはないです。つまり、同じ失敗を何度もします。

本当に反省するなら、もう二度とやらない方法を考えないといけません。

反省は感情でするものです。感情では論理的・合理的な答えは出てきません。

改善するためには、論理脳を動かさないといけないんです。

その第一歩は、記録すること。

★P126〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


ビジネススキル・トレーナーズ(著) 『めんどくさがりでもうまくいく時間術
――――――――――――――――――――――――――――★


続きは反省するより記録しなさいをご覧下さい
posted by shori at 15:12| ハック

必勝の時間攻略法

古い本ですが、過去記事でも何度も取り上げた本の要約をご紹介します。

脳を活かす!必勝の時間攻略法』は、副題として「1日を26時間に増やす35の鉄則」とされています。
その通り、灘高→東大、元NHKアナウンサーにして医師であり、衆議院議員公設第一秘書も務めた「奇跡のマルチ人間」が最新の脳科学に基づいた時間活用法を紹介した本です。

過去記事でも

プライムタイムを見つける
成果が倍になるコマ割り時間術
午前・午後の仕事時間の活用法
睡眠の法則
一番乗りする

などでも本書を参考にしています。

■紹介



続きは必勝の時間攻略法をご覧下さい
posted by shori at 13:22| ハック

時間日誌の効用

「この仕事はだいたい3時間位掛かりそうだな」、「1週間お待ちいただけますか」って言った仕事ってどのくらいの精度で完成しているでしょうか?

こういうのって、それに近いことをやった経験自体も必要ですが、経験を積むためには、「やった」だけではなくて「測った」「予測と実績の差の理由を考えた」という経験がないとなかなか精度が上がりません。

■予測精度をあげるために記録をつける


予測精度が上がるとどんないいことがあるか、についてですが、普段はあまり役に立ちません。

長期の課題なら、その作業をどのくらいで終わる事ができるかというのは、かなり状況に依存します。要は他の仕事の忙しさ具合や、その仕事を一緒にやる人の能力に左右されます。

なので、これにかかる時間を予測したとしても、あまりアテにはなりませんし、役に立つことも多くないです。
結局、上司が、「来月いっぱいまでにやれ」という締め切りだけが有効………と。

一方で短期的な仕事には、見積もり精度が役に立ちます。
たとえば、このブログ、1本だいたい30分前後で書き上げます。

つまり、「お、30分ほど空いた」となると、このブログに手を付ければ、その空き時間にひとつ記事がかける可能性が高いです。
ただし、前後することはあるので、30分きっかりだと、始めるべきかどうかはちょっと迷います。40分あればほぼ8〜9割は完成まで持っていけます。

おなじように、自分だけで完成できるタスク(私は Next Action とか ToDo と呼んでますが)はかなりの精度で見積もりができます。

その結果、今日は A と B と C をやったら多分1日は終わりだな、とかめどが立つわけです。
これをメドがないまま始めてしまうと、たいていは欲張って今日のタスクを決めるので、残業になるか、時間切れでやりかけのまま帰宅となります。

学生時代に多くの人が夏休みなどにやる勉強スケジュールを決めたと思いますが、スケジュールを作っているときは、モチベーションが高いですしやろうと思っているので、1日に国語と算数と社会の復習と宿題を10ページづつ、水曜日と土曜日は理科を加える…とか決めるわけです。まあ、それぞれ1時間位やればなんとかなるだろう、みたいに考えて。
で、実際にやり始めるとモチベーションが下がってしまって、結局1時間机に向かっていただけ・・・とかと同じですね。
で、夏休みの終わりにはやってない宿題の山ができて途方に暮れる、と。

■作業時間を意識する



続きは時間日誌の効用をご覧下さい
posted by shori at 11:30| ハック

面接試験:「納得してもらう」ことは必達事項ではない

昇進・昇格面接、中途社員面接などで、定番の質問があります。

「あなたの意見(やろうとしていること)に反対した人をどのように説得しましたか?」

私の経験では、ほぼ100%、こんな答えです。

「それをやることの意義を粘り強く話し合って、理解していただきました」

私の経験では、「それはダメだ」と言っている人とどんなに話し合っても了解を取り付けることは非常に困難です。なのに、面接に来る人はみんな「ちゃんと説得できた」って言う。

どうも、私がよほどデキがわるいのか……?

■説得ができないことの意味


まず、相手が納得できないことの意味を冷静に、深く考えることが必要です。

双方か、どちらかが、仕事の経験や知識、情報などが足りないか、あるいはそもそも、話し合う意志や考えが何らかの理由で希薄であることなどが考えられます。ここらへんは別記事で書きましたので詳しくは省略。

いずれにしても、こうした相手の事情や考え方をふまえずに、「自分に非があったんじゃないか」「自分の説得力が足らないのではないか」などと自分を追い詰める必要性はないと考えています。

そもそも、問題というのは、2つの事象がひとつのものをコントロールしようとしたときに起きるものです。
詳しくは過去記事

なぜなぜ分析2:原因は一直線ではない

を参照していただきたいですが、説得について言えば、自分だけが結論を出そうとしていて、あいてがその結論になんら興味・関心が無いときには、合意不成立にはなりません。あいてに何らかのその結論に意思があるから合意ができないんです。

つまり、合意ができないのは、自分だけに問題があるわけではなくて、相手にも問題があって、両方がかち合ったから今の結果があるわけです。

言い換えると、必要以上に相手に気を使ったり、自分を責めたりする必要はないということです。

続きは面接試験:「納得してもらう」ことは必達事項ではないをご覧下さい
posted by shori at 11:28| ハック

会議におけるファシリテーターの役割とは

会議において議長となるひと(会議を主導する人)は当然必須なのですが、ここ10年くらい重要視されるようになったのが、「ファシリテーター」という立場の人。この人がいるといないのとでは、会議の進み具合がかなり違うということで、どこの会社も「ファシリテーション」などという教育プロセスを持つようになったみたいです。

ファシリテーターファシリテーションするのに必要な3つの視点をご紹介します。

■ファシリテーターの3つの視点


本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座
“木を見て森も見る”システム・シンキング
』によるとファシリテーターは3つの付加価値を持つそうです。

1.参加者全員の合意形成の場作り
2.ワークショソプで討議するテーマについての落とし所の用意
3.ビジョンの軸出し

それぞれどのようなことを言っているのかについて本書を引用します。

★P154〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●ファシリテーターの3つの役割

高橋浩一(著) 『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング
――――――――――――――――――――――――――――★


続きは会議におけるファシリテーターの役割とはをご覧下さい
posted by shori at 09:28| ハック

人を動かす:自分の臨むことを相手に言わせる

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。

本日の巨人 : ディール・カーネギー
本日のお言葉: 暗示を与えて結論は相手に出させなさい
お言葉の出典: 『人を動かす

だれしも他人に命令されたことはやりたくないのに、自分が言ったことは多少無理があってもなんとかしようとするものです。

これは、『影響力の武器:なぜ、人は動かされるのか』でも「一貫性の法則」として紹介されていて、相手の行動を誘導するためには小さなことで相手の方向性を決めてしまって、あとは相手がその方向性を継続するように仕向けてしまえば、自分の臨む結論や相手の行動が引き出せるように述べられています。

ディール・カーネギーは『人を動かす』の中で、一章を割いてこれを説いています。

■結論は相手に言わせなさい



続きは人を動かす:自分の臨むことを相手に言わせるをご覧下さい
posted by shori at 09:00| ハック

マウスでスリープを解除しない設定

PC をしばらく使わない時、どうしてますか?

私はスリープ(スタンバイ)を使っています。

自宅でも、メインの PC は平日はシャットダウンしてありますが、休日は一定時間使わないときや、ショートカットキーでスタンバイになるようにしています。
※会社では PC を3台、自宅では PC を4台並行運用していて、サーバになる PC
や自動運転 PC は電源が入れっぱなしで、シャットダウンするのはメイン PC だけ


長時間使わないときに自動でスリープする設定をしているのは1台だけで、それ以外は基本モニタの電源をきるだけ。
また、スクリーンセーバーで時刻を表示させて時計代わりをさせているものもあるので、スリープへの移行は基本的には手動。

で、このスリープを使っているときに、ちょっと気になることが。

■マウスでスリープが解除されてしまう


どうやらパソコンをスリープ状態にして、その後マウスを操作(ポインタ移動やクリック)するとスリープが解除されてしまいます。机の上でちょっとした作業をしていて、モノがマウスに触れると
PC が立ち上がってくれる。

会社のメイン PC はノートPC。

いつもモニタを閉じて「スリープ」状態に遷移させます。
厄介なことに、ノート PC に接続されているマウスが動いただけでスリープが解除されてしまって、いつのまにやら PC があったかくなる・・・と。

■デバイスマネージャーで設定を変える



続きはマウスでスリープを解除しない設定をご覧下さい
posted by shori at 07:32| ハック

上司の判断が気に入らないときの対応方針

何かをやろうとして、上司に判断を仰ぎにいくのは、組織としてはどうしても必要になります。
その上司の判断が期待した答えになってくれない場合も結構経験された方も多いのでは。

A,B,C 3択にして、自分としては A 案をやりたいのに、上司は C だと言ってくる。下手をすると、思いもよらなかった F
案なんてのを出してくるような場合もありますし、「A,B,C があるなら全部やってみろ」とか無理難題を言われることも。

もちろん、それを A
案に誘導するテクニックもあるのですが、それは別の記事に譲って、この記事ではどういう対応方針で臨めばいいかについて考えてみたいと思います。

■上司の判断は絶対


まず最初に認識しておかないといけないのは、「担当である自分がその課題に最も詳しいし、経験もある」と思っていても、「何をマヌケなことを…」とか「こいつ使えね〜」とか思わないようにしないといけません。

私などはとくにそうなのですが、思ったことは顔や態度に出ます。そして、上司というのは部下のそういうところにすごく敏感な人が多いです。鈍感でかつパラノイアみたいな人がいることは否定しませんが…

なので、「こいつ……」と思いそうになったら、「いかん、いかん。上司の決定は神の言葉」って打ち消すように。
顔に出ちゃわないように。

最終的に部下の仕事の指揮命令権は上司にあります。
上司の決定を部下が勝手に覆しちゃうと組織としては成り立ちません。

もちろん、違法なことや会社としてのポリシーに反するような命令を聞く必要はありませんが、それ以外は「上司の判断は絶対」って受け取るのが、まあサラリーマンの勤め。

■部下の説明が間違っている



続きは上司の判断が気に入らないときの対応方針をご覧下さい
posted by shori at 06:49| ハック

上司があなた「だけ」を叱る理由

上司から叱られやすい人と叱られにくいひとがいますよね。もちろん、よく叱られる人というのはミスが多いとか、上司に目をつけられやすい位置にいるとか色々あるとは思いますが。

ただ、その叱られ安い人が自分だったら結構会社はつらいものになっちゃいますよね。

どうも同じようなミスをしてもあいつは叱られないのに自分には上司がガミガミ・ネチネチ言ってくるみたいな気がする。そんな気がするようになるとますます上司の視線や言葉尻が気になって、萎縮してしまってさらにミスをして叱られる・・・なんて悪循環が起きます。

■叱られやすい人の特徴


私が勝手に分析した上司に叱られやすい人の特徴

・上司の欠点と同じような欠点を持っている人
・上司に反発・反論しない人
・上司の嫌いな特徴(体型、声、態度・・・)のある人
・叱られても行動が変わらない人

その叱られる人自身の問題もありますが、上司から見てという視点で言うとこんな感じかもしれません。


■上司の欠点と同じような欠点を持っている人



続きは上司があなた「だけ」を叱る理由をご覧下さい
posted by shori at 05:22| ハック

2017年08月07日

国富論:市場経済の基礎理論を知る

本日ご紹介する名著は、知らない人はいない『国富論』。多くの人は名前くらいは聞いたことがあるでしょう。

実際に読んだことがある人というのは経済学を学んでいる人は別とすると、ほとんどいないのではないかと。
200年も前に書かれた本なのに、いまだに生き続けているというのがすごいですね。


署名: 『国富論』
著者: アダム・スミス

主に、専門書としてではなく、一般的な知識を持つ人向けに書かれていますので、経済学の入門書としてではなく、経済の成り立ちやそこにある根本原理を一般教養として知っておくのに役立ちます。

サラリーマンとしても、消費者としても経済活動の一端を担っているわけで、経済がどのようにして成り立っているのかを知っておきたいものですね。

■概要



続きは国富論:市場経済の基礎理論を知るをご覧下さい
posted by shori at 05:31| ハック
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
デル株式会社