2019年09月10日

命がけの体験型研修から学ぶもの

社会構造の変革は全世界を巻き込み、すぐそこまで迫っています。


AI(人工知能)の発達、5G(情報通信の高速化)が待ったなしで進む中、第4次産業革命がもたらすイノベーションは
私たちの生活や経済、社会を画期的に変えようとしています。


正直実感なんて無いのかもしれません。


しかし、物流分野にも第4の波が訪れようとしています。トラックやフォークリフトは自動運転化され、ラストワンマイルはドローンが飛び交う!倉庫オペレーションは、ロボットなどにより省人化され労働集約型産業は大きく姿を変えることになるでしょうね。


イノベーションの進歩は目覚ましく我々の価値観そのものを大きく変えるのかもしれません。


その予測は・・・・なかなか難しく、我々はイノベーションの予兆を見逃さないことが重要になってきます。そして、社会や業界の大きな変化に対応していくには10年先を見越した「変化し続けるイノベーティブな組織」が必要になってくるのです。


イノベーションのように類を見ない課題の前では、あらかじめ、すべてのメンバーに仕事を割り振って進めることは困難です。そりゃそうですよね。


従来型のピラミッド組織にある部や課といったグループは仕事のプロセスが決まっているので、効率を追求することができます。


しかし、不確実な環境下において、課題そのものが流動的である場合には仕事のプロセスそのものを変化、適応させていく必要があります。


そのため、決まったプロセスに従って効率を追求しようとする従来型モデルは機能しにくいことになります。


イノベーティブな組織は単なる集団ではありません!従業員一人ひとりが持つスキルや経験だけでは解決できないことが達成可能となる組織です。


そして、組織に大きな刺激を与えるものがチームワークです。


どれだけ優れた能力を持っていようと、一人の人間の発揮できる力には限界があります。チームを結成してお互いの意見を出し合うことにより、新たな気付きや発見が生まれ、突破口を見出すことが可能となるのです。


チームを構成するメンバーは、能動的な行動が求められます。従業員の一人ひとりが、自分たちがイノベーションの源泉であるということを認識しなければなりません。


ある企業(物流情報系)では、この夏、富士登山を通してチームビルディング研修を行いました。意図は・・・・??


一見、関連のなさそうな登山とチームビルディングですが、登山は実際に山に登る前に、様々な場面や考え得るリスクを想定しながらその問題を1つずつ潰していきます。


登山には事前の問題解決能力が求められるので、まさにビジネスに通じているのです。


体験型研修は、考える力・行動する力を養います。メンバー全員が意識して課題に向き合い、一人ひとりが考え、互いに意見交換し実際にやってみる。


そして、振り返りを行ない改善を図ることによってのみ、心と体に残る学びが生まれるのです。 まして登山と言ってもそこは、過酷な山です。命が掛かっていますからね。





100の知識よりも、使い込まれた10の知識こそが実践では役立ちます。能動的な行動は座学型研修で「言って聞かせる」だけでは育たないのです。


なんども言いますが、富士登山は決して楽ではありません。最も難易度の低い登山ルートでも、標高差は1400mを超えます。


森林限界を優に超える道のりは、低体温症や高山病のリスクが伴います。


体で体験し学びを得るには、頂上を目指すという山登りは分かりやすいチームビルディング研修なのです。


メンバー同士の協調性を高め、連帯感を生み出す「価値の創造」という薬にもチームの「崩壊」という毒にもなります。


だからこそ、頂上に到達したときの達成感は最高なのかもしれませんね。


これは職場でも体験できる事。日々の仕事に流されがちな働き方改革の流れの中で、意地ってものを見せる為に力を合わせる時ですよね。
タグ:研修

2019年04月29日

観察力と洞察力 管理者として鍛えておきたい能力

ビジネスマネジャー検定を受験する目的ってなんでしょうか?会社での評価を上げるため?自分の能力を引き出す為?世の中の為になる仕事をする為?


いろいろあると思いますが、自分は、仕事を通じて人の役に立ちたい!そういう仕事をしたい!という思いがあります。今は会社という組織の中で同じ思いの仲間たちと、誰に、何を、どのようにといった具体的なところまで共有して、取り組んでいます。


・・・とりくんでいるつもりです(笑) あまり偉そうなことも言えませんが、決してこの”ビジネスマネジャー検定”を会社からの評価を得るだけのものと考えて欲しくないという事が伝えたかったのです。


ところで、組織の長となり部下を持つようになると「観察力や洞察力とは何か」あるいは「観察力や洞察力を鍛える方法が知りたい」と感じたりしないでしょうか?


気付く能力とでもいいましょうかね。周りには、いち早く変化に気づく「周りを見る力がある人」や、その本質を深く洞察し、新しいサービスを考え出したりする「洞察力が鋭い人」がいます。


いずれも努力して身に付けた能力などの組み合わせで成果に繋げられる力ですが、少なくとも仕事や物事に対して「気づく力」や「洞察する力」は身につけたいと感じるものです。


日頃の何気ない生活の中でも、溢れんばかりの情報が降り注いていて、広い範囲の情報が、いつでも誰でも手に入れられるようになりました。逆に、情報が溢れれば溢れるほど、周りの変化に気づき、その本質を洞察することが難しくなるとも言えます。


まず手に入れたい能力として、問題解決の出発点ともなる「観察力」と「洞察力」について考えてみたいと思います。


情報化時代とは「周りの変化に気づくこと」「その本質を洞察すること」自体が希少価値となる時代だと思います。


この考察が、皆様の「気づく力(観察力)」「本質を見抜く力(洞察力)」を手に入れるきっかけとなれば幸いです。





まずは定義を改めて考える


それぞれの定義とかって、別にいらないかなぁと思うのですが、どうでしょう。まぁなんとなくわかりますかね。「観察」とは「物事の状況を、客観的に注意深く見ること」これでいいと思います。


そして観察「」という言葉にある通り、例え同じ状況を観察したとしても、観察力のある人とない人では「見えるもの」や「見える量」が大きく変わるという事を覚えておいてください。様々な切り口から見る事が必要です。何事も「景色」になってしまってはもったいない出来事ばかりが毎日起きています。


もしあなたが「観察力」を鍛えることができれば、人とは違うことに気づき、人よりも多くの情報を得ることが可能になるだけでなく、そこから分析する力へ発展させる事も可能です。


より多くの気付きは新しい力へと関連して広がっていくんだと思います。


続いて、「洞察力」とは?目に見えるものを手掛かりに、その奥底にある「目に見えないもの」を推測する力という感じです。難しくいってますかね。


でもこれって、観察力とも関連していそうですね。つまり観察を通して「その奥底にある背景・本質」や「その背景を手掛かりに、未来に起こりえること」などを見抜く力とも言えます。


例えば・・・・刑事ドラマとかなんかに置き換えると、「観察力」は事件現場から犯人の手掛かりとなる小さな落とし物や、争った形跡がないか、血痕は?とかその辺を見つけられる力。


そして、「洞察力」はその監察結果から犯人の行動を予測すること。んーイメージつきますか?


言いかえると先見性とも言えるかもしれませんね。先を見通すにも、現状を正しく把握し小さなヒントも志向に加えないと先の予測も立てられないものだと思います。


この「センス」こそが「洞察力」であり「センスがある人」は「深い洞察眼を持っている人」なんでしょう。深い洞察眼を持っている人は「深い」という言葉が表しているように、物事を深く考察し、二段目、三段目の「奥行き」を見抜いています。


そして奥行きを見通せば見通すほど、その先にまだ見ていないことがたくさんあることがわかってくるので、「見たいもの」が増えてきます。モチベーションも上がってきますね。


そして最後に行き着くのが、どの分野にも当てはまる応用範囲の広い「普遍的な原理」や「普遍的な力学」という原理原則にたどりつく・・・・らしいです(笑)


そこまで考えられれば、様々な出来事への対処も即座に反応できるようになってくると思います。


結局、どうやって鍛えるか?って所に至らなかったのですが、定義を改めて考え直すだけでも、はっ!とする事あったりします。これからこのテーマも掘り下げてみたいと思います。










プロフィール
【国政・経済に恐縮ですが
モノ申してよいか?】



知識・スキルの販売サイト【ココナラ】
管理職マンさんの画像
管理職マン
地元中小企業の管理職。課長という立場。チームの再編を経て、課長代理と主任の二人を部下に。30代半ばにして、若干失速気味。部下の育成に手を焼いていると認識している今日この頃。 業績貢献と社員の育成、マネジャーはやることいっぱいですね。
プロフィール

ビジネスマネジャー検定試験公式テキスト

<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お探しの窓

【勉強サプリ】

目指せ!輝くマネジャー!
なーたのうたさんのブログ
事務所でニッチなかべ新聞

息抜き!お紅茶マネジャー!
ダサい男さんのブログ
ダサい男と紅茶女子日記

実録!小遣いマネジャー!
ヒモタヌキ父さんブログ
暴走する小遣い

マネジャー!?がんばるOL!
乃苺さんのブログ
商社仕入担当のつぶやき

カテゴリアーカイブ
ファン

参加ランキングを見てみる↓ひらめき にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
------------------------------
このブログはファンブログです。 始めてみようと思う方はバッド(下向き矢印)