広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年07月30日

働き方改革 「介護責任と働き方」

今後急増する介護問題の観点から、「働き方」を考えていかなければならなくなっています。何度か取り上げたWLB(ワーク・ライフ・バランス)の実現には介護問題をクリアしなければならない時代です。


介護への対応は、対象者の性別や年齢層を含めて育児の場合と異なる点が多いと思います。前もって時期を予定する事が難しい為に緊急の対応に迫られ、介護が始まるといつまで続くのか?状況がどのように変化するのか予測がつかないという不透明さが、職場の人事管理面での対応を難しくします。


介護の平均期間は4年程度と長く、症状によってこの機関は異なります。また、介護者の対応が求められる場面も多様です。さらには、要介護者が介護者と離れて暮らす遠距離介護のケースも考えると、ここに多様な事情を抱えていることへの対応も求められます。


介護が必要な期間のすべてを仕事を休んで対応しようとすれば、要介護状態の多様性から長期間の休業可能期間を設定する事が必要になりますが、いつ介護が終わるのかわからない状況に対して、休業制度で対応する事は現実的ではありません。


また、今後は介護責任を担う従業員が職場の中に多数出てくる可能性が高く、このことを念頭に置いて支援のあり方を考えることも必要です。


介護責任を担う従業員に対応する際には、仕事と介護の「両立」を支援する・・・つまり日常に仕事を続けながら介護もできるようにする事をいかに支援するか?という視点が重要になってきます。親族がある日突然要介護の状態になった時に、介護のための体制を整える上では、一定の休業期間が必要です。しかし、従業員本人が自分で介護をすることを前提にして、職場で何ができるのかを考えても、そこには限界があります。


自信がすべての介護を引き受けるのではなく、外部の介護サービスの資源などを活用しながら仕事に復帰して、仕事の責任を果たしつつ一定の介護責任を担えるような支援策のあり方を検討することが現実的な対応となると考えます。


2016年に貝gと休業制度について大幅な法改正が行われ、17年1月〜改正法が施行されました。法改正にあたって、法廷の介護休業期間を延長するのではなく、柔軟な働き方を大幅に拡充して働きながらの介護を支援するという観点から制度整備がなされた事がポイントです。


今後、介護責任を担う従業員が増えると、職場の中に多様な働き方をする人材か混在し、そのような組織をマネジメントする事が必要になってくるという事を理解しなければいけません。



タグ:介護

2017年07月05日

働き方改革における問題のひとつ「労働時間」

社会の構造変化に合わせて人的資源の有効活用のあり方は常に変化するものです。ワーク・ライフ・バランス(以下WLB)を実現するために「働き方」を見直す事は、組織課題から導かれる人材戦略のテーマなのだと思います。


社会全体で「働き方改革」が進められているのも、従来型の働き方からの脱却が、社会的な課題となっているからでと考えられます。「WLB支援は業績の良い企業の話、中小企業には関係が無い」・・・・そんなご意見を聞く事もありますが「働き方」を時代に合わせて見直す事はまさにすべての企業に共通する重要な経営課題と言えるでしょう。


労働時間の問題


WLBを実現する上での大きな問題として、労働時間の長さと硬直性です。国際的にみて、日本の特に男性の労働時間が長い事は皆様も認識の通り。欧米の先進国でも、経営層や一部の専門職で労働時間の長い労働者が存在するようですが、日本では長時間労働者の裾野が広い点が特徴と言えると思います。言ってしまえば「みんなで一緒に長い時間働く」といった構造でしょうか?「長時間労働が頑張っている証拠」とでも言い換えられるような・・・。


しかし、長時間労働のすべてが是正されるべき対象と言う事ではなく、様々な事情で労働時間が長くなる事はやむを得ないと思います。ただ、長時間労働を前提にした仕事管理、職場管理は早急に是正が必要です。


働き方のもう一つの問題は、フレキシビリティ(柔軟性)が極めて低いこと。これを硬直性と言いましたが、欧州のWLBの議論では、働き方のフレキシビリティをいかに高められるか?と言う点に重点が置かれてきています。


その理由は、個々人の事情やライフスタイルの多様性を、働き方においても受け入れなければ、ダイバーシティ経営は実現できないと考えられているからです。一方日本では、働き方の柔軟性への取り組みはなかなか進んでいません。フレックスタイム制度や在宅勤務制度など、時間・場所の柔軟性を高める制度を利用する個人はまだまだ少数です。下記の数値は正社員ホワイトカラーの勤務形態の調査結果


日本
フルタイム勤務     91.2%
フレックスタイム勤務  6.8%

イギリス
フルタイム勤務     75.7%
フレックスタイム勤務 13.2%

ドイツ
フルタイム勤務     68.8%
フレックスタイム勤務 31.2%

*他数値は裁量労働制や在宅勤務など複数回答での集計



企業の硬直的な制度に従業員側が合わせていく事が求められ、そこから外れることが許容されにくい・・・こうした点、つまり働く時間や場所の柔軟性は働き方改革の重要なポイントになっていると感じます。


前回の関連記事
 ワーク・ライフ・バランスとは? 





タグ:働き方
プロフィール
【国政・経済に恐縮ですが
モノ申してよいか?】



知識・スキルの販売サイト【ココナラ】
管理職マンさんの画像
管理職マン
地元中小企業の管理職。課長という立場。チームの再編を経て、課長代理と主任の二人を部下に。30代半ばにして、若干失速気味。部下の育成に手を焼いていると認識している今日この頃。 業績貢献と社員の育成、マネジャーはやることいっぱいですね。
プロフィール

ビジネスマネジャー検定試験公式テキスト

<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お探しの窓

【勉強サプリ】

目指せ!輝くマネジャー!
なーたのうたさんのブログ
事務所でニッチなかべ新聞

息抜き!お紅茶マネジャー!
ダサい男さんのブログ
ダサい男と紅茶女子日記

実録!小遣いマネジャー!
ヒモタヌキ父さんブログ
暴走する小遣い

マネジャー!?がんばるOL!
乃苺さんのブログ
商社仕入担当のつぶやき

カテゴリアーカイブ
ファン

参加ランキングを見てみる↓ひらめき にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
------------------------------
このブログはファンブログです。 始めてみようと思う方はバッド(下向き矢印)
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。