広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年08月03日

心理学を応用したコミュニケーション術|その2

前も心理学を応用したコミュニケーションについて浅はかながら紹介しました。



実際のところ、こうした項目を意識しながら日々を過ごす事って意外と難しくて、ついつい忘れてしまうんですよね。でも、習慣になれば「身につく」レベルにまでなるんでしょうから、がんばってみるしかないですね。無意識に行動できるまでには、日々の努力です!



大事なコトは小さい声で



文字などは大事なコトは大きく太線で強調させることができますが、話に関しては大事なコトは小さい声で伝えた方が重要性を強調出来ます。



ひそひそ話にふっと気がとられることがありますよね。小さな声は相手の気を引くためにタイミングよく使う必要があります。逆に大声で強調するテクニックは、相手をその気にさせるコトができるのですが、少々強引な印象を与えてしまい、不安にさせたり相手の頭の中に反論が浮かぶこともあります。



大事なコトを小さい声で伝えることでのメリットは


コッソリ伝えるコトで特別感が出せる


聞き取りづらいと相手は耳を傾けるので聞く体制が出来る


など、ギャップの効果が得られます。だからといって、ずっと小声ではただの元気のない人になってしまいますよ。



今だけ限定




男性は買い物で失敗したくないという気持ちが強いのだそうです。だから、即決をするコトが苦手とする人が多いのだそうです。言われてみれば自分もそんな気がします。



これって、男としてのプライド的なモノが働くんでしょうか。「他にももっといい物があるかもしれない・・・」と話を一度持ち帰ることが多いかもしれません。



しかし、本当に必要なモノは言われる前に買っています。営業が必要なモノはその場で必要と思わせ、その場で即決させる技術がないと契約は上がりません。



そんな時に使える技が限定感を出すコトです。



「失敗したくない」という心理を逆手に取り、今買わなきゃ損すると思わせる、まぁ昔から現在も使われている効果的な手法です。



押すなと言われたら押したくなる



先ほどの例にも似ているかもしれませんが、人は強制されるとめんどうになり、禁止といわれるとなんだかムズムズしてしまうことがあるでしょう。「ダメ」ということを意識すればするほど気になったりします。イケナイ事に憧れちゃう感じも実はこの心理なんだそうです。



押すなと書かれたボタン
覗くなと書かれた望遠鏡
食べるなと書かれたケーキ



TVでよく見る「押すなよ!」は「押せ!」のフリになっていますよね。・・・最近見ないですかね(笑)



こうしたことから、口コミや紹介が欲しい時には「是非紹介して下さい!!」とお願いするよりも「誰にも言わないで下さいね」と伝えた方が心理的には効果的だったりします。



メリットとデメリットの伝え方



何か商品を進めるとき、メリットだけを話しても相手は怪しいと感じ不安になってしまいます。逆の立場で考えてみるとよいですよね。デメリットもしっかりと伝えることで信用を与えることが出来ます。



ですが、ただ伝えるだけでは芸がありません。このメリットとデメリットの伝え方にも心理学が応用できるんです。



メリットの場合

1)100%の確率で1000円貰える

2)10%の確率で10000円貰える


この2択だとどちらを選びますか?





人によりそうですが、統計的には日本人の大半は1の「必ず得する方」を選びます。



デメリットの場合

1)100%の確率で1000円失う

2)10%の確率で10000円失う



この場合だとどちらを選びますか?





実はデメリットになると2の「少ない確率」の方を選んでしまう傾向にあります。



この心理学を応用し、メリットは「誰でも必ず得られるメリット」を入れ込むんです。そして、デメリットを伝える場合は「まれに起こりうるデメリット」を伝えるのが効果的です。



思い込みのプラシーポ効果



とりあえず、プラシーボがよくわかりませんね。実は有名な心理学なんです。



ただの水を「肌がキレイになる水です」とそれらしいウンチクを並べて一本1000円とかで売ります。必ず効果が出ると思い込んだ人は、ただの水なのに飲み続けることで本当に肌荒れが治ってしまったりします。



実際にそんな話もニュースになったこともありますよね。インタビューされたりで・・・・。使っていた人たちを馬鹿にするような話にしか感じなかったですよね。



また、ただのビタミン剤を「必ず副作用が出る薬だ」といって実験的に飲まされた人が体に異常をきたすなんてことも有名な話ですね。ちょっと怖い話だと、死刑囚を電気椅子に座らせて「スイッチオン」というだけで作動させていないのに心臓麻痺を起こすなんてこともあったそうです。



これもビジネスシーンとして使える心理学です。



この商品は「あなたに本当に必要なモノなんです」と実際に相手の頭の中に想像させ、メリットを伝え続けることでその商品がないと落ち着かないくらいソワソワさせるコトが出来ます。もはや信者です。



どうしても、こうしたテクニックは悪用されたときのインパクトが大きく悪い方向しか浮かんでこないものですが、実際のビジネスシーンでは多用されているものばかりです。



自然な形で、自分のものにできれば自分の思い通りに事を進めることもできるようになるんです。



まだまだ、人に語れるレベルじゃありませんが、そうした努力は続けていきたいものです。




2018年07月12日

残業はなぜ減らない?|管理者の葛藤

「いつも残業して残業代を請求しているが、見合った成果を出しているのか?」 
「自分の仕事が終わればそそくさと帰ってしまうが、やる気があるのか?」



なんか矛盾しているようなところもありますが、一人のマネジャーが一人の部下に抱いている両極端な気持ちだったりしますよね。


残業は少ないほうがいいですよね。でもなぜ、残業をなくせないのか?残業をなくすために有効な手段として「デッドライン」を設ける事です。


限られた時間内で仕事を済ませようとすると、集中力が生まれます。また、仕事に優先順位をつけて取り組もうとします。そうした訓練はやはり必要です。


しかし、デッドラインだけでは、残業をなくすには不十分。仕事量を減らす事が出来ないならば、社員を増やすや時間を増やすしかありません。どちらもコストはかかります。


仮に社員を増やす方を選択してしまえば、同じ質の仕事を社員の数で対応するわけですので進歩がありません。本当の改善策とはいえないと思います。


では、仕事量を減らす方向で考えてみましょう。



自社で取り組んでみたのは、とりあえず全部門からどうして残業になってしまうのか、どのようにしたらよいのかを提案してもらう事。さまざま出てくるものですね。たとえば、「今使っているデータは必要な情報が取れていないので、自分で加工して資料を作っています」という声がでれば、システム部に相談して、必要なデータがすべて出てくるように仕組みを変更するなど、現場の声を聞いて回り、とにかく機械で出来る仕事を人でやらないように変えていきました。


そうした積み重ねで、人時(作業量)は20%前後を減らす事が出来ました。目先のコストでなく、質(中身)を変化させるので、可能性が広がってきます。


しかし、残業を完全にゼロにするのは不可能でした。ですから、10%ルールをまねてみました。まねるとは、

無印良品は仕組みが9割

という本からまねてみたんです。


18:30以降に残っている人数は各部門で10%以下にする、というルールです。決算であるとか、展示会などどうしても残業しなければならない事はあるものです。こうした逃げ口を作りながら、それぞれの中身の改善を進めていくのです。


残業を減らせない原因として、個人の仕事の仕方だけではなく、会社の仕事の仕組みの関係している場合が多いです。


こんなのはどうでしょう。「夕方には新しい仕事を人に頼まない」。このルールが自社にあったとしたら今の時点でうまく仕事が進むでしょうか?作成に2.3時間はかかりそうな資料を部下に指示すれば、当然その時間分は残業となります。


ですから、他部署からの依頼も上司の依頼も、午前中の早めの時間に済ませるようにしてみたんです。この方が、指示を出す側もデッドラインから逆算して、仕事を割り切れるようになるので生産性が上がってきます。



No残業デーとして取り組む企業は多くありますが、たいてい週一回程度ではないでしょうか。毎日残業をなくそうと試みる企業はほとんど失敗しているそうです。


それは、仕事量を減らさず、人員を増やさず、時間を減らす・・・不可能なことではないでしょうか。デッドラインを設ける事で残業が減るのではなく、上司が仕事の頼み方を変えたり、常に業務改革改善を行って「人時」を削減(仕事を減らす、効率化)などの工夫をしていくところで残業が減るのです。


もし、残業を仕事に対する熱意の表れだととらえているマネジャーがいましたら、その考え方を改めるところがスタートなのかもしれません。仕事への貢献度は時間で測るものではなく、結果で測るべきではないでしょうか。


その結果の為にどうしてもかかってしまう時間。あれこれ時短の工夫をしているのか否か?このポイントはマネジャーだけが気付く事ができ、アドバイスをしてあげられる存在なのではないかと思います。





タグ:残業 働き方
プロフィール
【国政・経済に恐縮ですが
モノ申してよいか?】



知識・スキルの販売サイト【ココナラ】
管理職マンさんの画像
管理職マン
地元中小企業の管理職。課長という立場。チームの再編を経て、課長代理と主任の二人を部下に。30代半ばにして、若干失速気味。部下の育成に手を焼いていると認識している今日この頃。 業績貢献と社員の育成、マネジャーはやることいっぱいですね。
プロフィール

ビジネスマネジャー検定試験公式テキスト

<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お探しの窓

【勉強サプリ】

目指せ!輝くマネジャー!
なーたのうたさんのブログ
事務所でニッチなかべ新聞

息抜き!お紅茶マネジャー!
ダサい男さんのブログ
ダサい男と紅茶女子日記

実録!小遣いマネジャー!
ヒモタヌキ父さんブログ
暴走する小遣い

マネジャー!?がんばるOL!
乃苺さんのブログ
商社仕入担当のつぶやき

カテゴリアーカイブ
ファン

参加ランキングを見てみる↓ひらめき にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
------------------------------
このブログはファンブログです。 始めてみようと思う方はバッド(下向き矢印)
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。