2017年08月12日

マネジャーに求められるミッションと役割 そのB

マネジャーのミッション(使命)とは「チームとして成果を出すこと」。この一点ではないでしょうか?そのために様々な課題があるのです。


優秀な社員であっても個人が残せる成果には限界があり、継続性についても見込むことは容易ではないでしょう。成果を安定的に生み出し続ける為には、チームとして機能することが必要です。そのチームとして成果を出す事をマネジャーに求めています。


この重要なミッションを果たすために必要な5つの役割を解説してみます。


C部下の育成と評価


部下の育成は、組織自体の環境もあるかもしれませんが、それも踏まえてみてもマネジャーの重要な役割の一つです。チームとしての成果を出す事はもちろん、組織が持続的に成長する為には次世代の人材育成が不可欠です。チームの責任者として、人材育成についてマネジャーには責任があります。


また、部下の育成と共に、自らの成長にも取り組んでいく必要があります。マネジャーの自己啓発に取り組む姿は、部下の模範となり、より一層成長しようというモチベーションにもつながります。


そのような育成には「評価」が必要です。「チーム全体の業績評価の基準」と、「部下一人ひとりの業績評価の基準」をもたなければなりません。チームとして成果を出せたか、部下は個別の目標に対して成果を出せたか、と全体的な見方と個別の見方で評価するのが、マネジャーとしての重要な役割です。


Dリスクの適切な処理


マネジャーは普段の業務内に潜むリスク、突発的、例外的に起こるリスクについて、スピードを持って適切な判断・対応をしなければなりせん。リスクマネジメントとして、マニュアルを作成し当てはめただけではうまく機能しません。


マネジャーはチームの責任者ですので、チームメンバーが業務を遂行する中で起こりうるリスクを未然に防ぐ為に、どのようなマネジメントをすべきかを常に考えなければなりません。平常時のリスクマネジメントとして、チームメンバーとのコミュニケーションは当然必要となりますし、どのようにして、顕在化するリスクを防止できるかを考える事となります。


イレギュラーな自体など緊急時には、その問題点や対応方法を見抜き、実行と解決に取り組まなければなりません。マネジャーだけの判断で乗り切らなくとも、その決定はマネジャーが行なう事となり、マネジャーの真価が問われる場面と言えます。機能性のある優秀なチームはリスクの防止だけでなく、発生したリスクに対して、マネジャーの指示のもとに迅速で適切な対処ができる集団といえます。



関連リンク

マネジャーに求められるミッションと役割 そのA
 

マネジャーに求められるミッションと役割 その@


タグ:ミッション

2017年07月30日

働き方改革 「介護責任と働き方」

今後急増する介護問題の観点から、「働き方」を考えていかなければならなくなっています。何度か取り上げたWLB(ワーク・ライフ・バランス)の実現には介護問題をクリアしなければならない時代です。


介護への対応は、対象者の性別や年齢層を含めて育児の場合と異なる点が多いと思います。前もって時期を予定する事が難しい為に緊急の対応に迫られ、介護が始まるといつまで続くのか?状況がどのように変化するのか予測がつかないという不透明さが、職場の人事管理面での対応を難しくします。


介護の平均期間は4年程度と長く、症状によってこの機関は異なります。また、介護者の対応が求められる場面も多様です。さらには、要介護者が介護者と離れて暮らす遠距離介護のケースも考えると、ここに多様な事情を抱えていることへの対応も求められます。


介護が必要な期間のすべてを仕事を休んで対応しようとすれば、要介護状態の多様性から長期間の休業可能期間を設定する事が必要になりますが、いつ介護が終わるのかわからない状況に対して、休業制度で対応する事は現実的ではありません。


また、今後は介護責任を担う従業員が職場の中に多数出てくる可能性が高く、このことを念頭に置いて支援のあり方を考えることも必要です。


介護責任を担う従業員に対応する際には、仕事と介護の「両立」を支援する・・・つまり日常に仕事を続けながら介護もできるようにする事をいかに支援するか?という視点が重要になってきます。親族がある日突然要介護の状態になった時に、介護のための体制を整える上では、一定の休業期間が必要です。しかし、従業員本人が自分で介護をすることを前提にして、職場で何ができるのかを考えても、そこには限界があります。


自信がすべての介護を引き受けるのではなく、外部の介護サービスの資源などを活用しながら仕事に復帰して、仕事の責任を果たしつつ一定の介護責任を担えるような支援策のあり方を検討することが現実的な対応となると考えます。


2016年に貝gと休業制度について大幅な法改正が行われ、17年1月〜改正法が施行されました。法改正にあたって、法廷の介護休業期間を延長するのではなく、柔軟な働き方を大幅に拡充して働きながらの介護を支援するという観点から制度整備がなされた事がポイントです。


今後、介護責任を担う従業員が増えると、職場の中に多様な働き方をする人材か混在し、そのような組織をマネジメントする事が必要になってくるという事を理解しなければいけません。



タグ:介護

ビジネスマネジャー検定試験公式テキスト

<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
お探しの窓

【勉強サプリ】

目指せ!輝くマネジャー!
なーたのうたさんのブログ
事務所でニッチなかべ新聞

息抜き!お紅茶マネジャー!
ダサい男さんのブログ
ダサい男と紅茶女子日記

実録!小遣いマネジャー!
ヒモタヌキ父さんブログ
暴走する小遣い

カテゴリアーカイブ
プロフィール
管理職マンさんの画像
管理職マン
地元中小企業の管理職。課長という立場。チームの再編を経て、課長代理と主任の二人を部下に。30代半ばにして、若干失速気味。部下の育成に手を焼いていると認識している今日この頃。 業績貢献と社員の育成、マネジャーはやることいっぱいですね。
プロフィール
ファン

参加ランキングを見てみる↓ひらめき にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村
------------------------------
このブログはファンブログです。 始めてみようと思う方はバッド(下向き矢印)