2020年08月04日
証拠書類のキャプ画はBMP形式でのPDF化がおすすめ
持続化給付金の申請などで各種の証拠書類が必要になりますが、書類をキャプチャー画像で提出するケースが多いかと思います。

例えば、銀行口座や受信通知などがありますが、画像をキャプチャーした際、JPG形式で保存すると微妙に画質が悪いといいますか、拡大すると多少のギャザーが発生してしまうようです。

写真画像の場合は「JPG」がよいと言われていますが、キャプチャーした画質でいえば、「BMP」が一番よく、その次が「PNG」、「JPG」の順になっているかと思います。

そのため、BMP形式で保存するのがよいかと思いますが、申請の際のファイル形式は「PDF、JPG、PNG」にしか対応していないようで、こちらは使えませんでした。第二候補としてはPNGがあげられますが、JPGよりも画質はよいものの、やはり拡大すると画質が荒くなってしまいます。

そこで考えたのですが、BMP形式でキャプチャーした画像をPDF化するのが一番クオリティーが高くなるかと思います。また、キャプチャーする際もパソコンの解像度をマックスに上げておくとよいかもしれません。

ただし、アフィサイトでキャプ画を使う場合にはページスピードもSEOに関係してくるため、逆にロスレス圧縮などをして、できるだけ画像を軽量化してから使うことをおすすめします。

Posted by 無料ブログ at 00:04 | この記事のURL