2018年01月01日
サイト運営で職業性ジストニア発症か?
ここ10年ぐらいサイト運営しているのですが、最近は指が震えるようになってきて困っております。

あれこれ調べてみたところ「職業性ジストニア」というのがあるらしく、おそらくはこの病気なのではないかと考えております。

ギターやピアノなどのミュージシャン、あるいはタイピストなどの職業に多い病気のようなのですが、膨大な量の反復作業を繰り返すことで脳の神経系や筋肉などが肥大化してしまい、その影響で指や体の部位に痙攣や震えが生じてしまうようなのです。

サイト運営は膨大な量のキー入力がメインの作業になりますので、タイピストのような職業性ジストニアなのかもしれませんが、いわゆる書痙もそのような病気に該当するのかもしれません。

1ページ500文字、1文字につき2回のキー入力としましても、1,000回はキーを叩いている計算になります。ほかにもメールの返信とかまで合わせると数億〜数十億回もタイピングしていることになるはずです。

この膨大な量の回数を筋肉を使って動かすわけですから、その部分を動かす脳の神経回路などが太くなってしまい、震えなどの誤作動を起こすようになるのではないかという気がしております。(※詳細は不明)

いずれにしても、この職業性ジストニアになってしまうと日常生活にも支障が出るようになってしまうため、普段から注意することをおすすめします。

難病ということのようで、治療するにはその職業をやめるほかないみたいなのですが、日ごろから運動をするなどして他の筋肉を使うようにしておくとよいかもしれません。

at 00:34 | この記事のURL
この記事のURL