2019年12月27日
ランサーズが急騰か?
アフィリエイターにもおなじみのランサーズですが、ライターやウェブ関係のクラウドソーシングで利用されている方も多いと思います。

このランサーズがマザーズ上場を果たしましたが、本日は一時ストップ高まで高騰する結果となりました。ぼくもアフィサイトを更新する傍らでちらほらと見ていたのですが、今回はちょっとだけ購入してみることにしました。

ほかにも、アフィリエイターの確定申告などで有名な会計ソフトのフリーも上場していますが、今年は副業関連の銘柄がいくつか上場しているもようです。

個人的な印象ですが、アフィリエイトASPはほぼ成熟してしまった印象がありますが、クラウドソーシングの分野については未だ未知数な部分が多いのではないかと感じています。

日本では働き方改革が注目を集めているなか、今後はランサーズたちが増えそうな印象も感じており、時価総額で見るとまだ伸びしろがあるのではないかと考えております。このあたりは全く分かりませんが、しばらくは保有しておくつもりでいます。

ただ、儲かるのかでいえば、また別問題のような気もしますが、今後、社会にとって必要不可欠のサービスになれば、それなりの時価総額に発展するかもしれません。アフィリエイターとしては、仮に株で損をしても応援したい銘柄と感じています。

at 15:10 | この記事のURL
2019年11月28日
リライトだけじゃ駄目なんだ
10ページぐらいのサイトでしたらリライトするのも簡単ですが、100ページ、200ページと増えていくに従い、リライトすべきページ数も増えていくため、次第にリライト地獄に陥ってしまうことになります。

一方で、新しいコンテンツを常に作り続けなければ、サイト収益は伸びていかないものです。

サイト収益の効率性を考えた場合、既存の100ページをリライトするよりも、新しいページを100ページ作成した方がアクセス数も増えるでしょうし、サイト収益も伸びていくものです。

そのため、時間配分をどう割り振るかが重要になりますが、ぼくの場合はアクセス数の上位20ページだけを重点的にリライトして、それ以下のページについては潔く書き捨てしてます。できるだけ、新規コンテンツの作成に重点を置くようにして、過去に書いたコンテンツについてはもう見ないことにしてます。

今までの累計で何ページを作成して、アフィリエイト収益が総額いくら稼いだのかを考えれば、1ページ当たりの作成単価が出てくるかと思いますが、アフィサイトは新規コンテンツを作ってなんぼですのでリライトだけでは駄目だと考えてます。

リライト地獄の罠にとらわれてしまうとドツボに嵌まってしまいますので、過去に作成したページはできるだけ見ないようにするのが一番よいでしょう。

at 17:41 | この記事のURL
2019年10月29日
10月のアフィ収入はいまいちの傾向
今月のアフィ収入はいまいちだったのですが、毎年10月はあまり広告収入の伸びない傾向にあるのかもしれません。

一般的な会社の決算期は3月末かと思いますが、中間決算についてはその半年後の9月末ということになるかと思います。

決算期に利益が出ていた場合、広告費として使用されることでサイト運営者にも収益がアップする傾向がありますが、その反動で翌月の4月や10月はあまり伸びない傾向があるはずです。

また、今月は消費税増税もありましたし、祝日も2日ほどありました。加えて、台風による災害なども重なり被災された方も多いと思います。さらに、12月にはクリスマスやお正月も控えているため、10月と11月あたりはあまり期待できないのかなという印象を感じています。

特に、クリックタイプの広告にはそういった傾向が顕著と感じておりまして、この時期にはエーハチネットなどの成果タイプのアフィリエイトに力を注いだ方がよいのかもしれません。

ただ、減収になってしまうと何が悪いのだろうとサイト運営のやり方を変えてしまい、それがかえってドツボにはまるケースもあるはずです。

日本経済全体の大きな流れのなかでの減収ということなら、サイトの運営方法を変えても意味がないため、あまりジタバタせず、しばらく様子をみてみることをおすすめします。

at 15:32 | この記事のURL
2019年10月01日
増税後のインボイス制導入が山場かもしれません
ついに消費税が増税されてしまいましたが、アフィサイト運営にとって今回の増税はプラスの方向に働くものと感じています。

といいますのも、課税売上1千万以下の事業者の場合、預かった消費税の納付を免除される益税のシステムになっており、消費税10%ならアフィ収入が10%アップしますし、50%ならアフィ収入が50%アップするシステムになっているからです。

ただ、あと数年もすれば、この益税にメスが入ると言われており、いわゆるインボイス制の導入というものになりますが、このインボイス制が導入されるまでに何とか対策を立てなければならないと考えています。

この対処方法として、ぼくはアドセンス収入の割合を多くしようと考えてますが、以前までは消費税の輸出免税扱いだったものの、現在では完全に不課税の対象外となっているため、計算がしやすくなったと感じています。

どのみち益税が消失してしまうのなら、今後はアドセンスをメインで考えてサイト収益を伸ばしていった方がいいのかなという感じがしています。

数年後には課税事業者を選択して益税を捨てることにはなりますが、一方ではアドセンス収益の割合を増やしてインボイス制の影響を下げるしかないのかもしれません。

このような事を考えると、今の税制は海外へ流出してしまう部分が多くなってしまうでしょうし、国内に落ちるお金というのがどんどん少なくなっていきそうな気がしています。

日本の未来はこれでいいんでしょうか、何だかとっても心配になってきました。

at 14:05 | この記事のURL
2019年08月29日
アフィサイト大家さん
スルガ銀行のシェアハウス問題やレオパレス問題などの影響で不動産投資業界は停滞しているようですが、アパート経営を取り巻く環境は年々厳しさを増してきているようです。

サラリーマンの副業としてアパート経営を考えている方も多いようですが、ぼくはアフィサイトのオーナーになった方がはるかに稼げるのではないかと考えています。

ちらほらとネット上で閲覧してみますと、いわゆるサラリーマン大家さんの場合、年間数百万円程度の副収入を得られるケースも多いようです。仮にアパートの家賃を1室月6万円として、10室持っていれば月収60万円程度になるかと思いますが、この程度の収入でしたらネット上のサイト収入でも十分に可能なレベルです。

アパート経営とアフィサイト運営で収入レベルは同じでも、アパート経営の場合はローンを組んで不動産を購入される方が多いかと思いますので、得られるメリットとリスクが釣り合わないのではないか、そう感じています。

今後の人口減少による空室率の増加や日銀の利上げによる金利負担の増加リスクを考えますと、アフィサイトのオーナーになってサイト運営をした方がよほど稼げると感じています。

なので、アパート経営による家賃収入を考えている方は、アフィサイト運営による広告収入も検討されてみることをおすすめします。スペースを貸して収入を得るという点では、それほど大差はないと思います。

at 00:04 | この記事のURL
2019年08月01日
なんかペナルティーが解除されたみたい
先月、当ブログにて手動ペナルティーの反省文を書かせて頂いたのですが、もしかして?キモチが届いたのでしょうか、7月半ばぐらいにペナルティーが解除されていたみたいです。

約6年ぶりのことで感ゲキしております。

正確に言えば、手動ペナルティーは解除されず、そのドメインを捨てたのですが、下手に活用しようとせず、きっぱりと捨てたのがよかったのかもしれません。

当該サイトには移転しましたとだけ記載し、そのドメインはほぼ白紙の状態で保有することにしたのですが、この際、リンクなどは一切繋げてない為、旧ドメインについてる膨大なリンクなどは全て捨てることにしました。

以前までかなりの収益の発生していたサイトの場合、そのドメインを捨ててしまうのは惜しい気もしますし、何とか活用できないものかと考えてしまうものですが、全て削除して404の状態にした方がよいと思います。

ただ、これに先立つこと2カ月前、こんまりメソッドで要らないドメインをお片付けしようという気になったのですが、これもトキメキお片付けの魔法の効果なのかもしれません。

マリエコンドー氏のトキメキお片付けをアフィサイトに応用したら、手動ペナルティーの解除につながったわけですが、ちょっと興味が出てきたので、今度は実際にご本を読ませて頂こうと思ってます。

at 00:00 | この記事のURL
2019年07月02日
数年前の手動ペナルティーについては反省しております
10年ほど前、SEO業者に依頼していたサイトがあり、7年ほど前に手動ペナルティーを受けてしまったアフィサイトがあります。それ以来、ずっと放置していたのですが、7年ぶりに被リンク状況を確認してみてもまだほとんどが削除されていませんでした。

無料ブログサービスなどからの被リンクがまだ生きており、削除要請にも応じてもらえないため、今後も永久に残り続けることになるのだろうと思います。

コンテンツについては既に新しいドメインで作り変えており、その後はSEO業者に依頼することなく普通に運営してはいるのですが、一旦、ヨゴレサイトになってしまうと復活させるのはなかなか難しいものがあります。

ただ、以前まではかなり収益が発生していたサイトでもあるため、捨ててしまうのも惜しい気持ちもあります。一番よくて月170万ぐらいだったかと思いますが、思い入れがあるサイトでもあるため、あっさり捨ててしまうこともできません。

そのため、このドメインをどのように処理すべきか?で迷いがあるのですが、切り口を変えて新しいサイトとして作り変えたり、バックリンクサイトとして活用することもできますが、そういうことはもうやらないことにしました。

やはり反省すべきところは反省し、同じ過ちを二度と繰り返さないことがアフィサイト運営にとって大切かと思います。自分にもSEO業者に依頼してしまった落ち度があり、実際に意図的に検索順位を操作してしまったのは事実ですので受け入れることにしました。

そのため、手動ペナルティーを受けてしまった場合、上記のような活用はせず、反省文でも書いて自分への戒めサイトとして保有しておくのが一番かなと思います。

at 00:04 | この記事のURL
2019年06月01日
こんまりメソッドで要らないドメインをお片付け
ここ数年間、不必要なドメインをなかなか捨てられず、アフィサイト運営費用がかさんでしまうという悩みを抱えております。

10年ほど運営しているドメインも無数にあり、いわゆる中古ドメイン状態になっているため、手放すのがもったいないという意識が働いてしまうわけです。300個程度でも年間40万円ぐらい、10年間で400万ぐらいの費用が発生しているわけですが、これらは使ってないドメインがほとんどです。

なかなかドメインを捨てられない状況のなか、ふと先日、テレビでマリエコンドー氏のお片付けメソッドが紹介されており、これをアフィサイトにも応用できないものか感じました。

まだ本は一度も読んでないのですが、アマゾンの電子書籍版で「人生がときめく片づけの魔法 改訂版」というのがあり、こちらには何かトキメキ☆彡のようなものを感じはじめてます。

おそらくドメインだけではなく、サイトのコンテンツもときめかないページは削除して「410 Gone」した方がSEO的にもよいのかもしれませんが、とりあえず本を読んでアフィサイトの整理をする予定です。

何か結果がでましたら、また当ブログ上でご報告させて頂こうと思ってます。

at 13:06 | この記事のURL
2019年04月29日
GW後半はあいにくの行楽日和となる模様です
ゴールデンウィークが始まりましたが、ぼくは特に予定はないため、連休中もアフィサイト更新に励んでおります。

以前から想定してはいましたが、連休中はアクセス数が減少しており、サイト収益は大幅に減少する結果になってしまいました。この5月前半の発生件数の減少分については、8月分のアフィ収入に影響が出てくるものと思いますが、10月には消費増税なども控えているため、令和の幕開けは厳しいスタートになってしまったかと思います。

天気予報によると「令和初日にかけて大雨注意 後半は晴天多い」とのことで、GW後半は行楽日和となるもようです。連日の大雨になれば、外出しないでネットにつなげる人も増えるはずなので、アフィ収入も増加するはずですが、今年のGWはあまり期待できないかもしれません。

令和初日については、おそらく即位の儀式などでテレビを見る人の方が多いはずなので、しばらくはアクセス数が減少したままの状態になるのかもしれません。

改元についてどうこう言うつもりはないですが、10連休だと国民の生活にかなり厳しい影響が出てくるはずですので、せめて5連休ぐらいにしておくべきだったのではないかと感じております。

at 21:18 | この記事のURL
2019年04月02日
介護離職した人はアフィサイト運営もおすすめ
ぼくはかなり以前に母親のガンがきっかけで離職したのですが、ほかにも高齢の祖母の介護などもあり、アフィサイトを運営して生計を立てております。

年々、母も祖母も痴呆症が進んできており、介護の負担や入院費用も増えては来ているのですが、幸いなことにアフィ報酬がコンスタントに発生してますので、何とか対応することができてます。

最近は介護離職が社会問題になっていますが、普通の会社で働きながら実際に介護するというのは不可能に近いと感じてます。食事の世話や病院のお見舞い、掃除や洗濯などをこなした上で、普通の会社で働くというのはまず不可能に近いです。

普通なら老人ホームに入居させた上で働く形になるかと思いますが、経済的な理由など様々な事情で難しい人も多いかもしれません。

その点、アフィサイト運営なら、自宅を会社にして自由にお仕事ができますし、介護との両立も十分に可能であると考えています。

ただし、介護の負担が重くなってきた状態ではサイト運営に手が付かなくなると思いますので、まだ介護にも余力のある状態でアフィサイトを形にしておくことをおすすめします。70〜80歳あたりの介護ならまだまだ余裕がありますが、95歳以上にもなれば介護の負担が重くなっていきますので、次第に状況は厳しくなっていきます。

将来的に介護問題の懸念がある方は、はやめにアフィサイト運営にとりかかるとよいでしょう。

at 00:04 | この記事のURL
>> 次へ