2020年08月15日

アヨロ川と錦多峰川の鮭釣りを見学



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">



 遡上には早いようで魚影確認できず

 今年はお盆期間の釣行予定はない。だが、例年と同じく鮭の岸寄りの様子を見るために、白老と苫小牧の鮭釣りポイントに赴いた。
 誰かが「鮭釣りは釣りではない」と言っていたとおり、鮭を狙った釣人のあの殺伐とした雰囲気が好きではないために、自らはほとんど鮭釣りを行わない。
 でも、トラウトフィッシャーとして同じ仲間の鮭が、銀鱗を躍らせて上がる姿は一見の価値がある。
2020y08m15d_092910838.jpg

 雨のそぼ降る14日の午後に向かったのは、白老と登別の境にあるアヨロ川河口の導流堤。ここは、小河川ながら鮭のふ化場が設けらている関係から、河口には遡上する鮭が集まる。
 遡上の始まる8月になると、それを狙って多くの釣人がここを訪れる。導流堤の先端は狭くて、精々4人ぐらいしか竿を出せるスペースはない。

 ここに、ピーク時には20人近くの釣人が集まる。いつもは何の取り決めもないのに、釣人のマナーとして代わる代わる交代しながら竿を出しているが、それを破る輩もいる。あるいは場所を独り占めする人も。
 結局、それが嫌でここでは竿を出したことがない。

 それはともかく、この日は雨と強風が災いしたのか、導流堤先端には3人だけ。左側の導流堤先端は波被りの状態のために、右側の導流堤で浮きルアーを投じていたが、見ている限り誰の竿にもアタリはこなかった。

 河口から苫小牧方向のサーフには、投げ竿が幅7、8メートル間隔で林立。たった100メートルほどの砂浜に30本近くの竿が立ち並んでいた。
2020y08m15d_092935923.jpg

 アヨロ川河口から今度は苫小牧方向に移動。途中の敷生川河口でも、雨の中で浮きルアーを用いた釣人が10人近くが竿を出していた。
 ここでの釣果は確認できなかったが、アヨロ川と同じく9月1日から12月10日まで河口規制が始まるので、その間多くの釣人が押し寄せるだろう。

 次に訪れたのは、苫小牧の錦多峰川河口。河口左側に設けられている導流堤の上には、10人近くの人が川に沿って1列に並んでいた。長いタモで遡上する鮭をすくいあげるためだ。

 その右側のサーフには、10人近くの釣人が波にもまれて浮きルアーを遠投していた。その対比が際立った場所で、この時期のいつもの景色だが、「魚は釣るもの」として考える自分には、タモですくいあげるのは釈然としない。

 ここでもまだ遡上はこれからようで、タモにも、浮きルアーにも鮭が掛かった様子はなかった。
2020y08m15d_093005298.jpg

 話に聞くと今年は鮭の当たり年だという。中でもえりも方面はかなり好調のようで、浮きルアーのほか港内でのふかせ釣りでも魚信は絶えないという。

 自分はお盆明けから再び渓流フライを再開する予定。今回の雨で、どれだけ渇水が解消されたのか、を見極めて行先を決めたいと考えている。

写真@アヨロ川河口の導流堤。14日は雨と風のために3人しか竿を出していなかったAその隣のサーフ。竿が林立して、入り込む余地がないB苫小牧の錦多峰川河口。左の導流堤では、遡上する鮭をタモですくい取ろうとする人が10数人。右のサーフでは波を被りながら浮きルアーを行う釣人が、という際立った風景が


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ







プロフィール
bukkiさんの画像
bukki
長い人生の中で、お金はなくても時間だけは贅沢に使える今しかできないこと、やりたいことが沢山ある。それを少しづつでも実現していきたい。
ブログ
プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
最新コメント