2015年03月29日

姿を消した橋の下の祠

 昨年3月6日のブログで、札幌から支笏湖に向かう国道453号線のラルマナイ川に架かる、山水橋の河川敷に設けられた祠の話を載せた。その時のブログでは、敢えて具体的な川と橋の名は伏せた。あれから1年が経ち、今回あらためて現地に出向くと、昨年9月の大雨の影響か、祠は跡形も無く消えていた。
写真1.JPG

写真2.JPG












 昨年のブログは「この祠は、2年ほど前に00川上流のポイント探しの時に発見したもの。橋から下を覗き込んでも見ることができない。見た目には10年以上の歴史を感じさせる。祠は河原に流れ着いた間伐材と、ベニヤ板や青色の養成シートで作られた素朴な概観。中には木彫りのお地蔵様や観音様らしきもの、それに錆びた手刀やお賽銭を乗せる三宝も置かれていた。
 祠が設けられている場所から、少し離れた橋脚端に鋸で切った真新しい直径10センチほどの間伐材が置いてあり、最近も作業していた気配があった。
 この場所に祠を置いたのは、普通に考えると地神様に安全祈願と山・川の実りに感謝するためだろう。あるいは、半世紀前にこの地が恵庭金山として栄え、金や銀を採掘。ピーク時には500人を超える人間が暮らし、小学校や郵便局・巡査派出所なども設けられていた歴史がある。そのときの神事の名残かもしれない」という内容。

 結局、祠は誰が何の目的で設けたのか、分からず仕舞いとなった。まだ残る雪の下に、その名残を留めているのかもしれないが、川と橋の名を記すことにより新しい情報が得られる、との考えから、正確な場所を記すことにした。

 山水橋の祠については、恵庭市民の書き込み掲示板にもその存在が問われたことがあった。「ラルマナイ川の祠は一体誰が何のために設けたのか」と。また、「お好きなもの(木彫り)を持ち帰ってください」と記された木片があったというが、前回それは確認できなかった。この話が本当だとすると、実際には祠とはいえないものなのかもしれない。

 実は、この近くの渓流でフライを行っていた時に、林道を走る乗用車から「この辺に恵庭金山があったと思うが知らないか」と声をかけられたことがあった。当時、ここで働いていた者の関係者が、昔を懐かしんで訪ねてきた様子に見えた。また、見通しの良い早春の圧雪の季節に、見た目にも登山者や釣人ではない人が、漁川上流に入り込んでいる姿を目撃した。上流には恵庭金山の精錬所と坑口跡が残されていて、そこに行く人々らしい。

 橋の下の、祠の謎を解くだけで話がここまで膨らんでしまった。確認するにも今は跡形も無い。謎は謎として、深追いしないほうが良いのかもしれない。

写真上左:現在の山水橋下の様子。昨年9月の河川の氾濫で河原の構造物は全て流されたようだ、同上右:昨年3月に撮影した祠。祠といえるのか、今となっては誰もわからない、同下左:中には、観音様やお地蔵様らしい木彫りの像が無造作に並べられていた、同下右:間伐材や養成シートを用いて回りを囲っていたが・・・・
写真3.JPG
写真4.JPG









人気ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

2014年05月22日

「ラルマナイ川洞窟」に踏み入る

  3月28日にブログで掲載した「ラルマナイ川に巨大洞窟出現」の最新情報。これまで川の水嵩に遮られて、近づくことのできなかった洞窟に初めて足を踏み入れた。洞窟を跨ぐラルマナイ川は、川幅こそ5メートル足らずだが、雪代の影響で流れが強く一番浅いところでも水深は40センチほど。流れに負ければ足を捕られて下流に流される危険性がある。
 
 装備はデジタルカメラと川を渡るための杖1本。杖を頼りに一番浅瀬を渡りきると、砂礫の山が前を塞ぐ。砂礫はほとんどが正方形や長方形で、鋭角的な形で剥がれ落ちていることから、ある程度硬いのだろうと足を乗せると簡単にくずれる。まるで砂糖菓子のようなもろさだ。その砂礫を上り詰めて奥に向かうと、洞窟は外から見る以上に広い空間を形作っていた。
 ラルマナイ川の洞窟1
ラルマナイ川の洞窟2

 



 

 

 入り口から最も深いところで40メートルはあるだろうか。左右も奥行きとほぼ同じ長さで、天井は有に15メートルは越えている。ちょうど球体を横から半分に切断し、それをさらに縦に半分にした形と言ったほうが分かりやすいかも知れない。ただ、入り口の部分よりも奥に向かうほうが天井は高くなっている。この洞窟の中にテニスコート1面分を作ることができるほどのスペースだ。洞窟の壁はコンクリートで固めたように滑らかだが、天井は砂礫の剥がれ落ちたギザギザな表層が残っている。
 
 洞窟の奥は暗くて入った時には気付かなかったが、写真で見ると壁のあちこちに形の定まらない文様が確認できる。洞窟内から、ほかの出入口でも見つかれば「縄文人の住んだ痕では」と期待が持てるが、どこにもそれらしいものが無いところから、単に草や木が堆積して作られたものだろう。残念ながら、義経の黄金伝説もこの洞窟は関係なかったことになる。
 
 カメラを天井に向けてストロボ撮影しても光が届かない。同じく、砂礫に埋もれた最下部の隙間を撮っても、まともには写らない。そして、天井の砂礫があちこちから剥がれ落ちてくる。ヘルメットも被っていない身で、これ以上洞窟に留まったら危険だ、ということから20分ほどで撤収した。
 3年前に洞窟が出現して以来、人の踏み入った足跡は残っておらず、まだ誰も入った気配は感じられない。今後、恵庭市の教育委員会などが動いて、本格的な調査が始まるものと思う。その上で、洞窟の出入口の管理も行われるだろう。そうでなければ、誰もが自由に出入りして崩落などの事故がいずれ起きる危険性がある。
ラルマナイ川の洞窟3
ラルマナイ川の洞窟4








 写真左上 写真では分かりづらいが、洞窟の入り口は縦5メートル、横は15メートル、奥行きは有に40メートルは越す。内部は驚くことに15メートルの高さまで広がっていた
右上 洞窟内部から撮影。崩れ落ちた砂岩は非常にもろく、踏んだだけで砕ける
左下 壁には茶色の文様も見られるが、自然にできたものだろう
右下 砂岩の崩れなかった箇所は滑らかな壁を形成していた










人気ブログランキングへ

2014年03月28日

ラルマナイ川に巨大洞窟出現

 恵庭の人造湖・恵庭湖に流れ込む川に漁川とラルマナイ川がある。道々恵庭岳公園線沿いのラルマナイ川上流には、三段の滝や白扇の滝という見所があり、紅葉時期の恵庭渓谷は多くの観光客でにぎわう。釣りを行うものにとっては、奥行きの深い漁川のほうが馴染み深く、シーズンには漁川上流に沿って延びる林道のゲート前に多くの車が並ぶ人気河川だ。ラルマナイ川も、漁川との合流点から白扇の滝までの1キロほどの区間、うぐいが邪魔をするがアメマスと虹鱒を楽しむことができる。

 このラルマナイ川で、昨年から気にかかっていたことがある。3年前の台風で川が氾濫、三段の滝から下流に300メートルほどいった川沿いの砂れきで形成された崖が濁流で崩れ落ちた。その後に出現したのは巨大な洞窟。下の写真を見てもらいたい。崖の表層は縦7メートル、横30メートルほどの規模で崩れ落ちた痕がある。
しかし、ただ崩落したのではない。崖に激しく打ち付ける濁流が音叉のように共鳴して、崖の中にあった洞窟の天井も合わせて崩壊したのだろう。洞窟内部の瓦礫の量から推測して、今回の崩落で作られたのではなく、もともと洞窟としての空間が存在していたということだ。洞窟は奥行き40メートル、天井の高さは15メートルを越える巨大な空間を形づくっている。
道道からは確認が難しい.jpg
 なぜ気にかかるかというと、このラルマナイ川に義経の黄金伝説があるからだ。源義経は、兄の源頼朝に追われ、1189年に衣川館で一生を終えたとされる。しかし、武蔵坊弁慶らと共に、北海道に逃げ延びたという伝承が全道に残されている。この恵庭渓谷にも義経が財宝を埋めたという伝説がある。三段の滝に、恵庭観光協会が設置した案内看板には「平泉から蝦夷地に逃げてきた義経は、財宝を恵庭の熊の沢と呼ばれる沢地に埋め、その書付と場所を示す絵図、義経の笹竜胆(ささりんどう)の紋のついた黄金の目録を残した。その後、絵図は四等分されて二片はアイヌの酋長の手に残された。明治に入って、この絵図と目録を手にした男が石狩川上流で三段の滝付近のラルマナイ川流域の熊の沢の山林で絵図に符合する地形を見つけたが、結局財宝のありかは謎のままとなった」と記載されている。過去には大規模な調査が行われたこともあるらしい。
 台風による川の氾濫で姿を現したこの巨大な洞窟が、義経伝説とどのように結びついていくのか分からない。しかし、地形的にこの恵庭渓谷の山の中にはラルマナイ川と同じような洞窟が人知れず存在していると思う。そこには義経やアイヌの財宝が隠されているのかもしれない。
ラルマナイ川の氾濫で姿を現した巨大な洞窟。まだ本格的な調査が行われた形跡がない。
奥行き40メートルの巨大な洞窟.JPG


ツインモーション・フライタックルセット(リール2個、ライン2本つき) ライン#3シリーズ8ft


2014年03月06日

橋の下の不思議な祠 

冬の釣りの話が続いたので、ここで少し不思議な場所の話をひとつ。札幌から支笏湖に向かう国道453号線には大小様々な川が流れて、この上に川の数だけ暗渠を含めた橋が架けられている。そのひとつの橋の下の河川敷に、誰が何の目的で築いたか分からないが、奇妙な祠が祀られている。
2年前に、その川のポイント探しのために訪れた時に発見したもので、橋の上からは見ることができない。川から10メートルちかく離れていることで、春の雪代による増水の影響を受けなかったものと考えられ、見た目にも10年以上の歴史を感じさせる。

祠は、間伐材とベニヤ、青色の養成シートで周りを取り囲んでいるだけの素朴な作り。中には、手彫りのお地蔵様や観音様らしきものと錆びた手刀が並べられていて、正面にはお賽銭を乗せる三宝も置かれている。木彫りの人形は、日本画家・棟方志功さんの作品にでてくる女人の表情にそっくりで、それを意図して彫ったのでは。少し離れた橋脚の下には、鋸で切った真新しい直径10センチほどの間伐材が置いてあり、最近もここに来て作業した気配が感じられる。
また、これと同じような作りの人形が、民俗学者・柳田國男氏の遠野物語の中に出てきた「おしら様」と似ている気がする。東北に伝わる「おしら様」自体は、桑の木の先に男女の顔や馬の顔を書いたり彫ったりしたものに、布きれで作った衣を多数重ねて着せた農耕神や狩人の守り神らしいが、口寄せで知られるイタコの神様でもあるらしい。

この場所に祠を置いた目的自体ははっきりとしないが、普通に考えると地神様に安全祈願と山・川の実りに感謝するための祀ったものだろう。こうした考え方のほか、ここに住んでいたアイヌの伝統を引き継いで設けたもの。あるいは、半世紀ちかく昔にはこの場所が鉱山として栄え、金や銀を採掘するためにピーク時には500人を超える人間が暮らして、小学校や郵便局・巡査派出所なども設けられていた歴史がある。そのときの神事の名残かもしれない。
いくら趣味とはいえ、魚を殺生するのが釣り人の宿命なので、こうした場所に祠があると、どのような神様であろうと自然に手を合わせたくなる。もし見つけても、そっと手を合わせて立ち去ってもらいたい。
写真は祠に収められた木彫りの人形。誰がどのような目的で祀っているのか。

不思議な祠





プロフィール
bukkiさんの画像
bukki
長い人生の中で、お金はなくても時間だけは贅沢に使える今しかできないこと、やりたいことが沢山ある。それを少しづつでも実現していきたい。
ブログ
プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
リンク集
最新コメント