2020年07月17日

余市川中流でウェットフライにサクラマス



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


 20センチ越えのヤマメがようやくヒット

 6月から開始した、渓流フライ釣行も今回で7回目となる。今年は対象をヤマメに絞り、札幌近郊の本流や支流に型ものを求めて赴いたが、未だ満足のいく釣果に恵まれない。
 この時期よりも、秋口の方がヤマメの型が良くなるのは分かっている。しかし、それでもどこかに尺越えの大物が潜んでいるのでは、との思いを馳せて釣行計画を立ててきた。
 2020y07m17d_210024733.jpg
 そして今回は、地元釣具店の情報から余市川中流域を選んだ。「仁木町に架かる、余市川の仁木大橋から大江橋の区域で型もののヤマメが好調。25センチクラスも釣れている」という話につられて16日に出掛けた。
 記事は簡単に記載されているので、入川ポイントが分からない。試しに降りた橋の下は、水位は低くなったとはいえ、釣り下がることや遡行は難しいそう。

 折角午前4時に到着したというのに、新めてポイント探しから始めた。そして見つけたのは、頭首工なのか堰堤なのかはっきりしない構築物。その下は深いプールとなっていて、遡上した魚が溜まっているのでは、とウェットフライを深みに打ち込む。
 プールの流れを束ねて、太い筋となった流域は魚の気配がする。
2020y07m17d_210412931.jpg
 そう思い込んで、フライをその流れに誘導しようとした瞬間、向こうアワセで大きなアタリが。この時期なので、産卵のために遡上した大型のうぐいかアメマス、あるいは虹鱒だろう。いずれにしても40センチオーバーだろう、と思いを巡らせた。

 ティペットは、型ものを想定して1号を使用しているが、グイグイと力強く暴れ回るので、どこまで持ち応えられるか。幸いに岸に近い場所で、後ずさりしながら引き上げた。そして目にしたのは、赤い婚姻色が薄らと滲む鼻曲りのサクラマス。やはり45センチ前後だった。

 これまで、本流で間違ってルアーでサクラマスを釣ったことはあるが、フライでは初めて。その時と同じように、当然今回もその姿を目に焼き付けながらリリースした。ショアでは、あれだけ釣るのに苦戦したサクラマスなのに、何という皮肉だろう

 これで型ものヤマメが釣れれば、ここまで来たかいがあるが、その後が続かない。小さなアタリは何度もあるが、辛うじてヒットしたのは10センチ足らずの1歳魚。先ほどのサクラマスと同じウェットフライにきた。
 ここから下流の橋まで釣り下ろうと足を進めるが、ザラ瀬から平瀬に替わる絶好の場所や、小さな淵などのここぞというポイントから飛び出る魚はいない。
2020y07m17d_210919979.jpg
 一度岸に戻り、再びポイント探しに奔走。しかし下流に向かうごとに流れが緩やかになり、河原も無くなった。これではヤマメもいないだろう、と今度は何度も入川したことのある、上流域の銀山頭首工に入ることに。
 頭首工下は、滑床や砂、小石などが底を作る水深の浅い穏やかな流れ。そこにウェットフライを流し込むと、頻繁にアタリがくるものの、針がかりはしない。ようやくヒットするのは、先ほどと同じ10センチ前後のヤマメ。

 下流域に現れた長くて水深のある平瀬は、いかにも大物が潜んでいそうな雰囲気。そこにウェットフライを流し込んで逆引きすると、ようやく手ごたえのあるアタリ。手元に引き寄せると、目測で20センチオーバーのヤマメ。恥ずかしいが、これが今年のヤマメの最長サイズ。
2020y07m17d_210713074.jpg
 結局、型ものはそれ1匹で終わった。何も釣れなかったら、支流の白井川への釣行を考えていたが、赤井川付近で熊が出没しているとの看板があちこちに立てられており、今回はパスすることにした。

 尚、今回の釣行もウェラブルビデオカメラで撮影。サクラマスのヒットやリリースシーン、型ものヤマメのヒットシーンも映している。
 近い内にyoutubeに動画投稿する予定。よかったらご覧になってください。

写真@余市川中流域の頭首工Aこの下のプールでウェットフライにヒットしたサクラマスB銀山の頭首工下の流れCようやく来た20センチオーバーのヤマメ

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ







この記事へのコメント
晋さん、お久しぶりです。
今年も阿寒川への釣行を計画されているのでしょうか。
いつかはご一緒させてください。
ところで、北海道では川の鮭やサクラマス釣りは禁止されています。
ですから、すぐにリリースした次第です。
ただ、海でのサクラマス釣りがあれだけ苦戦したのに、何とも皮肉な結果となりました。
今回のポイントも鮎が昇ってきますので、機会があれば鮎釣りにも挑戦したいと思っています。





Posted by bukki at 2020年07月17日 22:33

 サクラマスおめでとうございました。
 私は今期も地元の胎内川へ15回ほど通いましたが、ノーヒットでした。
 これから当分は鮎釣りにシフトです。お姉ちゃんにもよろしくお伝えください。
Posted by 新発田のススム at 2020年07月17日 22:19
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10041139
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
bukkiさんの画像
bukki
長い人生の中で、お金はなくても時間だけは贅沢に使える今しかできないこと、やりたいことが沢山ある。それを少しづつでも実現していきたい。
ブログ
プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
リンク集
最新コメント