2019年08月05日

「真夏の尻別川上流を行く」動画を投稿



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">



  本流と支流のボサ川でフライ釣行


 8月に入っても干ばつ気味の天候が続き、渓流への釣行計画を幾度も練り直している。だからと言って、水量の安定している本流への釣行は、誰もが同じことを考えているために競争が激しい。

 仕方がないので、今回の釣行は諦めて7月中旬に赴いた尻別川上流での釣行の模様を、動画編集してyoutubeに投稿した。
2019y08m05d_155900561.jpg 


入釣場所は尻別川の上流部で、今回初めて入ったポイント。浅い平瀬が200メートルに渡って続き、そこを釣り下ってウェットフライを流し込んだ。
 
 川底が砂利で、ポイントらしいポイントは無かったが、対岸の深いトロ場から小型の虹鱒やヤマメが飽きない程度にヒットする。
 平瀬の先に姿を現した淵では、流し込んだウェットフライに強烈なアタリが。0・8号のティペットを騙しだまし引き上げるが、敢え無くプッリン。
 落ち込む気持ちを堪えて、近くに流れ出る支流をドライフライで釣り上がる。
 ボサが覆う小河川だが、魚影は思いのほか濃く20センチクラスの虹鱒が次々にヒットする。少し上流に行くと、今度は岩魚が顔を出した。尺を越えた岩魚がヒットしたのも同じ場所から。 
2019y08m05d_160140904.jpg

 ビデオ撮影は、尺岩魚を引き上げたところで電池切れとなったが、その後もヒットが続いて予想外の釣果となった。
 小さな河川は渇水で釣りにならないのに、この支流は水量が豊富でこの時期でもしっかり釣りができる。次回は、さらに上流に釣り上がることを考えている。

写真@尻別川上流の浅い平瀬が続くポイント。小さな虹鱒やヤマメしか出てこなかったAボサが覆って釣りずらいが、魚影の濃い支流Byoutubeに投稿した動画


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9040148
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
bukkiさんの画像
bukki
長い人生の中で、お金はなくても時間だけは贅沢に使える今しかできないこと、やりたいことが沢山ある。それを少しづつでも実現していきたい。
ブログ
プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
リンク集
最新コメント