2019年07月17日

渇水の中で安定感抜群の尻別川



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


 上流で大物をバラすも、支流で尺岩魚

 いつも暦の上の連休日は、仕事が休みでも釣行することはほとんどない。
 今回もその例に漏れず、釣行は見送った。そして連休の終わった16日、渇水で渓流は難しいだろうと、水量の豊富な尻別川上流域に向かった。
2019y07m16d_213354718.jpg
 この3連休中には、尻別川上流にも多くの釣人が入ったと思われる。
 それを覚悟の上で向かった先は、いつもの入川ポイントではなく、ザラ瀬と浅い平瀬が続く、あまり釣人に注目されない場所。

 浅瀬とは言っても、そこそこ水深があることから、ウェットフライを上流から流し込んで釣り下ろうという計画。
 ヤマメの型ものを狙っての釣行だが、場所が場所だけにそれほど期待はかけていない。
 
 現地には午前9時に到着。橋の下の入川ポイントには、すでに釣人の姿が。幸い釣り上がっているようなので、ウェットフライを強い流れに乗せて下流へ歩みを進める。
 浅い平瀬が200メートルほど続いたあと、川は細くて強い流れに変わる。
 2019y07m16d_212953746.jpg

 まずはそこまでを、と川の真中に立ち込んでフライをスウィングさせる。(写真@)が、そう簡単にはアタリは来ない。初めの1匹は、下流に50メートルほど行った地点から。

 引きは強く、何度もジャンプを繰り返して寄ってきたのは、20センチほどの虹鱒(A)。それを機にアタリが連続する。
 2匹目も同じような虹鱒で、それ以降も30〜50メートル間隔でヒット。小さいながら、12〜3センチのヤマメも。

 しかし、川幅の狭まった地点からはアタリが遠ざかる。さらに下流に下って行くと、大渕が姿を現した。そこにウェットフライを流し込んで、スウィングさせようとした瞬間、向こうアワセでヒット。

 フライをひったくるように下流に逃げる魚は、軽く40センチは越えていそうな大きさ。ドラグを効かせたリールから、ラインが次々に引き出される。

 ティペットは0・8号のフロロカーボン。強烈な引きにどこまで耐えられるのか、自信がない。そうした不安は現実となり、フライを銜えたまま、ティペットごと持って行かれた。

 後で撮影した動画を確認すると、やはり40センチは越えていそうな魚だった。それが虹鱒なのか、岩魚だったのかは判別はつかなかったが。
2019y07m16d_213614047.jpg 

 バラしたショックは残っていたが、再度気力を振り絞って釣り下ることに。すると、前方に左から本流に流れ出る支流の姿が。

 これをやり過ごし、さらに下流に釣り下ろうとすると、50メートルほど先の河岸に釣人が現れた。
 ルアーを対岸に打ち込んでいるようなので、それ以上下流には下って行けない。
 
 一度川から出て、再度釣り下ろうとも考えた。だが、先ほどの淵からアタリが止まったまま。ならば、流れ出る支流を遡ったほうが、釣果は得られるのでは、と支流へ方向転換。
 
 この支流(B)は、川幅が5〜6メートルと小さいながらも、水量は多くて水圧が強い。
 流れのほとんどが早瀬といってもいいほどで、濁りも入っているといった、釣りをするにはかなり厳しい環境にある。
 試しに、流れの緩やかな瀬脇にドライフライを打ち込んだ。すると、3回に1回はフライに反応するが、小さくて針がかりしない。

 そして、しばらく行った上流の平瀬から、本流と同じようなサイズの虹鱒が飛び出る。同じ場所からアタリが続くので、魚影はかなり濃いようだ。
 
 さらに釣り上がると、流れ出しから変わった平瀬が現れた。その平瀬から、今度は20センチ余りの岩魚がヒット。
 落ち込みの下流からも大きなアタリが。今度はティペットを1号に替えたので、なんとか堪えられるはず。暴れる魚を手元に引き寄せて確認すると、尺越えの岩魚(C)だった。
2019y07m16d_214007490.jpg 


 結局、本流との出合から200メートルほど釣り上がった。この支流では、20センチ級の虹鱒が5匹に、20センチから30センチの岩魚が3匹。釣果は、尻別川本流よりも多かった。

 あのまま本流を釣り下っても、釣果はそれほど得られなかったと思う。たまたま入った支流で、思わぬ釣果があったわけだ。だから釣りは、何が起きるのか分からなくて面白い。

写真@尻別川上流域の景観。この奥の大淵で大物をバラしたA長く続く平瀬でヒットした20センチ級の虹鱒B尻別川に流れ出る支流の渓観Cこの支流でドライフライにヒットした尺岩魚

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





この記事へのコメント
SOUさん、おはようございます!
また、釣行お疲れ様でした。

故障していた竿の修理を終えられたんですね。
”現場復帰”おめでとうございます!
SOUさんの釣行先の渇水状況はどうですか?
札幌近郊の渓流は、湧水河川ぐらいしか釣りになりません。
だから、本流に行くことが多くなってきました。
なんとか雨が欲しいところです。
Posted by bukki at 2019年07月18日 05:36
こんばんはm(_ _)m
尺イワナおめでとうございます!
僕も今道南遠征に行っているのですが、僕も尺イワナ釣りましたよ!
オソロですねd(ゝω・´○)
釣行お疲れ様でした!
Posted by Sou at 2019年07月17日 20:07
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8980408
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
bukkiさんの画像
bukki
長い人生の中で、お金はなくても時間だけは贅沢に使える今しかできないこと、やりたいことが沢山ある。それを少しづつでも実現していきたい。
ブログ
プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
リンク集
最新コメント