2017年09月12日

大氾濫の渓流で4年ぶりに釣果



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


 人智及ばぬ回復力に感嘆!!

 3年前の9月11日に、北海道では数十年に一度という記録的な大雨が降った。中でも、石狩と空知、胆振には大雨特別警報が出されるなど、道央圏の河川を中心とした被害が続出した。
そして、3年経った今でも河川氾濫の後遺症が癒えていない。
 国道や道々などに接する場所では、復旧工事が終わったかのように見えるが、一歩道を外れて上流や下流に向かうと、決壊した堰堤や砂防ダム、橋脚の流された橋がそのままの姿で残されているのが分かる。
2017y09m12d_063517675.jpg

 この記録的な大雨は、川に棲息する魚にも壊滅的な影響を与えた。自分の知る限りでは、オショロコマしか棲まない渓流では、オショロコマの姿が確認できなくなったほか、砂防ダムや堰堤が決壊し、土砂で埋め尽くされた河川では、ネイティブ種の岩魚の魚影が激減した。

 9月8日に、この大雨の被害を被った道央圏の河川のひとつに入渓した。昨年も10月にこの渓流を釣行したが、大雨から2年が経過しても、以前は良く釣れたやまめや虹鱒、岩魚の姿が全くなかった。豊かな樹木に囲まれた流れも、土砂と岩だらけの殺伐とした河原に変わった。
2017y09m12d_063620915.jpg

 それだけに、今回は釣ることが目的ではなく、「見えなくなった魚を確認したい」との思いが高じての釣行となった。
 入渓地点は、林道を700メートルほど歩いた先。そこから上流に釣り上がるのがいつもの行動だ。
 今回は、その入渓地点から1時間ちかく上り詰めて、そこから釣り下がる計画。皮肉にも、遡行する上流域は樹木が押し流されたせいで、河原が開けている。歩くのには都合は良いが、岩だらけの河原が痛々しく感じる。

 それでも、魚の息吹きを感じる小淵や流れ出し、水深のある平瀬などの絶好のポイントが次々と現れる。釣人がこうしたポイントを素通りして、上流に向かうのは至難の業。猫に鰹節を見せ付けているようなものだ。
 なので、やはりというか、意に反して上がる途中から竿を出してしまった。
2017y09m12d_065646713.jpg

2017y09m12d_064308824.jpg










 初めにアタリがきたのは、流木に覆われた堰堤の下流。少し大きめのカディスに飛びついたのは、15センチほどの虹鱒だった。この川で魚と最後に対面したのは大雨の前だから、ほぼ4年ぶりとなる。魚の姿を確認できたことで少しホッとしたが、そこからアタリは遠のいた。

 次にヒットしたのは、1キロほど行った上流の早瀬。25センチほどの、銀毛のまぶしい虹鱒が迎えてくれた。
 虹鱒のヒットが続いたことから、「もしかして虹鱒の放流が行なわれたのでは」と考えた。
 だが、次第に傾斜を強める流れの中から、ようやくネイティブ種の岩魚がヒットする。それも、上流に向かうほどアタリが頻発に起きた。
 昨年、あれほど魚影が見られなかったのに、この魚たちは一体どこから来たのだろうか。
 
 ひとまず、ネイティブ種が回復していることを確かめられたことで、今回の目的は達成できた。
 魚を目の前にして思うのは、自然の治癒力、回復力という表面的な言葉ではなく、何万年、何十万年という悠久の営みが育んだ、魚たちの底知れぬ逞しさだ。
2017y09m12d_063923656.jpg

2017y09m12d_064131609.jpg









 過去にもこうした自然災害が幾度も起きて、そのたびに絶滅の危機が訪れたのだろう。それを生き抜いた僅かな魚たちが、時間をかけて復活を遂げる。その繰り返しの歴史ではなかったか。
 先に記した、オショロコマしか棲息しない渓流も、今年7月の釣行で魚影が回復したことを確認した。自分が思うよりも、魚たちのほうがよほど逞しい、そう感じさせた嬉しい釣行となった。

 写真は@A道東の河川のように土砂と岩の河原が続く渓流BCDEようやく姿が確認できた虹鱒と岩魚


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ





この記事へのコメント
カメさん、情報をありがとうございました!
現地の情報は、現地のアングラーさんの話が一番信頼できます。
はやく、今年の第1号が上がるといいですね。
釣果がありましたら、またコメントをお願いいたします。
Posted by bukki at 2017年09月13日 21:38
こんにちは、好釣果羨ましい限りです、8月より日高、胆振での鮭釣りを連日しておりますが、未だに坊主です、今年はかなり渋いようで漁業者の網にも鮭よりイナダやサバが多く入っているとの事です、単に岸よりが遅れているだけならいいのですが。
Posted by カメ at 2017年09月13日 18:57
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6691790
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
bukkiさんの画像
bukki
長い人生の中で、お金はなくても時間だけは贅沢に使える今しかできないこと、やりたいことが沢山ある。それを少しづつでも実現していきたい。
ブログ
プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
最新コメント