2016年07月22日

「今年初の豊平川某支流へ釣行」を動画化



pan style="font-size:large;">
data-ad-slot="2867931466"-size:large;">
data-ad-format="auto">


 ヒット数は多くても、型ものは皆無

 7月5日に更新した「今年初の豊平川某支流に釣行」で、ビデオ撮影した動画をyoutubeに投稿した。
 この川は、昨年6月にブログで取り上げ、今回と同様youtubeに投稿した。それほど、札幌市街地と離れていないのに、中流域から上の流れは鬱蒼とした森が広がり、熊の出没情報も相次ぐところでもある。

 下流域は、豊平川本流から遡上したうぐいなどが主体で、それほど釣果に恵まれない。また、山岳渓流と化す砂防ダムから上の最上流部は、岩魚が棲息しているというが、熊の出没が当たり前の場所なので、これまで釣り上がったことはない。そうしたことから、中流域での釣りとなるが、以前活発に行われていたヤマメの放流も現在は中止された。
2016y07m22d_155005413.jpg
 放流されたヤマメは、釣人に持ち帰られて激減、その姿をみることが極端に少なくなった。その一方で、砂防ダムと砂防ダムの間だけで、命をつないできた虹鱒が健在だ。

 ただ、個体数は多くても、3歳魚以降の型ものがほとんどいないという、厳しい状況に変わりはない。多分、型ものは持ち帰えったのだろう。そのため、ヒットした虹鱒の数は多くても、サイズの面で満足感はまったく得られなかった。

 川の環境を守り、保護するのか壊すのかは釣人自身にかかっている。今回の釣行では、特にそう感じさせられた。なので投稿した動画は、敢えて河川名は公開せず、キャッチアンドリリースの薦めとして見ていただけたら、と思っている。

写真は、渓相が見事な豊平川某支流の上流域。下はyoutubeに投稿した動画



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


トラウトフィッシング ブログランキングへ




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5270612
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
bukkiさんの画像
bukki
長い人生の中で、お金はなくても時間だけは贅沢に使える今しかできないこと、やりたいことが沢山ある。それを少しづつでも実現していきたい。
ブログ
プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
最新コメント