2020年09月27日

2020/09/21 【一部】-愛知・刈谷あいおいホール- 第3試合(中日本ボクシング観戦記) ボクシング選手名鑑ピックアップ!

2020/09/21 【一部】-愛知・刈谷あいおいホール- 第3試合(中日本ボクシング観戦記) ボクシング選手名鑑ピックアップ!





■中日本スーパーライト級新人王決勝
【スーパーライト級4回戦】
近藤 璃空(緑) vs 高畠 愛大(タキザワ)

近藤 璃空 2戦1勝(1KO)1敗
高畠 愛大 4戦3勝1分


距離を詰めていく近藤に対し、待ち構えるかのようにパンチを纏める高畠。
多少の被弾をものともせず、勝負はショートレンジ。
高畠が頻繁にポジションを変え、スイッチを交えながら、
近藤の撃ち終わりにカウンターを合わせると、一気にパンチを纏める展開。


2R、近藤が圧力をより強めて、ボディをえぐっていく。
高畠もまたボディを強烈に捉え、お互いにボディを削り合う場面が増えていく。
高畠が先に掴んだ流れを、近藤が五分に戻したようにも思えるラウンド。

ラウンド終盤、お互いのパンチが交錯した瞬間、フリーズした高畠。
チャンスに攻め込んだ近藤だが、今度は高畠がフックで近藤の動きが止まる。
危険なタイミングでパンチを交錯させる、斬り合いのような2R終了直前。


3R、小気味よくジャブを突き刺し始める高畠だが、近藤が右オーバーハンドを
強烈に突き刺し高畠の顔を跳ね上げて反撃。
密着した距離で思い切り振って下から捉える近藤だが、距離が空けば、高畠が近藤の顔面を跳ね上げる。
近い場面で突き刺す近藤のボディが目をひく。

ミドルレンジは高畠、ショートレンジは近藤…試合が終盤に進むにつれ激戦へとなっていく。


4R、一発一発強烈に振る近藤と、回転の良さで上回る高畠。
激しく撃ち合うラストラウンド、近藤の右に合わせた高畠の右オーバーハンドは
僅かに届かずも、かなり際どいタイミング。

高畠の左ボディのダブルから左フックでよろめく近藤。
パンチを纏めて打っていった分…高畠が優位か。


マイジャッジ 38-38 優勢:高畠



公式ジャッジ
39-37 高畠
39-37 高畠
38-38 ドロー


2-0で勝者は高畠。



技術屋と感じていた高畠が激しい撃ち合いを演じた試合。
努力家の近藤が巻き込んだ形にも見えた。
まだまだ成長過程にある近藤。
アマチュア経験もある相手に対し、自身の土俵に持ち込んだ試合っぷりは見事と感じる。
戦績的には負け越しとなってしまったが、ここから挽回してくれるだろうと思っている。


準決勝から優勝候補と当たり、接戦を切り抜けた高畠はこの試合もまた接戦。
ギリギリの試合を登り切り、堂々の中日本新人王獲得。
ここからは各地区新人王達の対戦。
彼が勝ち上がったシビアな道のりが、そのまま期待感として膨らんでいる。





この日はコロナウイルス感染拡大防止のラウンド数制限の影響もあり、二部興行となっている。
一部興行はこれで終了。

観客が密集しないように順番に出口へ案内される。
しばらく、時間が空く為、ここで昼食をとりに向かう。

まさかの展開や激しい試合が続いた一部。
ついていけないくらいに濃厚なドラマが繰り広げられた。
反面、大声も客数も制限された客席…ここに声援があったらどれほど盛り上がっただろうか。

まだまだ、コロナの影響に振り回されるボクシング。
…それを痛感しながら、選手の戦う姿を久々に見られた喜びも共存する不思議な感覚になる。



そしてまさか…これから行われる二部もまた、波乱とドラマの連続になろうとは。





【カテゴリ別】
2020年中日本ボクシング観戦記一覧に戻る

中日本ボクシング観戦記一覧一覧に戻る

カテゴリ別記事一覧に戻る



【日付別】
【記事一覧】2020年9月に戻る

【記事一覧】2020年に戻る

【記事一覧】に戻る



各選手の戦績はこちら。
ボクシング選手名鑑




【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10212832

この記事へのトラックバック
検索
プロフィール
せきちゃん@mosさんの画像
せきちゃん@mos
問い合わせはこちら
プロフィール
最新記事
最新コメント