2020年09月25日

2020/09/21 【一部】-愛知・刈谷あいおいホール- 第1試合、第2試合(中日本ボクシング観戦記) ボクシング選手名鑑ピックアップ!

2020/09/21 【一部】-愛知・刈谷あいおいホール- 第1試合、第2試合(中日本ボクシング観戦記) ボクシング選手名鑑ピックアップ!





■2020年度中日本スーパーバンタム級新人王決勝
【スーパーバンタム級4回戦】
安西 蓮(岡崎) vs 阿部 史也(タキザワ)

安西 蓮  8戦3勝(1KO)3敗1分
阿部 史也 7戦4勝(2KO)2敗1分 サウスポー


試合開始直後、いきなり近い距離での攻防。
ジャブで突き刺していく安西に対して、強烈に左ストレートを突き刺した阿部。
ミドルレンジでお互いワンツー主体の攻防となる。
安西のジャブが小気味よく刺さる中、
ダイレクトの右ストレートが突き刺さって阿部がうずくまるようにダウン。

ダメージは深いか…再開されると、安西が攻め込む中、阿部はロープ際でガードを固める。
もつれ合ってのスリップで仕切り直しとなるも、安西の攻撃の手は緩むことなく
レフリーが割って入ってのストップ。


TKOタイムは1R 2分7秒


安西はデビュー当初から、刈谷に通うファンの間では好選手として認知されていた。
しかし、結果がなかなかついて来ず、戦績はイーブン…戦績以上の選手であったことは間違いない。
いつ結果を出し始めるか…それが待たれる選手だった。
それが、今日この日…注目の阿部を破って中日本新人王を獲得。
ようやく…ようやくこの選手が日の目を浴びる。


対して、今年の中日本新人王の目玉だと思っていた阿部。
昨年、拳に怪我を抱えた状態で、中日本新人王を獲得…しかし、その怪我の悪化からのちの戦いを棄権していた。
再チャレンジとなった今年、昨年見せつけた実力を背景に要注目選手となっていた。

それが…
リング上で泣き崩れる阿部…まさかの結末に驚きを隠せない。


光と影のコントラスト…ボクシングの残酷さとシビアさ。
そして、各々が繰り広げるドラマの交錯。
これほど濃厚なものが3分に満たない時間で表現されてしまう。
まさに、ボクシングの魅力を詰め込んだ「名作」と言いたい試合。

そしてこの先、安西が勝ち抜いていくことで、阿部の強さを証明してくれるとを願いたい。



■中日本フェザー級新人王決勝
【フェザー級4回戦】
時弘 将志(とよはし) vs 村田 翼(和光)

時弘 将志 1戦1勝(1KO)
村田 翼  4戦3勝(2KO)1敗


アマチュア経験をベースに有望選手として認知されている村田に対し、この日初めて中日本のリングに登場する時弘。
時弘の実力未知数と言え、全日本新人王まで狙えると思わせてくれる村田優位が大方の予想。
試合開始直後、時弘がその予想をぶっ飛ばしてしまう。

いきなり突っ込んで行った時弘に頭の注意が与えられると、再開直後…。
衝撃音と共に村田が腰から崩れ落ちる。

思い切り振り抜いた時弘の右のショートで村田が尻餅をつくダウン。
強烈な一撃だったが、村田はダメージを顔に出さずに立ち上がる。

再開後、冷静に立て直しを図る村田…試合が落ち着けば、村田有利か…。
潰れる距離をジャブで遠ざけ、ボディをえぐる村田に対し、グイグイと距離を詰める時弘。
頭が衝突する場面も多く「次やったら減点」の声…しかし、ファイターの時弘。
詰める選択肢以外にはない。

そんな最中、またも右のショートが炸裂し、このラウンド村田が2度目のダウン。
ここも立ち上がった村田、勝負は2R以降にもつれ込む。


2R、変わらず詰める時弘に対し、足とジャブを使って距離を取り、
入って来るところに右アッパーを強烈に浴びせ、さらに強烈にボディを襲う村田。
もてあませば無理せずクリンチ…詰める側、抱える側、多少強引ではあるものの、村田が冷静に試合を進めて行く。
残り3R…全て抑えればドロー、ダウンを奪えば逆転もあり得る。


3R、このラウンドもまた距離を詰める時弘と、詰まったところを迎え撃つ村田。
詰めて来る時弘に対し、強烈に左フックを引っ掛けながら、詰まったところでは徹底的にボディ。
さらに危ない場面ではクリンチで流れを切る…。

近い距離を村田にからめとられ、手が出なくなる時弘。
村田が技術で試合を挽回していく。


4R、入ろうとする時弘に、村田のワンツーが突き刺さる。
膝を折る時弘…キャンバスまで数cmのところで踏みとどまって撃ち返す。
ドローでも、ダウンを奪っている分、優勢点としては時弘につきやすい状況。
最終ラウンド、時弘が耐えられるか、村田が逆転するか…。

自身がダウンを奪われた危険な距離での戦いに踏み込んで行く村田。
ここで捉えて行くのは村田…強烈な左右のボディが時弘を何度も襲う。
しかし、ここをなんとか耐えきり、激しいパンチの交換の中、最終ラウンド終了のゴングが鳴る。


マイジャッジ 37-37 ドロー


公式ジャッジ

38-36 時弘
37-37 ドロー
37-37 ドロー



優勢点は…時弘



時弘が思い切りの良さで技術を凌駕し、村田が技術で盛り返していく。
お互いがお互いのスタイルで勝負したスレスレの大接戦。
あと数cm、あと数秒…そして、ダウンの一瞬。
ほんの僅かな運命の分かれ道が試合の中に何度も存在した試合だった。


試合の多くの時間を支配していたのは村田だった。
しかし、瞬間スポーツであるボクシング…一瞬一瞬が勝敗を分ける。
村田の実力は疑いようはないが、それを時弘の思い切りの良さが凌駕した。

村田が、今後も有望選手であることに変わりはない。
まだまだ楽しみにしていたいと感じる。


そして…体ごとぶつけるような右のショート。
これ程思い切り振り抜くボクサーの数は多くない。
「くいしんぼうトッキー」なんて呼ばれる明るいキャラクターも含め、面白い男が現れた。

この男…ただの食いしん坊にあらず。





【カテゴリ別】
2020年中日本ボクシング観戦記一覧に戻る

中日本ボクシング観戦記一覧一覧に戻る

カテゴリ別記事一覧に戻る



【日付別】
【記事一覧】2020年8月に戻る

【記事一覧】2020年に戻る

【記事一覧】に戻る



各選手の戦績はこちら。
ボクシング選手名鑑




【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10212739

この記事へのトラックバック
検索
プロフィール
せきちゃん@mosさんの画像
せきちゃん@mos
問い合わせはこちら
プロフィール
最新記事
最新コメント