2020年08月03日

2020/08/09 -愛知・刈谷あいおいホール- 見どころ(中日本ボクシング観戦記) ボクシング選手名鑑ピックアップ!

2020/08/09 -愛知・刈谷あいおいホール- 見どころ(中日本ボクシング観戦記) ボクシング選手名鑑ピックアップ!




■2019年度中日本ライトフライ級新人王準決勝
【ライトフライ級4回戦】
各務 海都(尾張水野) vs 森川 祐輝(緑)

各務 海都 2戦2勝(1KO) サウスポー

デビュー戦から立て続けにアウトボクサー、テクニシャンをねじ伏せるような勝利を挙げた各務。
激戦区ライトフライ級のダークホースとしての存在感が際立っている。
長身のサウスポーながら、激しい撃ち合いを演じる選手。


森川 祐輝 1戦1分 サウスポー

こちらも長身サウスポーだが、スタイルは完全なアウトボクサー。
デビュー戦では最初の2Rを圧倒的に制しながら、後半3Rに捕まり引分けに持ち込まれた。
まだまだ伸び盛りにも届かない17歳だが、この時点で魅せる足さばきは将来性を感じさせるもの。



ボクシングが綺麗でセンスを感じさせるのは森川の方だが…。
そういった相手を立て続けに打ち破って来たのが各務。
両者とも長身サウスポーという共通点を持ちながら、スタイルは真逆。
森川が捌き切るか…各務がねじ伏せるか…予想の難しい試合。

決勝ではこちらもサウスポーの山崎 隼人(名古屋大橋)が待ち受ける。



■2019年度中日本フェザー級級新人王準決勝
【フェザー級4回戦】
宮崎 裕也(薬師寺) vs 村田 翼(和光)

宮崎 裕也 2戦1勝(1KO)1敗

中日本のリング初登場となった準々決勝では、切って落とすような二つのパンチで1RTKO勝利。
まだ1分未満しか見れていないが、拳が刃のようにも思るほど、
その切れ味は鋭く、タイミングも抜群のものだった。


村田 翼 3戦2勝(1KO)1敗

アマチュアで土台のしっかりあるアウトボクサー。
テクニック豊かで、急遽決まったデビュー戦では敗れはしたものの、
6回戦の資格を有する相手に互角の試合を行った。
前戦ではカウンターからのラッシュで初のTKO勝利。


宮崎の刃か…村田のテクニックか…。
緊張感の高い試合になることが予想される試合。
ビッシビシの張り詰めた12分…勝った方は決勝で良質なファイターと噂される時弘 将志(とよはし)と対峙。

カウンターパンチャー、ファイター、テクニシャン。
この階級、個性豊かな三つ巴の争いが何ともたまらない展開となっている。



■2019年度中日本スーパーフェザー級級新人王準決勝
【スーパーフェザー級4回戦】
樋口 和輝(ARITOMI) vs 児玉 翼宿(タキザワ)

樋口 和輝 4戦3勝(2KO)1敗

高い攻撃力が魅力の樋口。
ARITOMIの選手らしい愚直さも併せ持ち、その戦いぶりは胸を熱くさせてくれること請け合い。
この階級の二強の片翼と目している。


児玉 翼宿 デビュー戦 サウスポー

中日本の4回戦のリングで高い勝率を誇るタキザワジムより新顔がデビュー戦。
いきなり強敵と対峙することとなるが、ここで結果を出せば一気に注目を得られるはず。



樋口が勝ち抜けば、二強のもう片翼…長谷との対戦も考えられる。
そうなれば、試合は昨年の新人王トーナメントのリベンジマッチとなる。
序盤にダウンを奪われての敗戦となったが…
樋口の攻撃力を鑑みれば、リマッチで勝利を得る可能性は充分にある。
児玉が勝ち上がれば、ニューフェイスとして認知されるだろう一戦。
勝った者が得るものの大きな一戦と感じられる。



■2019年度中日本スーパーフェザー級級新人王準決勝
【スーパーフェザー級4回戦】
小暮 経太(中日) vs 長谷 和紀(トヤマ)

小暮 経太 1戦1勝(1KO)

新人王戦準々決勝でデビューし、野生的なKO劇で準決勝進出を決めた小暮。
荒々しくも迫力のある一撃を振り抜く思い切りの良さは魅力的だ。
スリリングな一撃は、試合を即終わらせる可能性を持つ。


長谷 和紀 6戦4勝(2KO)1敗1分

スタイリッシュで完成度の高いボクシングが魅力的。
富山県唯一のプロボクサーである長谷。
自主興行を打つこともあるトヤマジムにおいて、長谷は看板となりメインを張るべき存在。
「代わりはいない」…彼のボクサーズロードが地方ボクシングの命運を左右する。



僕が今年の優勝候補として挙げているのが長谷。
荒々しい小暮に対して、ボクシングの技術で言えば、長谷が一枚も二枚も上に感じる。
ただ…スリリングな小暮の拳は油断ならない威力を秘める。

長谷がしっかりと制することができるのか…それとも、野性味あふれる小暮の拳が火を噴くか。
対極的なスタイルがより勝負の面白みに拍車をかけている。



■2019年度中日本スーパーライト級級新人王準決勝
【スーパーライト級4回戦】

中村 力也(とよはし) vs 高畠 愛大(タキザワ)

中村 力也 2戦2勝(2KO)

デビュー戦ではパンチをまとめる回転の良さを見せ、2戦目では当て勘の良さを見せつけた。
今年のスーパーライト級の優勝候補。


高畠 愛大 3戦3勝

現在3連勝中、アマチュアでしっかりと土台を築いている選手。
デビューからの3試合はそれぞれ異なるタイプの選手が相手。
デビュー戦で相手にしたブルファイターには手こずったが、接戦を経験した上で勝利を挙げている。


全勝同士が準決勝の舞台で潰し合う形に…今年のスーパーライト級は激戦区の様相。
決勝では強烈なボディブローで勝ち上がってきた近藤 璃空(緑)が待ち構える。



■2019年度中日本ミドル級級新人王準決勝
【ミドル級4回戦】
早川 教文(中日) vs 野村 宙永(市野)

早川 教文 デビュー戦

初見の選手。情報なし。


野村 宙永 デビュー戦

初見の選手。情報なし。



語れる情報はないものの、新たなボクサーに出会うワクワクでいっぱい。
勝者はアマチュア実績が豊かな前岡 デニスロベルト(西遠)と対戦。
前岡とやり合えるかどうか…そこにもやはり大注目。



かなりシビアなカードが並んだように思える準決勝。
ここを勝ち抜いても、決勝で待ち受ける選手たちは強敵揃い。
地方新人王と見下すことなかれ…そこには充分すぎる程に熾烈な争いがある。

9月、コロナの情勢がどうなっているかは不透明ですが、
来るその日を楽しみに待つためにも…。

絶対に見逃せないのです!




【カテゴリ別】
2020年中日本ボクシング観戦記一覧に戻る

中日本ボクシング観戦記一覧一覧に戻る

カテゴリ別記事一覧に戻る



【日付別】
【記事一覧】2020年8月に戻る

【記事一覧】2020年に戻る

【記事一覧】に戻る



各選手の戦績はこちら。
ボクシング選手名鑑



【このカテゴリーの最新記事】
検索
プロフィール
せきちゃん@mosさんの画像
せきちゃん@mos
問い合わせはこちら
プロフィール
最新記事
最新コメント