2015年10月15日

柴田 明雄(Akio Shibata)

柴田 明雄(Akio Shibata)(ワタナベ)



本名:柴田 明雄
生年月日:1981年11月19日
国籍:日本
戦績:37戦27勝(13KO)9敗1分



【獲得タイトル】
第30代日本スーパーウェルター級王座
第33代日本スーパーウェルター級王座
第59代日本ミドル級王座
第28代OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座
第45代OPBF東洋太平洋ミドル級王座



【戦歴】
2003/08/29 ○1RKO 小林 英樹(横田S)
2003/12/16 ○1RKO 玉春 潤一(新開)
2004/02/02 ○4R判定 3-0(39-38、39-38、39-38) 荒井 操(草加有沢)

■2004年度東日本ウェルター級新人王予選
2004/06/23 ●1RTKO 荒井 操(草加有沢)
※東日本新人王敗退

2004/10/25 ○4RTKO 森平 朋寛(角海老宝石勝又)
2005/02/14 ○2RTKO 今井 桃太郎(三迫)
2005/05/15 △6R判定 1-1(58-59、58-57、58-58) 上石 剛(コーエイ工業小田原)
2005/09/29 ●6R判定 0-2(57-59、57-59、58-58) 寺田 千洋(新日本タニカワ)
2006/02/23 ○6R判定 2-0(58-57、58-57、58-58) 下川原 雄大(角海老宝石)
2006/06/22 ○5R判定 3-0(49-48、49-48、49-48) 下川原 雄大(角海老宝石)
2006/08/23 ○5R判定 3-0(50-47、50-47、49-48) トム 岡川(M.T.)

■ウェルター級B級トーナメント決勝
2006/10/24 ●5R負傷判定 0-3(47-49、48-49、48-49) 今井 桃太郎(三迫)
※ウェルター級B級トーナメント敗退

2007/06/18 ●8R負傷判定 0-3(65-68、65-68、67-67) 佐々木 基樹(協栄)
2007/12/01 ○3RTKO 山口裕司(JBS)

■OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ
2008/04/22 ●7RKO 日高 和彦(新日本木村)
※OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座獲得失敗

2008/08/12 ○8R判定 3-0(78-75、77-76、77-76) 和田 直樹(花形)
2009/01/22 ○2RTKO 海老根 範充(国際)
2009/07/20 ○3RTKO 吉田 真樹(新日本カスガ)

■日本/OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ
2009/11/01 ○12R判定 3-0(117-113、116-113、116-114) 野中 悠樹 (尼崎)
※日本スーパーウェルター級王座獲得
※OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座獲得

■日本/OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ
2010/03/25 ●8RTKO チャーリー 太田(八王子中屋)
※日本スーパーウェルター級王座陥落
※OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座陥落

2010/07/28 ○8R判定 3-0(80-72、80-73、79-72) 渡辺 浩三(斎田)
2011/01/31 ○8R判定 3-0(79-74、79-74、79-75) 吉田 真(宮田)
2011/04/04 ○1RKO 中堀 剛(本多)

■日本/OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ
2011/08/08 ●6RKO チャーリー 太田(八王子中屋)
※日本スーパーウェルター級王座獲得失敗
※OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座獲得失敗

2011/12/31 ○6R判定 3-0(60-53、60-54、60-54) 相沢 健治(オサム)

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
2012/06/02 ○10R判定 3-0(96-94、96-95、98-93) 中川 大資(帝拳)
※日本スーパーウェルター級王座獲得

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
2012/10/08 ○10R判定 3-0(97-94、97-94、97-94) 十二村 喜久(角海老宝石)
※日本スーパーウェルター級王座防衛@

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
2013/01/12 ○8RTKO 細川 貴之(六島)
※日本スーパーウェルター級王座防衛A(のちに返上)

■OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ
2013/05/04 ○9R負傷判定 3-0(89-81、89-82、87-83) 淵上 誠(八王子中屋)
※OPBF東洋太平洋ミドル級王座獲得

2013/08/25 ●2RTKO 村田 諒太(三迫)

■日本/OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ
2014/03/01 ○12R判定 3-0(115-113、116-113、117-111) 中川 大資(帝拳)
※日本ミドル級王座獲得
※OPBF東洋太平洋ミドル級王座防衛@

■日本/OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ
2014/07/05 ○12R判定 3-0(115-113、116-112、118-110) 西田 光(川崎新田)
※日本ミドル級王座防衛@
※OPBF東洋太平洋ミドル級王座防衛A

■日本/OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ
2014/12/06 ○12RTKO 淵上 誠(八王子中屋)
※日本ミドル級王座防衛A
※OPBF東洋太平洋ミドル級王座防衛B

2015/03/26 ○4RTKO マイケル・スピード・シガラキ(インドネシア)

■日本/OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ
2015/08/08 ○8RTKO 秋山 泰幸(ヨネクラ)
※日本ミドル級王座防衛B
※OPBF東洋太平洋ミドル級王座防衛C

■日本/OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ
2015/11/09 ○7RTKO 前原 太尊 康輝(六島)
※日本ミドル級王座防衛C
※OPBF東洋太平洋ミドル級王座防衛D

■日本/OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ
2016/03/11 ●3RKO 西田 光(川崎新田)
※日本ミドル級王座陥落
※OPBF東洋太平洋ミドル級王座陥落



【補足情報】
・中学時代にバスケットボールで全国3位の実績を持つ。
・保育士免許・幼稚園教諭二種免許を持ち、21歳から5年間、保育士として託児所でアルバイトをしていた。
・ワタナベジムよりプロデビュー。ジムの先輩である
 WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者内山 高志からアドバイスを受けることが多い。
・ロンドンオリンピックミドル級金メダリストでのちにWBA世界ミドル級王座を二度獲得する
 村田 諒太のプロデビュー戦の相手を務め、2RTKO負けを喫している。
・マイケル・スピード・シガラキ戦は当初、秋山泰幸とのタイトルマッチの予定だったが、
 秋山の怪我により代役として、インドネシア王者だったシガラキが選ばれた。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-し-に戻る
索引-A-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4289195

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
森島 祐介(Yusuke Morishima) by chamuyo (11/25)
森島 祐介(Yusuke Morishima) by chamuyo (11/25)
森島 祐介(Yusuke Morishima) by chamuyo (11/25)
森島 祐介(Yusuke Morishima) by せきちゃん@mos (11/25)
竹内 竜介(Ryusuke Takeuchi) by もなかひめ (11/25)