2016年07月13日

シュガー・ラモス(Sugar Ramos)

シュガー・ラモス(Sugar Ramos)(キューバ)



本名:ウルテミニオ・ラモス・サクエラ
生年月日:1941年12月2日
国籍:キューバ
戦績:66戦55勝(40KO)7敗4分



【獲得タイトル】
キューバフェザー級王座
初代WBA世界フェザー級王座
第2代WBC世界フェザー級王座




【戦歴】
1957/10/05 ○2RKO ルネ・アルセ(キューバ)
1957/11/30 ○3RTKO イノセンシオ・カルタス(キューバ)
1958/01/11 ○2RKO フアン・マチャド(キューバ)
1958/02/07 ○3RKO カルロス・スアレス(キューバ)
1958/04/12 ○2RKO フェリックス・ポマレス(キューバ)
1958/05/24 ○4RKO ウンベルト・デラロサ(キューバ)
1958/07/05 ○3RKO エクトル・メディナ(キューバ)
1958/07/19 ○6R判定 (採点不明) マヌエル・ペルドモ(キューバ)
1958/08/09 ○2RKO ウィルフレド・ゴンサレス(キューバ)
1958/09/20 ○5RKO アル・カスティージョ(キューバ)
1958/10/11 ○6R反則 アウグスト・ナルバージェ(キューバ)
1958/11/08 ○8RKO ホセ・ブランコ(キューバ)
1958/12/13 ○4RKO アントニオ・コリア(メキシコ)
1959/02/14 ○10RKO オルランド・カスティージョ(キューバ)
1959/03/28 ○10RTKO ウォーリー・リビングストン(米)
1959/05/09 ○4RKO アンヘル・ゲレーロ(メキシコ)
1959/06/29 ○10R判定 (採点不明) サニー・レオン(ベネズエラ)
1959/08/01 ○3RKO ジョニー・ビーン(米)
1959/10/31 △10R判定 (採点不明) アイク・チェスナット(米)
1959/11/20 ○10R判定 (採点不明) フランシスコ・バレス(ベネズエラ)

■キューバフェザー級王座決定戦
1960/02/27 ○12R判定 (採点不明) オルランド・カスティージョ(キューバ)
※キューバフェザー級王座獲得(のちに返上)

1960/04/01 ○8RTKO トニー・パドロン(ベネズエラ)
1960/05/28 ○7RTKO バーノン・リンチ(米)
1960/08/17 ○8RKO トニー・パドロン(ベネズエラ)
1960/08/28 ○9RTKO ヘスス・サンタマリア(パナマ)
1960/12/30 ○9RKO セルヒオ・ゴメス(メキシコ)
1961/01/23 ○6RTKO ヘスス・サンタマリア(パナマ)
1961/02/05 ○4RKO エドゥウィン・サイクス(パナマ)
1961/04/22 △7R負傷判定 (採点不明) フアン・ラミレス(メキシコ)
1961/05/08 ○3RKO フェリックス・セルバンテス(メキシコ)
1961/05/27 ○4RKO ボビー・セルバンテス(メキシコ)
1961/06/17 ○12R判定 2-1(採点不明) アルフレド・ウルビナ(メキシコ)
1961/09/02 △10R判定 (採点不明) アルフレド・ウルビナ(メキシコ)
1961/09/30 ○10R判定 (採点不明) キッド・アナワク(メキシコ)
1961/12/13 ●4R反則 ラファエル・カマチョ(メキシコ)
1962/01/12 ○9RTKO エディ・ガルシア(米)
1962/03/26 ○10R判定 (採点不明) ラフィウ・キング(ナイジェリア)
1962/05/11 ○7RTKO ダニー・バルデス(米)
1962/07/14 ○10R判定 (採点不明) ベビー・バスケス(メキシコ)
1962/09/03 ○10RKO ベビー・バスケス(メキシコ)
1962/10/20 ○3RTKO エロイ・サンチェス(メキシコ)
1962/12/29 ○2RTKO ホセ・ルイス・クルス(メキシコ)

■WBA/WBC世界フェザー級タイトルマッチ
1963/03/21 ○10R棄権 デビー・ムーア(米)
※WBA世界フェザー級王座獲得
※WBC世界フェザー級王座獲得

■WBA/WBC世界フェザー級タイトルマッチ
1963/07/13 ○15R判定 3-0(採点不明) ラフィウ・キング(ナイジェリア)
※WBA世界フェザー級王座防衛@
※WBC世界フェザー級王座防衛@

1963/10/22 ○2RTKO サミー・マクファッデン(英)
1963/11/09 ○8RTKO キッド・アナワク(メキシコ)
1964/01/10 ○10R判定 3-0(5-4、6-2、7-4) ビセンテ・ミラノ・デラード(亜)

■WBA/WBC世界フェザー級タイトルマッチ
1964/03/01 ○6RTKO 関 光徳(新和)
※WBA世界フェザー級王座防衛A
※WBC世界フェザー級王座防衛A

■WBA/WBC世界フェザー級タイトルマッチ
1964/05/09 ○15R判定 2-1(70-69、70-69、一名採点不明) フロイド・ロバートソン(ガーナ)
※WBA世界フェザー級王座防衛B
※WBC世界フェザー級王座防衛B

■WBA/WBC世界フェザー級タイトルマッチ
1964/09/26 ●12R棄権 ビセンテ・サルディバル(メキシコ)
※WBA世界フェザー級王座陥落
※WBC世界フェザー級王座陥落

1965/04/17 ○10R判定 3-0(採点不明) アントニオ・ロサレス(メキシコ)
1965/06/15 ○1RTKO デルフィーノ・ロサレス(メキシコ)
1965/08/23 ○6RTKO ラウル・ソリアーノ(メキシコ)
1965/12/11 ○2RTKO ラウル・ソリアーノ(メキシコ)
1966/02/12 ○10R判定 3-0(採点不明) アントニオ・エレーラ(エクアドル)

■WBA/WBC世界フェザー級タイトルマッチ
1966/10/22 ●5RTKO カルロス・オルティス(プエルトリコ)
※WBA世界フェザー級王座獲得失敗
※WBC世界フェザー級王座獲得失敗

■WBA/WBC世界フェザー級タイトルマッチ
1967/07/01 ●4RTKO カルロス・オルティス(プエルトリコ)
※WBA世界フェザー級王座獲得失敗
※WBC世界フェザー級王座獲得失敗

1969/06/29 ○2RKO ルディ・ゴンザレス(プエルトリコ)
1969/09/29 ○7RTKO チャンゴ・カルモナ(メキシコ)
1969/12/14 ○1RKO ヘルマン・ガステルボンド(コロンビア)
1970/03/26 ○10R判定 2-0(6-3、5-3、4-4) ラウル・ロハス(米)
1970/08/06 ●10R判定 1-2(5-4、6-7、4-5) マンド・ラモス(米)
1971/01/10 ●10R判定 (採点不明) アントニオ・アマヤ(パナマ)
1971/10/14 △10R判定 (5-5、5-4、3-6) ジミー・ロバートソン(米)
1972/03/24 ○7RTKO ライル・ランドルフ(米)
1972/04/24 ●10RTKO セザール・シンダ(米)






【補足情報】
・キューバ・マタンサス出身。
・キューバ革命によりメキシコへ亡命。以降の1961年4月からメキシコを拠点に活動した。
・ホセ・ブランコとデビー・ムーアは、ラモスとの試合が原因で死去している。
・カルロス・オルティス1戦目はロングカウントや、浅いカットによるTKOなど、
 オルティス有利に裁定されたことからWBCは王座を空位とし、再戦を指令した。
・世界ボクシング殿堂、国際ボクシング名誉の殿堂に殿堂入りしている。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-し-に戻る
索引-S-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5243403

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
上原 攻仁(Kojin Uehara) by 上原千広 (10/20)
カルロス・ブイトラゴ(Carlos Buitrago) by せきちゃん@mos (10/19)
中野 猛仁(Takehito Nakano) by せきちゃん@mos (10/19)
塩濱 崇(Takashi Shiohama) by せきちゃん@mos (10/19)
ボクシング 選手名鑑 か by (10/18)