2020年10月31日

小野澤 兼次(Kenji Onozawa)

小野澤 兼次(Kenji Onozawa)(松永)



本名:不明
生年月日:不明
国籍:日本
戦績:19戦5勝(4KO)11敗3分



【獲得タイトル】
なし



【戦歴】
1947/01/24 ●4R判定 (採点不明) 川田 貞造(京浜)
1947/02/01 ●4R判定 (採点不明) 若林 繁(近藤)
1947/02/16 ●4R判定 (採点不明) 笹崎 廣(笹崎)
1947/03/23 ●1RKO 佐野 秀雄(富士)
1947/03/29 ○3RKO 須藤 邦夫(群馬)
1947/04/19 ○4RKO 志村 義人(川崎)
1947/04/27 ●4R判定 (採点不明) 山内 徳三(群馬)
1947/05/23 ●4R判定 (採点不明) 山崎 三郎(高津)

■日本選手権トーナメントライト級予選
1947/06/20 ●4R判定 (採点不明) ファイティング 出本(新和)
※日本選手権トーナメント敗退

1947/09/13 ○4R判定 (採点不明) 山地 三郎(笹崎)
1947/10/03 ○1RKO 東浦 清(不二)
1947/10/11 △判定 (ラウンド/採点不明) 高田 英雄(京浜)
1947/10/25 ●判定 (ラウンド/採点不明) 上原 勇(ベア)
1948/03/06 △4R判定 (採点不明) 森 繁夫(拳道会)
1948/11/12 ○3RTKO 深谷 哲太郎(湘南)

■1948年度東日本ウェルター級新人王決勝
1948/11/20 ●4R判定 (採点不明) 吉野 不二夫(第一)
※東日本新人王敗退

1948/12/18 △6R判定 (採点不明) 星野 義夫(第一)
1948/12/28 ●判定 (ラウンド/採点不明) 大西 力(タイガー)
1949/04/21 ●6R判定 (採点不明) 大川 弘(三多摩)




【補足情報】
・戦績/戦歴は判明済みのもののみ記載。
・BoxRecでは1戦分の掲載となっている。(2020/10/03時点)
・松永所属としてデビューし、笹崎 廣戦より日拳所属、深谷 哲太郎戦より松永所属に戻っている。
・小野澤 兼二、小野澤 兼治、小野 兼二、小野沢 兼次と表記されているものもある。
・ダイヤモンドグローブウェルター級で優勝する山崎 長太郎(当時:山崎 三郎)と対戦し、
 判定で敗れている。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-お-に戻る
索引-K-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10243445

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
石川 圭一(Keiichi Ishikawa) by 工藤 (12/03)
永田 サトル(Satoru Nagata) by もなかひめ (11/27)
永田 サトル(Satoru Nagata) by chamuyo (11/27)
永田 サトル(Satoru Nagata) by もなかひめ (11/27)
三代 大訓(Hironori Mishiro) by せきちゃん@mos (11/26)