2016年03月31日

ジェイコブ・マトラーラ(Jacob Matlala)

ジェイコブ・マトラーラ(Jacob Matlala)(南ア)




本名:ジェイコブ・マトラーラ
生年月日:1962年1月8日
国籍:南ア
戦績:68戦53勝(26KO)13敗2分



【獲得タイトル】
南アフリカトランスバール地方(非白人限定)ライトフライ級王座
南アフリカトランスバール地方ライトフライ級王座
南アフリカトランスバール地方ライトフライ級王座
南アフリカトランスバール地方フライ級王座
南アフリカライトフライ級王座
南アフリカライトフライ級王座
IBA世界ライトフライ級王座
WBU世界ライトフライ級王座
第4代WBO世界フライ級王座
第5代WBO世界ライトフライ級王座




【戦歴】
1980/02/02 ○4R判定 (採点不明) フレイザー・プラートジース(南ア)
1981/06/05 ●4R判定 (採点不明) カーク・モリス(南ア)
1981/06/27 ●4R判定 (採点不明) マイケル・モゴプディー(南ア)
1981/10/30 ○3RTKO ハンジー・クルーガー(南ア)
1982/03/05 ○4R判定 (採点不明) アルバート・モロト(南ア)
1982/04/16 △6R判定 (採点不明) マイケル・モゴプディー(南ア)
1982/05/14 ○5RTKO マイケル・モゴプディー(南ア)

■南アフリカトランスバール地方(非白人限定)ライトフライ級王座決定戦/南アフリカトランスバール地方ライトフライ級タイトルマッチ
1982/07/09 ○5RTKO サイモン・モエマ(南ア)
※南アフリカトランスバール地方(非白人限定)ライトフライ級王座獲得(のちに返上)
※南アフリカトランスバール地方ライトフライ級王座獲得

1982/09/04 ○3RTKO デクスタード・ラミニ(南ア)

■南アフリカトランスバール地方ライトフライ級タイトルマッチ
1983/01/28 ○7RTKO カーク・モリス(南ア)
※南アフリカトランスバール地方ライトフライ級王座防衛@(のちに返上)

■南アフリカライトフライ級タイトルマッチ
1983/02/26 ○11RTKO ムベレニ・ルジフォ(南ア)
※南アフリカライトフライ級王座獲得

■南アフリカトランスバール地方ライトフライ級タイトルマッチ
1983/05/13 ○3RKO マーティン・ンココト(南ア)
※南アフリカライトフライ級王座防衛@

1983/08/19 ○9RTKO ホセ・アントニオ・バディーリャ(パナマ)

■南アフリカトランスバール地方ライトフライ級タイトルマッチ
1983/10/14 ●12R判定 0-3(110-119、114-117、112-118) ムベレニ・ルジフォ(南ア)
※南アフリカライトフライ級王座陥落

1984/03/02 ○2R棄権 マイケル・モゴプディー(南ア)
1984/03/30 ○4RTKO ソロモン・マノツィ(南ア)
1984/05/25 ○10R判定 3-0(97-94、98-94、98-95) フアン・アルベルト・イバロ(亜)
1984/06/29 ○6R判定 (採点不明) ジェイコブ・マジブコ(南ア)
1984/09/29 ○8R判定 (採点不明) タムサンカ・ ソグクーウ(南ア)
1984/11/01 ○6R判定 (採点不明) ギルバート・メケネット(南ア)
1985/05/18 ○3RTKO ンギャバ・ゴバザ(南ア)

■南アフリカトランスバール地方ライトフライ級タイトルマッチ
1985/09/21 ○10R判定 (採点不明) ピーライ・ダイカー(南ア)
※南アフリカトランスバール地方ライトフライ級王座獲得

■南アフリカライトフライ級タイトルマッチ
1985/11/30 ●12R判定 0-3(115-119、115-117、115-117) ムベレニ・ルジフォ(南ア)
※南アフリカライトフライ級王座獲得失敗

1986/03/15 ●8R判定 (採点不明) ブヤニ・ネネ(南ア)

■南アフリカトランスバール地方ライトフライ級タイトルマッチ
1986/11/09 ○10R判定 (採点不明) ピーライ・ダイカー(南ア)
※南アフリカトランスバール地方ライトフライ級王座防衛@

■南アフリカライトフライ級タイトルマッチ
1987/03/15 ●11R棄権 ブヤニ・ネネ(南ア)
※南アフリカライトフライ級王座獲得失敗

1987/08/02 ○8R判定 (採点不明) カーク・モリス(南ア)

■南アフリカライトフライ級タイトルマッチ
1987/11/01 ●12R判定 (採点不明) ブヤニ・ネネ(南ア)
※南アフリカライトフライ級王座獲得失敗

■南アフリカトランスバール地方ライトフライ級タイトルマッチ
1988/02/07 ○9RTKO ジェイコブ・マジブコ(南ア)
※南アフリカトランスバール地方ライトフライ級王座防衛A(のちに返上)

1988/04/30 ○7R反則 バマイル・ゴモ(南ア)
1988/07/09 ○8R判定 (採点不明) ダニエル・ウォード(南ア)

■南アフリカライトフライ級タイトルマッチ
1988/10/16 ●12R判定 0-3(110-119、112-118、一名不明) ブヤニ・ネネ(南ア)
※南アフリカライトフライ級王座獲得失敗

■南アフリカトランスバール地方フライ級タイトルマッチ
1989/03/05 ○7R棄権 ヨハネス・ジョー・ミーヤー(南ア)
※南アフリカトランスバール地方フライ級王座獲得

1989/05/14 ○8R判定 (採点不明) ンドダ・マヤンデ(南ア)

■南アフリカフライ級タイトルマッチ
1989/06/04 ●12R判定 0-3(112-116、112-117、111-117) ジャジ・シバル(南ア)
※南アフリカフライ級王座獲得失敗

1989/07/23 ○6RKO オドワ・ムドレレニ(南ア)
1989/08/14 ○10R判定 3-0(96-94、99-94、98-94) マルティン・カルデナス(メキシコ)

■南アフリカトランスバール地方フライ級タイトルマッチ
1989/10/15 ○10R判定 3-0(98-95、98-94、96-94) ダニエル・ウォード(南ア)
※南アフリカトランスバール地方フライ級王座防衛@(のちに返上)

1989/12/03 ○2RTKO ソニーボーイ・ングホナ(南ア)
1990/03/25 ○10R判定 3-0(99-91、99-91、99-91) ラモン・ソリス(南ア)

■南アフリカライトフライ級王座決定戦
1990/10/28 ○12R判定 2-1(117-111、114-115、117-116) ウェレ・マクォロ(南ア)
※南アフリカライトフライ級王座獲得

■南アフリカライトフライ級タイトルマッチ
1991/02/10 ○6RKO ゾリレ・ムビチー(南ア)
※南アフリカライトフライ級王座防衛@

■南アフリカライトフライ級タイトルマッチ
1991/06/23 ○8RTKO ンドダ・マヤンデ(南ア)
※南アフリカライトフライ級王座防衛A

■IBF世界フライ級タイトルマッチ
1991/09/07 ●10RKO デーブ・マコーリー(英)
※IBF世界フライ級王座獲得失敗

1991/11/24 ○10R判定 3-0(100-91、100-91、99-91) ラウル・アコスタ(メキシコ)

■南アフリカライトフライ級タイトルマッチ
1992/04/26 ○12R判定 3-0(117-112、118-112、117-113) ムズキシ・シカリ(南ア)
※南アフリカライトフライ級王座防衛B(のちに返上)

1993/04/04 ○8R判定 3-0(117-112、118-112、117-113) トト・フレリー(英)

■WBO世界フライ級タイトルマッチ
1993/05/15 ○8RTKO パット・クリントン(英)
※WBO世界フライ級王座獲得

1993/07/24 ○10R判定 3-0(117-112、118-112、117-113) パブロ・ティズナッド(南ア)

■WBO世界フライ級タイトルマッチ
1993/12/04 ○7R棄権 ルイジ・カムプムタロ(メキシコ)
※WBO世界フライ級王座防衛@

■WBO世界フライ級タイトルマッチ
1994/06/11 ○9R棄権 フランシス・アムポロ(伊)
※WBO世界フライ級王座防衛A

■WBO世界フライ級タイトルマッチ
1994/10/15 ○12R判定 3-0(118-110、118-110、119-110) プリティ・ボーイ・ルーカス(比)
※WBO世界フライ級王座防衛B

■WBO世界フライ級タイトルマッチ
1995/02/11 ●8RTKO アルベルト・ヒメネス(メキシコ)
※WBO世界フライ級王座陥落

1995/05/06 △10R判定 1-1(97-97、98-96、94-97) サミー・スチュワート(リベリア)
1995/08/26 ○8R判定 (採点不明) フランシスコ・メンドサ(メキシコ)

■WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ
1995/11/18 ○5R負傷判定 (38-37、38-37、38-37) ポール・ウィアー(英)
※WBO世界ライトフライ級王座獲得

■WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ
1996/04/13 ○10RTKO ポール・ウィアー(英)
※WBO世界ライトフライ級王座防衛@

■WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ
1997/02/08 ○12R判定 2-1(116-112、116-112、113-115) ミッキー・キャントウェル(英)
※WBO世界ライトフライ級王座防衛A(のちに返上)

■IBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
1997/07/18 ○9RTKO マイケル・カルバハル(米)
※IBA世界ライトフライ級王座獲得

■IBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
1997/11/15 ○12RTKO ルイス・ドリア(コロンビア)
※IBA世界ライトフライ級王座防衛@

■IBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
1998/02/20 ○8R負傷判定 2-0(76-76、77-75、77-75) ホセ・ビクトル・ブルゴス(メキシコ)
※IBA世界ライトフライ級王座防衛A

1998/07/04 ○10R判定 (採点不明) リック・マグラモ(比)

■IBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
1998/12/19 ○12R判定 3-0(採点不明) ラファエル・オロスコ(メキシコ)
※IBA世界ライトフライ級王座防衛B(のちに返上)

■WBO世界ライトフライ級王座決定戦
2000/02/19 ●12R判定 0-3(112-117、112-118、114-117) マシブレレ・マケプラ(南ア)
※WBO世界ライトフライ級王座獲得失敗

■WBU世界フライ級タイトルマッチ
2000/05/24 ●12R判定 0-2(223-231、232-232、220-239) ピーター・クルシャウ(英)
※WBU世界フライ級王座獲得失敗

■WBU世界ライトフライ級王座決定戦
2001/02/17 ○4RTKO トッド・マケリム(米)
※WBU世界ライトフライ級王座獲得

■WBU世界ライトフライ級タイトルマッチ
2001/09/29 ○5RTKO ミッキー・キャントウェル(英)
※WBU世界ライトフライ級王座防衛@

■WBU世界ライトフライ級タイトルマッチ
2002/03/02 ○7RKO フアン・エレラ(コロンビア)
※WBU世界ライトフライ級王座防衛A(のちに返上)





【補足情報】
・ 南アフリカハウテン州ソウェト出身。
・ 異名は「ベビージェイク」。
・ 南アフリカでは最も偉大なスポーツ選手に挙げられている。
・ フアン・エレラ戦後に大統領のネルソン・マンデラにWBUのベルトをプレゼントし引退。
・ 2013年12月7日、肺癌のため死去。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-し-に戻る
索引-J-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 南ア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4908303

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
岩崎 圭祐(Keisuke Iwasaki) by 飯田 秀雄 (01/22)
ボクシング 選手名鑑 索引 by せきちゃん@mos (01/21)
ボクシング 選手名鑑 索引 by (01/20)
池田 光正(Mitsumasa Ikeda) by せきちゃん@mos (01/20)
池田 光正(Mitsumasa Ikeda) by (01/20)