2020年06月24日

矢口 利夫(Toshio Yaguchi)

矢口 利夫(Toshio Yaguchi)(鈴木)



本名:不明
生年月日:1930年1月11日
国籍:日本
戦績:49戦24勝(10KO)16敗9分



【獲得タイトル】
なし



【戦歴】
1946/06/29 ○6R判定 (採点不明) 徳山 等平(東亜)
1946/11/22 ○KO (ラウンド不明) 森脇 英一(拳道会)
1946/12/13 ○4R判定 (採点不明) 風見 敏男(高津)
1947/01/10 ○1RTKO 島光 功(松永)
1947/01/18 ○4R判定 (採点不明) 村上 勇(近藤)
1947/01/31 ○4R判定 (採点不明) 榎本 政雄(日倶)
1947/04/19 ●4R判定 (採点不明) 出本 辰行(新和)
1947/05/02 ○1RKO 市川 高司(カワイ)
1947/05/23 △6R判定 (採点不明) 吉野 剛(双立)
1947/06/28 ○6R判定 (採点不明) 長門 一夫(笹崎)
1947/08/23 ○8R判定 (採点不明) 関 弘(京浜)
1947/09/06 ●7R棄権 堀口 恒男(堀口)
1947/09/20 ○6R棄権 二階 富士夫(富士)
1947/12/07 ●8R判定 (採点不明) 中村 昭一(新和)
1947/12/18 ○8R判定 (採点不明) 岡下 竹二郎(新興)
1948/01/16 ●4RTKO 森脇 英一(日拳)
1948/04/18 ○6R判定 (採点不明) 中村 七郎(笹崎)
1948/05/01 △8R判定 (採点不明) 石田 利男(みどり)
1948/06/17 ○5RKO 吉野 剛(隼)
1948/07/16 ○8RTKO 佐野 秀穂(富士)
1948/07/30 ○3RKO 西村 雅夫(川崎)
1948/08/28 ○7RKO ファイティング 出本(国民)

■日本選手権大会A級ウェルター級準々決勝
1948/09/04 ●5RKO 古橋 一雄(平和)
※日本選手権大会敗退

1948/09/18 △10R判定 (採点不明) 二階 富士夫(富士)
1948/10/25 ●5RKO 今田 和之(広島)
1948/12/07 ●8R判定 (採点不明) 辰巳 八郎(新和)
1949/01/16 ○8R判定 (採点不明) 二階 富士夫(富士)
1949/02/05 ●8R判定 (採点不明) 辰巳 八郎(新和)
1949/03/01 ○10R判定 (採点不明) 河田 一郎(オール)
1949/03/13 ○判定 (ラウンド/採点不明) 呉川 勇(IBC)
1949/05/12 ○8R判定 (採点不明) 呉川 勇(IBC)
1949/06/15 ○10R判定 (採点不明) 河田 一郎(オール)
1949/06/25 △10R判定 (採点不明) 呉川 勇(IBC)
1949/07/14 ○1R棄権 森脇 英一(拳道会)
1949/07/30 ●10R判定 (採点不明) 辰巳 八郎(新和)
1949/09/06 △10R判定 (採点不明) 金親 源三(松永)
1949/09/19 ●1RKO 椎名 勇夫(高千穂)
1949/11/17 △10R判定 (採点不明) 高木 徹(帝拳)
1949/12/12 ○10R判定 (採点不明) 今田 和之(北大阪)
1950/02/06 ●10R判定 (採点不明) 辰巳 八郎(新和)
1950/02/25 ●10R判定 (採点不明) 辰巳 八郎(新和)
1950/04/15 ○10R判定 (採点不明) 高木 徹(帝拳)
1950/05/21 ●10R判定 (採点不明) 椎名 勇夫(帝拳)
1950/06/16 △5R負傷判定 (採点不明) 山野井 清次郎(赤羽)
1950/08/12 ○10R判定 (採点不明) 小林 太郎(東拳)
1950/08/25 △8R判定 (採点不明) 高木 徹(帝拳)
1950/11/30 ○8R判定 (採点不明) 三上 寿一(城南)
1950/12/15 ○8R判定 (採点不明) 金親 源三(ナショナル)
1951/01/02 ○2R棄権 三輪 昭三(古知野)
1951/01/20 ○8R判定 (採点不明) 山崎 長太郎(高津)

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1951/02/03 ●10R判定 (採点不明) 辰巳 八郎(新和)
※日本ウェルター級王座獲得失敗

1951/07/09 △8R判定 (採点不明) 稲増 山(城北)
1951/09/14 ●8R判定 (採点不明) 羽後 武夫(AO)
1952/04/30 ●10R判定 (採点不明) 山野井 清次郎(青木)



【補足情報】
・戦績は判明済みのもののみ記載。
・日本二階級制覇王者となるの椎名 勇夫と二度対戦し、いずれも敗れている。
・のちに日本ウェルター級王座を二度獲得する羽後 武夫と対戦し判定で敗れている。
・のちにOBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)ミドル級王座を三度獲得する辰巳 八郎と7度対戦し
 いずれも敗れている。
・東洋フェザー級王座を二度獲得する堀口 恒男と対戦し7R棄権で敗れている。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-や-に戻る
索引-T-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9963832

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
高橋 拓磨(Takuma Takahashi) by 清水おっさん猫 (09/27)
レオ・エスピノサ(Leo Espinosa) by (09/26)
竹田津 孝(Takashi Taketazu) by 山本孔志郎、やまもとこうしろう (09/26)
會津 タツヤ(Tatsuya Aizu) by せきちゃん@mos (09/26)
會津 タツヤ(Tatsuya Aizu) by 中谷潤人に期待 (09/25)