2016年03月18日

ダニー・ガルシア(Danny Garcia)

ダニー・ガルシア(Danny Garcia)(米)



本名:ダニエル・オスカー・ガルシア
生年月日:1988年3月20日
国籍:米
戦績:38戦36勝(21KO)2敗



【獲得タイトル】
2006年度全米選手権ライト級優勝(アマチュア)
WBCユーススーパーライト級暫定王座
WBCインターコンチネンタルスーパーライト級ユース王座
WBOインターコンチネンタルスーパーライト級王座
WBCウェルター級シルバー王座
第33代WBC世界スーパーライト級王座
第6代WBA世界スーパーライト級スーパー王座
第37代WBC世界ウェルター級王座




【戦歴】
2007/11/17 ○1RKO マイク・デンビー(米)
2007/12/08 ○2RTKO ヘスス・ビリャレアル(米)
2008/01/11 ○2RKO マルロ・コルテス(メキシコ)
2008/03/15 ○1RTKO チャールズ・ワデ(米)
2008/04/19 ○1RTKO グアダルーペ・ディアス(米)
2008/05/03 ○6R判定 3-0(60-54、60-54、60-54) フリオ・ガンボア(ニカラグア)
2008/09/13 ○1RTKO タイロン・ウィギンス(米)
2008/10/18 ○3RTKO デオン・ナッシュ(米)
2008/11/22 ○6R判定 3-0(59-52、59-52、59-52) アダン・ヘルナンデス(米)
2008/12/06 ○8R判定 3-0(80-72、80-71、79-73) ルイス・アルフレド・ルーゴ(メキシコ)
2009/02/28 ○8R判定 3-0(80-72、80-72、79-73) クリスチャン・ファベラ(メキシコ)
2009/04/11 ○8R判定 3-0(80-72、79-73、79-73) ウンベルト・タピア(メキシコ)
2009/06/12 ○2RTKO パベル・ミランダ(メキシコ)
2009/08/22 ○3RTKO オスカル・レオン(コロンビア)

■WBCインターコンチネンタルスーパーライト級ユース王座決定戦
2009/12/02 ○2RKO エンリケ・コリン(メキシコ)
※WBCインターコンチネンタルスーパーライト級ユース王座獲得(のちに返上)

2010/02/26 ○10R判定 2-1(96-94、95-94、94-95) アシュレイ・テオファン(英)
2010/05/07 ○7RTKO クリストファー・フェルナンデス(米)

■WBCユーススーパーライト級暫定王座決定戦
2010/07/30 ○9RTKO ホルヘ・ロメロ(メキシコ)
※WBCユーススーパーライト級暫定王座獲得(のちに返上)

2010/10/08 ○4RKO マイク・アルノーティス(ギリシャ)
2011/02/25 ○2RTKO ジョン・フィゲロア(プエルトリコ)
2011/04/09 ○10R判定 3-0(99-91、98-92、100-90) ネイト・キャンベル(米)

■WBOインターコンチネンタルスーパーライト級王座決定戦
2011/10/15 ○12R判定 2-1(117-111、117-111、113-115) ケンドール・ホルト(米)
※WBOインターコンチネンタルスーパーライト級王座獲得(のちに返上)

■WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
2012/03/24 ○12R判定 3-0(117-110、116-112、118-109) エリック・モラレス(メキシコ)
※WBC世界スーパーライト級王座獲得

■WBAスーパー/WBC世界スーパーライト級王座統一戦
2012/07/14 ○4RTKO アミール・カーン(英)
※WBA世界スーパーライト級スーパー王座獲得
※WBC世界スーパーライト級王座防衛@

■WBAスーパー/WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
2012/10/20 ○4RKO エリック・モラレス(メキシコ)
※WBA世界スーパーライト級スーパー王座防衛@
※WBC世界スーパーライト級王座防衛A

■WBAスーパー/WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
2013/04/27 ○12R判定 3-0(116-111、114-112、115-112) サブ・ジュダー(米)
※WBA世界スーパーライト級スーパー王座防衛A
※WBC世界スーパーライト級王座防衛B

■WBAスーパー/WBC世界スーパーライト級王座統一戦
2013/09/14 ○12R判定 3-0(114-112、115-111、114-112) ルーカス・マティセー(亜)
※WBA世界スーパーライト級スーパー王座防衛B
※WBC世界スーパーライト級王座防衛C

■WBAスーパー/WBCスーパーライト級タイトルマッチ
2014/03/15 ○12R判定 2-0(116-112、116-112、114-114) マウリシオ・エレラ(メキシコ)
※WBA世界スーパーライト級スーパー王座防衛C(のちに返上)
※WBC世界スーパーライト級王座防衛D(のちに返上)

2014/08/09 ○2RKO ロッド・サルカ(米)
2015/04/11 ○12R判定 2-0(114-114、115-113、115-113) ラモン・ピーターソン(米)
2015/08/01 ○9RTKO ポール・マリナッジ(米)

■WBC世界ウェルター級王座決定戦
2016/01/23 ○12R判定 3-0(116-112、116-112、116-112) ロバート・ゲレーロ(米)
※WBC世界ウェルター級王座獲得

2016/11/12 ○7RTKO サムエル・バルガス(コロンビア)

■WBAスーパー/WBC世界ウェルター級王座統一戦
2017/03/04 ●12R判定 1-2(112-116、113-115、115-113) キース・サーマン(米)
※WBC世界ウェルター級王座陥落
※WBA世界ウェルター級スーパー王座獲得失敗

2018/02/17 ○9RTKO ブランドン・リオス(米)

■WBC世界ウェルター級王座決定戦
2018/09/08 ●12R判定 0-3(112-116、113-115、113-115) ショーン・ポーター(米)
※WBC世界ウェルター級王座獲得失敗

■WBCウェルター級シルバー王座決定戦
2019/04/20 ○7RKO アドリアン・グラナドス(メキシコ)
※WBCウェルター級シルバー王座獲得

2020/01/25 ○12R判定 3-0(117-111、118-110、117-111) イワン・レドカ(ウクライナ)



【補足情報】
・米-ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。
・両親はプエルトリコ国籍。
・アマチュア戦績:120戦107勝13敗。世界3階級制覇王者のテレンス・クロフォード(米)との
 対戦経験がある。
・世界王座獲得時のエリック・モラレス戦ではモラレスが体重超過を犯している。
・ウェルター級転向に際して、WBC世界スーパーライト級王座を返上する際、
 WBCから名誉王座に認定された。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-た-に戻る
索引-D-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4858115

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
安田 正七(Shoshichi Yasuda) by せきちゃん@mos (02/23)
安田 正七(Shoshichi Yasuda) by もなかひめ (02/22)
阿久井 一彦(Kazuhiko Akui) by みるる (02/22)
斉藤 司(Tsukasa Saito) by せきちゃん@mos (02/20)
小山内 幹(Motoki Osanai) by せきちゃん@mos (02/20)