2016年03月17日

バドゥ・ジャック(Badou Jack)

バドゥ・ジャック(Badou Jack)(スウェーデン)



本名:不明
生年月日:1983年10月31日
国籍:スウェーデン
戦績:28戦22勝(13KO)3敗3分



【獲得タイトル】
第25代WBC世界スーパーミドル級王座
第63代WBA世界ライトヘビー級王座




【戦歴】
2009/06/06 ○4R判定 3-0(採点不明) マキシム・ニコノロフ(ロシア)
2009/08/08 ○1RKO ドミトリー・ガブリロフ(ロシア)
2009/09/04 ○3RTKO バディム・クロミッチ(ロシア)
2009/11/14 ○1RTKO アレクサンドルス・タパッツ(リトアニア)
2010/09/10 ○3RTKO アレクサンドル・パライアノー(ベラルーシ)
2011/06/04 ○5RTKO ハイロ・サジャク(米)
2011/07/29 ○2RTKO ティモシー・ホールJr(米)
2011/10/21 ○5RTKO エディ・カミネロ(米)
2011/12/16 ○1RTKO アダム・コリンズ(米)
2012/03/07 ○6R判定 3-0(60-54、59-55、58-56) グローバー・ヤング(米)
2012/05/11 ○8R判定 2-1(77-75、77-75、75-77) アレクサンデル・ブランド(コロンビア)
2013/02/02 ○1RKO イオネル・タピア(米)
2013/02/23 ○8R判定 3-0(78-74、78-74、78-74) ドン・ムートン(米)
2013/05/04 ○3RKO マイケル・ベンガ(ナイジェリア)
2013/07/19 ○10R判定 3-0(100-90、98-92、98-92) ファラー・エニス(米)

■NABF北米スーパーミドル級タイトルマッチ
2013/09/12 △10R判定 0-1(95-95、94-96、95-95) マルコ・アントニオ・ペリバン(メキシコ)
※NABF北米スーパーミドル級王座獲得失敗

2013/12/06 ○6RTKO ロヘリオ・メディナ(メキシコ)
2014/02/28 ●1RTKO デレク・エドワーズ(米)
2014/08/30 ○10R判定 3-0(100-90、100-90、99-91) ジェイソン・エスカレラ(米)
2014/12/12 ○6RTKO フランシスコ・シエラ(メキシコ)

■WBC世界スーパーミドル級タイトルマッチ
2015/04/24 ○12R判定 2-0(116-112、115-113、114-114) アンソニー・ディレル(米)
※WBC世界スーパーミドル級王座獲得

■WBC世界スーパーミドル級タイトルマッチ
2015/09/12 ○12R判定 2-1(115-112、116-111、113-114) ジョージ・グローブス(英)
※WBC世界スーパーミドル級王座防衛@

■WBC世界スーパーミドル級タイトルマッチ
2016/04/30 ○12R反則 ルシアン・ブーテ(カナダ)
※WBC世界スーパーミドル級王座防衛A

■WBC/IBF世界スーパーミドル級王座統一戦
2017/01/14 △12R判定 0-1(112-114、113-113、113-113) ジェームズ・デゲール(英)
※IBF世界スーパーミドル級王座獲得失敗
※WBC世界スーパーミドル級王座防衛B(のちに返上)

■WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2017/08/26 ○5RTKO ネイサン・クレバーリー(英)
※WBA世界ライトヘビー級獲得(のちに返上)

■WBC世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2018/05/19 △12R判定 1-0(114-114、115-113、114-114) アドニス・スティーブンソン(カナダ)
※WBC世界ライトヘビー級王座獲得失敗

■WBCシルバー/WBA世界ライトヘビー級暫定王座決定戦
2019/01/19 ●12R判定 3-0(110-117、111-116、108-119) マーカス・ブラウン(米)
※WBCライトヘビー級シルバー王座獲得失敗
※WBA世界ライトヘビー級暫定王座獲得失敗

■WBCシルバー/WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2019/12/28 ●12R判定 1-2(114-112、112-114、112-114) ジャン・パスカル(カナダ)
※WBCライトヘビー級シルバー王座獲得失敗
※WBA世界ライトヘビー級王座獲得失敗



【補足情報】
・スウェーデン-ストックホルム出身。米-ネバダ州ラスベガスを拠点に活動。ガンビア人の
 ガンビア人の父親とスウェーデン人の母親の間に生まれた。
・アマチュア戦績:150勝25敗、北京オリンピック出場。
・アマチュアではロンドン五輪銅メダリストのビジェンダール・シン(インド)や金メダリストでのちに
 世界クルーザー級4団体統一王者となるオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)との対戦経験がある。
・WBC世界スーパーミドル級王座の2度目の防衛戦はフリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ)
 対戦する予定だったが、チャベスJrの踵の負傷によりルシアン・ブーテに変更された。
・ルシアン・ブーテ戦は引分だったが、ブーテのドーピングが発覚し、後日反則勝ちに変更されている。


※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。




索引に戻る
索引-は-に戻る
索引-B-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4854443

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
ボクシング 選手名鑑 索引 by せきちゃん@mos (01/21)
ボクシング 選手名鑑 索引 by (01/20)
池田 光正(Mitsumasa Ikeda) by せきちゃん@mos (01/20)
池田 光正(Mitsumasa Ikeda) by (01/20)
大村 宗史(Munefumi Omura) by せきちゃん@mos (01/16)