2016年02月19日

ケル・ブルック(Kell Brook)

ケル・ブルック(Kell Brook)(英)



本名:エゼキエル・ブリンスリー・リード・ブルック
生年月日:1986年5月3日
国籍:英
戦績:41戦39勝(27KO)2敗



【獲得タイトル】
BBBofC英国ウェルター級王座
WBCスーパーウェルター級シルバー王座
WBOインターコンチネンタルウェルター級王座
WBAインターコンチネンタルウェルター級王座
IBFインターナショナルウェルター級王座
WBOインターコンチネンタルウェルター級王座
第20代IBF世界ウェルター級王座



【戦歴】
2004/09/17 ○6R判定 (60-54) ピーター・バックリー(英)
2004/10/29 ○1RTKO アンディ・コスネット(英)
2004/11/09 ○2RTKO リーロイ・ウィリアムソン(英)
2004/12/10 ○1RTKO ブライアン・コールマン(英)
2004/12/19 ○6R判定 (60-54) カール・テイラー(英)
2005/03/04 ○6R判定 (60-55) リー・ハンドリー(英)
2005/05/15 ○6R判定 (60-54) アーニー・スミス(英)
2005/07/09 ○2RTKO ジョナサン・ホワイトマン(英)
2005/09/10 ○4R判定 (40-36) アーニー・スミス(英)
2006/04/29 ○6R判定 (60-54) アーニー・スミス(英)
2006/06/01 ○3RTKO ゲラント・ハーベイ(英)
2006/10/14 ○3RTKO ダンカン・コティエ(英)
2006/12/09 ○1RTKO デビッド・カーク(英)
2007/04/07 ○3RTKO カール・デイビッド(ポーランド)
2007/10/06 ○6R判定 (60-55) アレクセイ・シュコダ(エストニア)
2008/03/22 ○3R棄権 ダレン・ゲシン(英)

■BBBofC英国ウェルター級王座決定戦
2008/06/14 ○7RTKO バリー・ジョーンズ(英)
※BBBofC英国ウェルター級王座獲得

■BBBofC英国ウェルター級タイトルマッチ
2008/11/14 ○1RTKO ケビン・マッキンタイア(英)
※BBBofC英国ウェルター級王座防衛@

■BBBofC英国ウェルター級タイトルマッチ
2009/01/30 ○2RTKO スチュアート・エルウェル(英)
※BBBofC英国ウェルター級王座防衛A

■BBBofC英国ウェルター級タイトルマッチ
2009/07/18 ○3RTKO マイケル・ロマックス(英)
※BBBofC英国ウェルター級王座防衛B

■WBOインターコンチネンタルウェルター級タイトルマッチ
2010/03/12 ○6RTKO クリストフ・ビエニアス(ポーランド)
※WBOインターコンチネンタルウェルター級王座獲得

■BBBofC英国/WBOインターコンチネンタルウェルター級タイトルマッチ
2010/09/18 ○5RTKO マイケル・ジェニングス(英)
※BBBofC英国ウェルター級王座防衛C(のちに返上)
※WBOインターコンチネンタルウェルター級王座防衛@

■WBOインターコンチネンタルウェルター級タイトルマッチ
2010/12/11 ○2RTKO フィリップ・コーティ(ガーナ)
※WBOインターコンチネンタルウェルター級王座防衛A(のちに返上)

■WBAインターコンチネンタルウェルター級王座決定戦
2011/06/25 ○12R判定 3-0(119-110、119-110、118-111) ラブモア・ヌドゥ(南ア)
※WBAインターコンチネンタルウェルター級王座獲得

■WBAインターコンチネンタルウェルター級タイトルマッチ
2011/10/08 ○6RTKO ラファウ・ジャッキウィズ(ポーランド)
※WBAインターコンチネンタルウェルター級王座防衛@

■WBAインターコンチネンタル/IBFインターナショナルウェルター級タイトルマッチ
2011/12/17 ○5RTKO ルイス・ガラルサ(プエルトリコ)
※WBAインターコンチネンタルウェルター級王座防衛A(のちに返上)
※IBFインターナショナルウェルター級王座獲得

■IBFインターナショナルウェルター級タイトルマッチ/IBF世界ウェルター級挑戦者決定戦
2012/03/17 ○12R判定 3-0(118-109、119-108、119-107) マシュー・ハットン(英)
※IBFインターナショナルウェルター級王座防衛@(のちに返上)
※IBF世界ウェルター級挑戦権獲得

2012/07/07 ○12R判定 2-0(114-114、116-113、115-113) カーソン・ジョーンズ(米)
2012/10/20 ○3RTKO ヘクター・サルディビア(亜)
2013/07/13 ○8RTKO カーソン・ジョーンズ(米)
2013/10/26 ○4RTKO ビチェスラフ・センチェンコ(ウクライナ)
2014/03/15 ○8RTKO アルバロ・ロブレス(メキシコ)

■IBF世界ウェルター級タイトルマッチ
2014/08/16 ○12R判定 2-0(116-112、117-111、114-114) ショーン・ポーター(米)
※IBF世界ウェルター級王座獲得

■IBF世界ウェルター級タイトルマッチ
2015/03/28 ○4R棄権 イヌオット・ダン・イオン(ルーマニア)
※IBF世界ウェルター級王座防衛@

■IBF世界ウェルター級タイトルマッチ
2015/05/30 ○6RTKO フランキー・ギャビン(英)
※IBF世界ウェルター級王座防衛A

■IBF世界ウェルター級タイトルマッチ
2016/03/26 ○2RTKO ケビン・ビジェール(カナダ)
※IBF世界ウェルター級王座防衛B

■IBF/WBC/IBO世界ミドル級タイトルマッチ
2016/09/10 ●5RTKO ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)
※WBC世界ミドル級王座獲得失敗
※IBF世界ミドル級王座獲得失敗
※IBO世界ミドル級王座獲得失敗

■IBF世界ウェルター級タイトルマッチ
2017/05/27 ●11RKO エロール・スペンス(米)
※IBF世界ウェルター級王座獲得失敗

■WBCスーパーウェルター級シルバー王座決定戦
2018/03/03 ○2RKO セルゲイ・ラブチェンコ(ベラルーシ)
※WBCスーパーウェルター級シルバー王座獲得

■WBA世界スーパーウェルター級挑戦者決定戦
2018/12/08 ○12R判定 3-0(118-110、119-109、117-111) マイケル・ゼラファ(豪)
※WBA世界スーパーウェルター級挑戦権獲得

■WBOインターコンチネンタルウェルター級王座決定戦
2020/02/08 ○7RKO マーク・デルーカ(米)
※WBOインターコンチネンタルウェルター級王座獲得



【補足情報】
・英-ヨークシャー州シェフィールド出身。同地を拠点に活動。
・異名は「ザ・スペシャルワン」。「特別な逸材」の意味。
・2013年1月には当時のIBF世界ウェルター級王者のデボン・アレキサンダー(米)へ挑戦予定だったが、
 お互いの負傷により複数回延期された上、中止された。
・2014年12月、暴漢に足を刺されて負傷した。
・IBF世界ウェルター級王座の3度目の防衛戦は元WBA世界ウェルター級王者の
 ディエゴ・チャベス(亜)戦が予定されていたが、チャベスの怪我により延期された。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-け-に戻る
索引-K-に戻る





【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4751628

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
森島 祐介(Yusuke Morishima) by chamuyo (11/25)
森島 祐介(Yusuke Morishima) by chamuyo (11/25)
森島 祐介(Yusuke Morishima) by chamuyo (11/25)
森島 祐介(Yusuke Morishima) by せきちゃん@mos (11/25)
竹内 竜介(Ryusuke Takeuchi) by もなかひめ (11/25)