2019年11月23日

浜田 英夫(Hideo Harada)

浜田 英夫(Hideo Harada)(親和)



本名:不明
生年月日:1947年2月27日
国籍:日本
戦績:18戦6勝(1KO)7敗5分



【獲得タイトル】
なし



【戦歴】
(年月日不明) ○8R判定 (採点不明) 山下 達人(サイトウ)
1964/08/23 ●4R判定 (採点不明) 上田 武人(松田)
1964/12/10 ○4R判定 (採点不明) 中村 英敏(立川新和)
1965/01/24 ○4R判定 (採点不明) 東山 喜八郎(堀内)
1965/02/14 △4R判定 (採点不明) 田中 金蔵(辰巳)
1965/06/27 ●4R判定 (採点不明) 田中 金蔵(辰巳)
1965/09/05 ○2RKO 滝 拳児(松田)

■1965年度中日本バンタム級新人王予選
1965/11/14 ●4R判定 (採点不明) 布施 憲治(中日)
※中日本新人王敗退

1965/12/26 ○4R判定 (採点不明) 田中 金蔵(辰巳)

■1967年度西日本バンタム級新人王予選
1967/10/24 △4R判定 (採点不明) 阪梨 譲二(中外)
※西日本新人王敗退

1967/11/28 △6R判定 (採点不明) 山下 達人(サイトウ)
1968/04/03 ○4R判定 (採点不明) 三浦 武志(横須賀)
1968/06/19 ○4R判定 (採点不明) 末次 武志(大阪帝拳)
1968/07/08 △6R判定 (採点不明) 原田 武夫(クラトキ)
1969/09/07 ●6R判定 (採点不明) 関 正勝(東海)
1970/03/18 ●6R判定 (採点不明) 浜井 義和(東海)




【補足情報】
・高知県土佐市宇佐西新町出身。
・BoxRecでは1戦分の掲載となっている(2019/11/12時点)。戦歴は判明済のもののみ記載。戦績は
 1971年版ボクシング年鑑による。これに従えば2戦が不明、また1勝分が引分けもしくは
 敗戦だったこととなる。
・阪梨 譲二戦は1967年度西日本新人王予選として行われ、引分けの勝者扱いとして阪梨が
 勝ち上がったが階級が不明。
・東海ジムよりデビュー、阪梨 譲二戦より大阪新和ジムへ移籍、最終戦の浜井 義和戦は
 ジムの名称が親和ジムと変わった。
・BoxRecでの名前表記は「Hideo Harada」だが、正しくは「Hideo Hamada」。(2019/11/12時点)



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-は-に戻る
索引-H-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 11:39| Comment(8) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
浜田英夫さん

戦績に関しては1971年版ボクシング年鑑に従いました。
また、試合日付の不明なものに関しては最上位に記載しております。

参考とした資料に関しては誤植の可能性もあり得ます。
今後入手する別資料から山下 達人戦の日付などはっきりしたことが解るかもしれません。
判明したものに関して随時修正していくつもりでいます。

納得いく内容にならずに申し訳ありません。
Posted by せきちゃん@mos at 2020年01月07日 23:05
日本国籍、何故6勝(1KO)7負4分、8Rが最初の欄でしょう?新聞、写真、プログラム、記憶等でわ「8勝(1KO)5負4分」後半の資料等は事務所が火災にあい(平成11年)消滅。でも、母、導師、信者さんが、何試合か観戦してくれているのぜ?まあ良いか?でも訂正出来所は、訂正をお願い致します。このメールで終わりにしたぃと思います。

Posted by 浜田英夫 at 2020年01月07日 11:07
浜田英夫さん

山下 達人のわからなくなっていた1試合は別の相手と戦った試合だったことがわかりました。
その為、山下戦のもう1試合は1971年に行われたとは限らないこととなります。
また、1967/11/28の試合はプロレス&ボクシング も ザ・ボクシング の2誌とも引分けとなっています。
よって、日付のわからない山下戦が浜田さんが勝利した試合と思われます。
従いまして、表記を上記のように変更しました。

問題ありましたら、お知らせください。
Posted by せきちゃん@mos at 2019年12月23日 21:02
浜田英夫さん

遅くなりましたが、先ほど、更新いたしました。
山下 達人の戦績で1戦分、対戦相手が解らなくなっていた試合がありました。
山下戦2戦目がその試合にあたるとすれば1971年に行われたこととなります。
その為、一番下の行に追記いたしました。

問題等ありましたらお知らせください。
Posted by せきちゃん@mos at 2019年12月22日 02:21
浜田英夫さん

教えていただきありがとうございます。
「至急に、訂正願います」とのことですが、少しお時間をいただくことは可能でしょうか。
日付のわからない試合を何行目に掲載するかなど、形式を少し考えさせていただきたいです。
恐れ入りますが、ご了承いただけませんでしょうか。
Posted by せきちゃん@mos at 2019年12月17日 20:31
坂梨戦引き分け。山下戦は、判定。6R戦は、判定。8R戦は引き分けです。1週間位に決まった試合と、思います。余り覚えてないけど、この試合は覚えて増すが、誰か?どこか?覚えてないです。
Posted by 浜田英夫 at 2019年12月17日 18:26
浜田英夫さん

返信遅くなり失礼いたしました。
修正するにあたり、もし判れば、いくつかご教示いただいてもよろしいでしょうか。

坂梨戦は、西日本新人王戦になるかと思いますが、階級は判りますでしょうか。

山下 達人選手とは、2度戦っているということでしょうか。
その場合、対戦した日付(年まで、月まででもかまいません)は判りますでしょうか。
また、勝利した試合は判定でしょうか、KOでしょうか。

資料不足で掲載できていない試合が3試合ほどあるようです。
(1971年版ボクシング年鑑と数字が合いません)

もし判るようなら、この3試合について教えていただくことは可能でしょうか。

もし不明であれば、不明とお答えいただければ結構です。
お手数ですが、よろしくお願いいたします。


Posted by せきちゃん@mos at 2019年12月17日 02:45
追記、訂正願います。坂梨戦は、引き分け。新人王戦の為坂梨の勝利扱いです。山下戦は私の勝ち6R戦の1勝利。8R戦の引き分け、母、嫁、お寺のお導師、信者数名応援に来てた.尚、代戦の為ポスター無し。至急に、訂正願います。尚、不可ならば、全面削除お願い致します。

Posted by 浜田英夫 at 2019年12月14日 20:32
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9447903

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
大村 宗史(Munefumi Omura) by せきちゃん@mos (01/16)
ボクシング 選手名鑑 索引 by せきちゃん@mos (01/16)
大村 宗史(Munefumi Omura) by 大村 (01/13)
大村 宗史(Munefumi Omura) by せきちゃん@mos (01/13)
大村 宗史(Munefumi Omura) by 大村 (01/12)