2016年01月30日

アンドレ・ウォード(Andre Ward)

アンドレ・ウォード(Andre Ward)(米)



本名:不明
生年月日:1984年2月23日
国籍:米
戦績:32戦32勝(16KO)



【獲得タイトル】
2001年度全米選手権ミドル級優勝(アマチュア)
2003年度全米選手権ライトヘビー級優勝(アマチュア)
アテネオリンピックライトヘビー級金メダル(アマチュア)
NABO北米スーパーミドル級王座
NABF北米スーパーミドル級王座
WBOインターナショナルライトヘビー級王座
リングマガジン世界スーパーミドル級王座
スーパーシックスワールドボクシングクラシック優勝
WBA世界スーパーミドル級スーパー王座
第22代WBC世界スーパーミドル級王座
WBC世界スーパーミドル級名誉王座
第9代WBO世界ライトヘビー級王座
WBA世界ライトヘビー級スーパー王座
第19代IBF世界ライトヘビー級王座




【戦歴】
2004/12/18 ○2RTKO クリス・モリナ(米)
2005/02/10 ○6R判定 3-0(60-54、59-55、59-55) ケニー・コスト(米)
2005/04/07 ○3R反則 ロイ・アシュワース(米)
2005/06/18 ○3RTKO ベン・アラゴン(米)
2005/08/18 ○3R棄権 クリストファー・ホルト(米)
2005/10/01 ○1RKO グレン・ラプランテ(米)
2005/11/19 ○6R判定 3-0(59-55、58-56、57-56) ダーネル・ボーン(米)
2006/02/23 ○6R判定 3-0(60-54、60-54、60-54) ケンドール・グールド(米)
2006/04/29 ○6R棄権 アンディ・コール(米)
2006/11/16 ○6R判定 3-0(60-54、60-54、60-54) デレク・ファインドレー(米)
2007/03/29 ○3RTKO フリオ・ジェーン(米)
2007/05/17 ○6RTKO ダフィール・スミス(米)
2007/07/14 ○3RTKO フランシスコ・ディアス(米)
2007/11/16 ○5RTKO ロジャー・カントレル(米)
2008/03/20 ○7RTKO ルビン・ウィリアムス(米)

■NABO北米スーパーミドル級王座決定戦
2008/06/20 ○8RTKO ジェルソン・ラベロ(ドミニカ共和国)
※NABO北米スーパーミドル級王座獲得

2008/12/13 ○3RTKO エステバン・カマウ(メキシコ)

■NABO北米スーパーミドル級タイトルマッチ/NABF北米スーパーミドル級王座決定戦
2009/02/06 ○12R判定 3-0(120-108、120-108、120-108) ヘンリー・ブキャナン(米)
※NABO北米スーパーミドル級王座防衛@
※NABF北米スーパーミドル級王座獲得

■NABO/NABF北米スーパーミドル級タイトルマッチ
2009/05/16 ○12R判定 3-0(119-109、116-112、119-109) エディソン・ミランダ(コロンビア)
※NABO北米スーパーミドル級王座防衛A(のちに返上)
※NABF北米スーパーミドル級王座防衛@(のちに返上)

2009/09/12 ○3RKO シェルビー・パドウェル(米)

■WBA世界スーパーミドル級スーパータイトルマッチ
2009/11/21 ○11R負傷判定 (97-93、98-92、98-92) ミッケル・ケスラー(デンマーク)
※WBA世界スーパーミドル級スーパー王座獲得

■WBA世界スーパーミドル級スーパータイトルマッチ
2010/06/19 ○12R判定 3-0(120-108、120-108、120-108) アラン・グリーン(米)
※WBA世界スーパーミドル級スーパー王座防衛@

■WBA世界スーパーミドル級スーパータイトルマッチ
2010/11/27 ○12R判定 3-0(120-108、118-110、118-110) サキオ・ビカ(豪)
※WBA世界スーパーミドル級スーパー王座防衛A

■WBA世界スーパーミドル級スーパータイトルマッチ
2011/05/14 ○12R判定 3-0(120-108、118-110、118-111) アルツール・アブラハム(アルメニア)
※WBA世界スーパーミドル級スーパー王座防衛B

■WBAスーパー/WBC世界スーパーミドル級王座決定戦/スーパーシックスワールドボクシングクラシック決勝
2011/12/17 ○12R判定 3-0(115-113、118-110、115-113) カール・フローチ(英)
※WBA世界スーパーミドル級スーパー王座防衛C
※WBC世界スーパーミドル級王座獲得
※リングマガジンスーパーミドル級王座認定(のちに剥奪)
※スーパーシックスワールドボクシングクラシック優勝

■WBAスーパー/WBC世界スーパーミドル級タイトルマッチ
2012/09/08 ○10RTKO チャド・ドーソン(米)
※WBA世界スーパーミドル級スーパー王座防衛D
※WBC世界スーパーミドル級王座防衛@(のちに返上)

■WBA世界スーパーミドル級スーパータイトルマッチ
2013/11/16 ○12R判定 3-0(118-106、117-107、116-108) エドウィン・ロドリゲス(ドミニカ共和国)
※WBA世界スーパーミドル級スーパー王座防衛E(のちに返上)

2015/06/20 ○9RTKO ポール・スミス(英)
2016/03/26 ○12R判定 3-0(117-109、119-107、117-109) スリバン・バレラ(キューバ)

■WBOインターナショナルライトヘビー級王座決定戦
2016/08/06 ○12R判定 3-0(120-108、120-108、120-108) アレクサンデル・ブランド(コロンビア)
※WBOインターナショナルライトヘビー級王座獲得(のちに返上)

■WBO/WBAスーパー/IBF世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2016/11/19 ○12R判定 3-0(114-113、114-113、114-113) セルゲイ・コバレフ(ロシア)
※WBA世界ライトヘビー級スーパー王座獲得
※WBO世界ライトヘビー級王座獲得
※IBF世界ライトヘビー級王座獲得

■WBO/WBAスーパー/IBF世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2017/06/17 ○8RTKO セルゲイ・コバレフ(ロシア)
※WBA世界ライトヘビー級スーパー王座防衛@(のちに返上)
※WBO世界ライトヘビー級王座防衛@(のちに返上)
※IBF世界ライトヘビー級王座防衛@(のちに返上)



【補足情報】
・スーパーシックスワールドボクシングクラシックはミッケル・ケスラー戦、アラン・グリーン戦が
 グループステージ、アルツール・アブラハム戦が準決勝として開催されている。
・ウォードの肩の負傷に伴い、WBCはウォードを名誉王者認定したが、規定期間中に防衛戦を
 行うつもりだったウォードはWBCへの抗議の意思表示として名誉王座を返上した。
・グーセン・チューター・プロモーションズからプロデビューするも、のちに契約問題で
 訴訟に発展。エドウィン・ロドリゲス戦以降1年半以上のブランクを作ったがその後和解し、
 ロック・ネイション・スポーツと契約した。
・エドウィン・ロドリゲス戦、ポール・スミス戦ではいずれも相手側に体重超過があった。
・セルゲイ・コバレフ2戦目後に、自身のWebサイトで引退を表明。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-あ-に戻る
索引-A-に戻る





【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4678706

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
安田 正七(Shoshichi Yasuda) by せきちゃん@mos (02/23)
安田 正七(Shoshichi Yasuda) by もなかひめ (02/22)
阿久井 一彦(Kazuhiko Akui) by みるる (02/22)
斉藤 司(Tsukasa Saito) by せきちゃん@mos (02/20)
小山内 幹(Motoki Osanai) by せきちゃん@mos (02/20)