2019年11月11日

前田 宏行(Hiroyuki Maeda)

前田 宏行(Hiroyuki Maeda)(角海老宝石)



本名:前田 宏行
生年月日:1972年2月10日
国籍:日本
戦績:39戦29勝(18KO)8敗2分



【獲得タイトル】
第45代日本ライト級王座
第27代日本スーパーライト級王座
第42代日本ウェルター級王座



【戦歴】
1991/07/15 ○3RKO 井幕 浩二(大川)
1991/10/28 ○1RKO 田中 宏冶(協栄)
1992/05/09 ○1RKO 鈴木 秀臣(新和川上)
1992/06/15 ○4R判定 (採点不明) 千島 広明(ジャパンS)
1992/08/04 ○4R判定 (採点不明) 岩元 洋一(不二)

■1992年度東日本級新人王予選
1992/10/01 ●3RKO 中山 弘至(ヨネクラ)
※東日本新人王敗退

1993/01/09 ○1RKO 大野 敏(トクホン真闘)
1993/07/19 ●6R判定 0-3(56-57、56-57、55-57) 西田 裕(稲毛)
1993/10/07 ○8R判定 2-0(78-77、78-77、77-77) 蓮池 光晴(高村)
1994/02/05 ○8RTKO チュ・ヒョング(韓)
1994/06/21 ○9RTKO ジェリー・ カルボニーリャ(比)

■日本ライト級タイトルマッチ
1994/10/01 ○10R判定 3-0(98-95、98-94、99-93) 山内 満(クラトキ)
※日本ライト級王座獲得

■日本ライト級タイトルマッチ
1995/01/07 ●10R判定 0-2(96-99、98-98、95-100) リック 吉村(石川)
※日本ライト級王座陥落

1995/06/19 ○10RKO 岡部 誠(協栄)

■日本ライト級タイトルマッチ
1995/09/18 ●10R判定 0-3(95-100、93-100、97-99) リック 吉村(石川)
※日本ライト級王座獲得失敗

1996/04/06 △10R判定 1-1(98-98、96-98、97-96) 諸岡 正明(協栄)
1996/06/01 ○6R判定 3-0(60-56、60-56、60-55) 松島 健二(角海老宝石勝又)
1996/08/19 ○9RTKO 笠木 康人(ワタナベ)
1997/06/16 ●10R判定 0-2(97-97、95-99、94-99) 武田 正幸(オークラ)
1997/08/01 ○6RTKO ジョンジョン・パクイン(比)
1997/11/01 ○10R判定 3-0(98-95、98-95、98-96) テオフィロ・トゥニャカオ(比)
1998/02/09 △10R判定 1-1(96-97、97-96、96-96) 小野 淳一(新日本木村)
1998/07/20 ○4RTKO 武田 正幸(オークラ)
1998/12/05 ○1RTKO 前 博志(広島)
1999/04/12 ●10R判定 1-2(96-97、96-97、97-96) 小野 淳一(新日本木村)
1999/07/09 ○7RTKO 東 悟(沖縄)
1999/12/04 ○10R判定 2-0(97-97、98-96、97-96) 橋本 照裕匡(八尾)

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2000/04/02 ○10R判定 2-0(96-96、97-96、97-95) 小野 淳一(新日本木村)
※日本スーパーライト級王座獲得

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2000/08/05 ○10R判定 2-1(96-97、99-93、97-96) 川島 辰久(三迫)
※日本スーパーライト級王座防衛@

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2001/01/06 ○7RKO 小暮 飛鴻(八王子中屋)
※日本スーパーライト級王座防衛A

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2001/04/07 ○1RKO 大野 重行(進光)
※日本スーパーライト級王座防衛B

■日本スーパーライト級タイトルマッチ
2001/08/04 ○10R判定 3-0(96-94、96-95、95-93) 田中 光吉(沖)
※日本スーパーライト級王座防衛C(のちに返上)

■日本ウェルター級タイトルマッチ
2002/06/18 ●10R判定 1-2(96-95、95-98、95-97) 永瀬 輝男(ヨネクラ)
※日本ウェルター級王座獲得失敗

2002/10/05 ○6RKO 大尾 宏樹(関博之)
2003/05/03 ○2RKO ノックウィット・シンマナサック(タイ)

■日本ウェルター級暫定王座決定戦
2003/12/20 ○1RKO 相原 一隆(山上)
※日本ウェルター級暫定王座獲得

■日本ウェルター級王座統一戦
2004/04/17 ○10R判定 3-0(99-90、99-92、98-93) 小林 秀一(レパード玉熊)
※日本ウェルター級王座獲得・防衛@(のちに返上)

2004/10/16 ○4RTKO イ・チュヨン(韓)

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
2005/04/19 ●2RTKO クレイジー・キム(ヨネクラ)
※日本スーパーウェルター級王座獲得失敗



【補足情報】
・千葉県松戸市出身。
・高卒後池袋でバイト中、小学校以来の幼なじみに誘われ角海老宝石ジムへ入門。
・日本ライト級王座獲得後、減量がきつく何度もジムを逃げ出そうとしては出来ず、
 ボクサーとして生きる「運命」を感じてリング入場曲をベートーベンの「運命」とした。
・ボクシング引退後はK-1に参戦。
・日本王座三階級制覇は史上二人目の達成となった。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-ま-に戻る
索引-H-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9409478

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント