2016年01月22日

ノックアウト・CPフレッシュマート(Thammanoon Niyomtrong)

ノックアウト・CPフレッシュマート(Thammanoon Niyomtrong)(タイ)



本名:サマヌーン・ニヨムトロング
生年月日:1990年9月20日
国籍:タイ
戦績:20戦20勝(7KO)



【獲得タイトル】
WBCミニマム級ユース王座
WBA世界ミニマム級暫定王座
第24代WBA世界ミニマム級王者




【戦歴】
■WBCミニマム級ユース王座決定戦
2012/06/22 ○6R負傷判定 (59-52、59-52、59-52) マルソン・カベラ(比)
※WBCミニマム級ユース王座獲得

■WBCミニマム級ユースタイトルマッチ
2012/12/03 ○3RKO デムシー・マヌフォー(インドネシア)
※WBCミニマム級ユース王座防衛@

■WBCミニマム級ユースタイトルマッチ
2013/04/26 ○5RTKO マーク・アンソニー・フロリダ(比)
※WBCミニマム級ユース王座防衛A

■WBCミニマム級ユースタイトルマッチ
2013/07/10 ○5RTKO ビムボ・ナシオナレス(比)
※WBCミニマム級ユース王座防衛B

■WBCミニマム級ユースタイトルマッチ
2014/01/31 ○10R判定 3-0(96-94、96-94、97-93) アミット・パンガル(インド)
※WBCミニマム級ユース王座防衛C

■WBCミニマム級ユースタイトルマッチ
2014/03/28 ○10R判定 3-0(98-89、96-91、96-91) ジョナサン・レフジョ(比)
※WBCミニマム級ユース王座防衛D

■WBCミニマム級ユースタイトルマッチ
2014/06/10 ○5RKO サンディープ(インド)
※WBCミニマム級ユース王座防衛E

■WBCミニマム級ユースタイトルマッチ
2014/07/25 ○5RTKO クリス・アルファンテ(比)
※WBCミニマム級ユース王座防衛F

■WBA世界ミニマム級暫定王座決定戦
2014/10/01 ○12R判定 3-0(115-113、115-113、115-113) カルロス・ブイトラゴ(ニカラグア)
※WBA世界ミニマム級暫定王座獲得

■WBA世界ミニマム級暫定タイトルマッチ
2015/03/05 ○12R判定 3-0(119-111、117-112、119-109) モハメド・ラクマン(インドネシア)
※WBA世界ミニマム級暫定王座防衛@

■WBA世界ミニマム級暫定タイトルマッチ
2015/07/02 ○4RTKO アレクシス・ディアス(ベネズエラ)
※WBA世界ミニマム級暫定王座防衛A

■WBA世界ミニマム級暫定タイトルマッチ
2016/02/04 ○12R判定 3-0(119-109、117-111、117-111) カルロス・ブイトラゴ(ニカラグア)
※WBA世界ミニマム級暫定王座防衛B

■WBA世界ミニマム級王座統一戦
2016/06/29 ○12R判定 3-0(115-113、115-113、115-113) バイロン・ロハス(ニカラグア)
※WBA世界ミニマム級王座獲得・防衛C

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
2016/12/14 ○12R判定 3-0(118-109、118-110、117-111) 小野 心(ワタナベ)
※WBA世界ミニマム級王座防衛D

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
2017/03/01 ○5RKO 大平 剛(花形)
※WBA世界ミニマム級王座防衛E

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
2017/07/15 ○12R判定 3-0(117-110、115-113、117-110) レイ・ロレト(比)
※WBA世界ミニマム級王座防衛F

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
2018/03/06 ○12R判定 3-0(119-110、115-113、117-111) ロベルト・ランデロ(比)
※WBA世界ミニマム級王座防衛G

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
2018/07/27 ○12R判定 3-0(118-110、118-110、116-112) ション・チャオツォン(中)
※WBA世界ミニマム級王座防衛H

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
2018/11/28 ○12R判定 3-0(117-111、116-112、115-113) バイロン・ロハス(ニカラグア)
※WBA世界ミニマム級王座防衛I

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
2019/08/02 ○8R負傷判定 3-0(78-74、77-75、79-73) アルアル・アンダレス(比)
※WBA世界ミニマム級王座防衛J



【補足情報】
・ タイ-スリン県ムアンスリン郡出身。同地を拠点に活動。
・ デビュー戦でWBCミニマム級ユース王座を獲得している。
・ WBA世界ミニマム級暫定王座決定戦は、暫定王者だったエッキ・バドラー(南ア)の正規認定に伴うもの。
・ WBA世界ミニマム級王座統一戦ではスーパー王者のバイロン・ロハスに勝利したが
 正規王者に据え置かれた。この時期、WBAがスーパー王座、正規王座、暫定王座の統一を
 目指したことに伴い、スーパー王座獲得には実績面が考慮されることになったことが要因と見られる。
・2017/12/15にWBA世界ミニマム級タイトルマッチとしてロベルト・ランデロと対戦する予定だったが
 延期され、2018/03/06に対戦している。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-の-に戻る
索引-T-に戻る





【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4649158

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
安田 正七(Shoshichi Yasuda) by せきちゃん@mos (02/23)
安田 正七(Shoshichi Yasuda) by もなかひめ (02/22)
阿久井 一彦(Kazuhiko Akui) by みるる (02/22)
斉藤 司(Tsukasa Saito) by せきちゃん@mos (02/20)
小山内 幹(Motoki Osanai) by せきちゃん@mos (02/20)