2019年08月23日

古橋 岳也(Gakuya Furuhashi)

古橋 岳也(Gakuya Furuhashi)(川崎新田)



本名:古橋 大輔
生年月日:1987年10月15日
国籍:日本
戦績:35戦26勝(14KO)8敗1分



【獲得タイトル】
2008年度全日本バンタム級新人王
2019年度日本スーパーバンタム級最強挑戦者
OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級シルバー王座



【戦歴】
2007/04/17 ○2RTKO 森 拓平(新田)
2007/11/01 ○4R判定 3-0(39-37、39-37、39-38) 菅沼 裕太(横浜さくら)
2008/03/31 ○4R判定 3-0(39-37、39-37、39-38) 笠原 健人(ワタナベ)
2008/05/16 ○4R判定 3-0(39-37、39-38、39-38) 中島 聖規(マナベ)
2008/08/04 ○4R判定 3-0(39-38、39-38、39-38) 和氣 年邦(M.T)
2008/09/25 ○4R判定 3-0(39-37、39-37、39-38) 河端 智之(ワタナベ)
2008/11/02 ○5R判定 3-0(49-46、49-47、48-47) 片桐 秋彦(新田)

■2008年度全日本バンタム級新人王決定戦
2008/12/21 ○5R判定 3-0(48-46、48-47、48-47) 越智 大輔(ビッグアーム)
※全日本新人王獲得

2009/04/07 ●8R判定 1-2(75-77、76-77、77-76) 立木 正祥(花形)
2009/07/15 ○5RTKO 北村 ダビデ(E&Jカシアス)
2009/11/17 ○8R判定 3-0(78-77、77-76、77-76) 若生 然太(輪島功一S)
2010/04/26 ●8R判定 0-3(76-77、74-76、74-76) 太田 ユージ(ヨネクラ)
2011/06/17 ●8R判定 1-2(74-78、76-77、77-76) 船井 龍一(ワタナベ)
2011/08/16 ○1RKO 土居 コロニータ(ヨネクラ)
2011/11/23 ○6R負傷判定 2-0(59-56、59-56、58-58) 斉藤 修司(高崎)
2012/03/12 ●8R判定 0-3(72-79、73-78、75-77) コーチ 義人(角海老宝石)
2012/07/10 ○7RTKO 星野 晃規(M.T)
2012/09/26 ●8R判定 0-2(75-77、76-77、77-77) 長井 一(ワタナベ)
2013/06/24 ○7RTKO 鈴木 徹(大橋)
2013/10/22 ○2RTKO 守崎 将己(石丸)
2014/04/10 ○8R判定 3-0(79-74、77-75、77-75) 中野 敬太(KG大和)
2014/11/18 ○1RKO ウォラウット・オースポットジム(タイ)

■日本スーパーバンタム級タイトルマッチ
2015/04/30 △10R判定 0-1(95-95、95-95、94-96) 小國 以載(角海老宝石)
※日本スーパーバンタム級王座獲得失敗

2015/08/07 ●8R判定 0-3(75-77、76-77、75-76) 石本 康隆(帝拳)
2016/03/06 ●8R判定 0-3(75-77、76-77、76-77) 渡部 大介(ワタナベ)
2016/06/07 ○8RTKO 鈴木 鹿平(E&Jカシアス)

■日本スーパーバンタム級タイトルマッチ
2016/10/01 ●10RTKO 石本 康隆(帝拳)
※日本スーパーバンタム級王座獲得失敗

2017/05/01 ○3RKO 本田 正二郎(TEAM 10COUNT)
2017/09/22 ○8R判定 3-0(80-72、79-74、79-73) 高林 良幸(RK蒲田)
2018/03/03 ○6RTKO 掃部 真志(ワールドS)
2018/07/12 ○7RTKO 相川 学己(三迫)
2018/10/22 ○4RTKO 上野 太一(石川ジム立川)

■OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級シルバー王座決定戦
2018/12/09 ○3RTKO ユッティチャイ・ワンナウォン(タイ)
※OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級シルバー王座獲得

2019/05/19 ○8RTKO 堀池 雄大(帝拳)

■2019年度日本スーパーバンタム級最強挑戦者決定戦
2019/09/13 ○8R判定 3-0(77-76、77-75、78-75) 田村 亮一(JBスポーツ)
※日本スーパーバンタム級挑戦権獲得



【補足情報】
・神奈川県出身。
・新田ジムよりデビュー、太田 ユージ戦よりジム名称が川崎新田ジムに変わっている。
・本名でデビューし、ウォラウット・オースポットジム戦よりリングネームを古橋 岳也とした。
・全日本新人王獲得時には技能賞を受賞。
・2014年7月18日には日本スーパーバンタム級タイトルマッチとして大竹 秀典(金子)
 対戦する予定だったが、大竹の棄権により流れている。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-ふ-に戻る
索引-G-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9110892

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント