2019年06月01日

エステバン・デ・ヘスス(Esteban De Jesus)

エステバン・デ・ヘスス(Esteban De Jesus)(プエルトリコ)



本名:エステバン・デ・ヘスス
生年月日:1951年8月2日
国籍:プエルトリコ
戦績:62戦57勝(32KO)5敗



【獲得タイトル】
プエルトリコライト級王座
NABF北米ライト級王座
第13代WBC世界ライト級王座



【戦歴】
1969/07/19 ○4RTKO ブラウリオ・ロドリゲス(ドミニカ共和国)
1969/08/02 ○3RKO フランシスコ・マルドナド(プエルトリコ)
1969/08/23 ○6R判定 3-0(採点不明) ジョニー・サンドバル(プエルトリコ)
1969/09/27 ○1RTKO ラモン・モンテ(プエルトリコ)
1969/10/18 ○2RTKO トミー・シェフィールド(米)
1969/11/22 ○5RKO イベロー・イーストマン(ガイアナ)
1970/01/24 ○2RTKO ラモン・ドミンゲス(ベネズエラ)
1970/02/14 ○3RTKO チノ・ゲレーロ(ドミニカ共和国)
1970/02/28 ○8RTKO ブラウリオ・ロドリゲス(ドミニカ共和国)
1970/03/28 ○1RTKO ボビー・パーネル(米)
1970/04/30 ○10R判定 (採点不明) ホセ・ヒメネス(ドミニカ共和国)
1970/05/02 ○2RKO アイク・エストラーダ(プエルトリコ)
1970/05/20 ○2RKO カバーリー・キッド・ダニエルズ(セントクリストファー・ネービス)
1970/07/30 ○5RTKO ホセ・ヒメネス(ドミニカ共和国)
1970/08/22 ○10R判定 3-0(採点不明) ジョニー・サンドバル(プエルトリコ)
1970/10/24 ○7RKO ホセ・リャノス(プエルトリコ)
1971/02/27 ●10R判定 0-3(採点不明) アントニオ・ゴメス(ベネズエラ)
1971/04/24 ○10R判定 3-0(採点不明) グスタボ・ブリセノ(ベネズエラ)
1971/05/03 ○10R判定 3-0(採点不明) レオネル・エルナンデス(ベネズエラ)
1971/06/05 ○6RTKO アルマンド・メンドサ(ベネズエラ)

■プエルトリコライト級タイトルマッチ
1971/07/24 ○12R判定 (採点不明) ホスエ・マルケス(プエルトリコ)
※プエルトリコライト級王座獲得

1971/08/07 ○5RTKO ビクター・オルティス(プエルトリコ)

■プエルトリコライト級タイトルマッチ
1971/09/04 ○12R判定 3-0(採点不明) ホスエ・マルケス(プエルトリコ)
※プエルトリコライト級王座防衛@

1971/10/30 ○5RKO フランク・レロイ(ベネズエラ)
1971/11/19 ○10R判定 3-0(採点不明) ジョニー・ハープ(プエルトリコ)
1971/11/30 ○5RKO ミルトン・メンデス(コロンビア)
1972/02/18 ○10R判定 3-0(採点不明) パーシー・ヘイルズ(ジャマイカ)
1972/04/10 ○8RTKO ジョージ・フォスター(米)

■プエルトリコライト級タイトルマッチ
1972/05/01 ○12RTKO ホスエ・マルケス(プエルトリコ)
※プエルトリコライト級王座防衛A(のちに返上)

1972/07/08 ○10R判定 (採点不明) アンヘル・ロビンソン・ガルシア(キューバ)
1972/07/28 ○10R判定 3-0(8-2、9-1、7-3) チャック・ウィルバーン(米)
1972/09/18 ○10R判定 (採点不明) ライムンド・ディアス(ブラジル)
1972/10/30 ○10R判定 (採点不明) ドク・マクレンドン(米)
1972/11/17 ○10R判定 3-0(5-4、6-3、6-2) ロベルト・デュラン(パナマ)

■NABF北米ライト級王座決定戦
1973/02/16 ○12R判定 3-0(採点不明) レイ・ランプキン(米)
※NABF北米ライト級王座獲得

1973/04/16 ○10R判定 3-0(採点不明) ジョニー・ガント(米)
1973/05/21 ○10R判定 (採点不明) ラウル・モントーヤ(メキシコ)

■NABF北米ライト級タイトルマッチ
1973/07/14 ○12R判定 3-0(10-2、6-5、8-3) レイ・ランプキン(米)
※NABF北米ライト級王座防衛@(のちに返上)

1973/09/08 ○1RKO ラダメス・チェコ(ドミニカ共和国)
1973/10/29 ○10R判定 (採点不明) ミゲル・マヤ(米)
1973/11/22 ○1RKO アル・フォスター(米)
1974/01/07 ○10RKO アルフォンソ・フラセル(パナマ)

■WBA世界ライト級タイトルマッチ
1974/03/16 ●11RKO ロベルト・デュラン(パナマ)
※WBA世界ライト級王座獲得失敗

1974/06/10 ○5RTKO ヘラルド・フェラト(メキシコ)
1974/09/02 ○10R判定 (採点不明) ハビエル・アヤラ(メキシコ)
1975/03/15 ○3RKO ジェシー・ララ(米)

■WBA世界スーパーライト級タイトルマッチ
1975/05/17 ●15R判定 0-3(135-148、138-147、136-148) アントニオ・セルバンテス(コロンビア)
※WBA世界スーパーライト級王座獲得失敗

1975/10/11 ○5RTKO ルディ・バロ(比)
1976/03/06 ○2RTKO バレンテ・ラモス(メキシコ)

■WBC世界ライト級タイトルマッチ
1976/05/08 ○15R判定 3-0(149-139、150-135、150-137) ガッツ 石松(ヨネクラ)
※WBC世界ライト級王座獲得

■WBC世界ライト級タイトルマッチ
1976/09/10 ○7RKO エクトル・フリオ・メディナ(ドミニカ共和国)
※WBC世界ライト級王座防衛@

■WBC世界ライト級タイトルマッチ
1977/02/12 ○6RTKO バズソー 山辺(船橋)
※WBC世界ライト級王座防衛A

■WBC世界ライト級タイトルマッチ
1977/06/25 ○11RKO ビセンテ・ミハレス(メキシコ)
※WBC世界ライト級王座防衛B

1977/09/10 ○10R判定 (採点不明) ジェームズ・ブラケット(米)

■WBA/WBC世界ライト級王座統一戦
1978/01/21 ●12RTKO ロベルト・デュラン(パナマ)
※WBA世界ライト級王座獲得失敗
※WBC世界ライト級王座陥落

1978/06/03 ○3RTKO パブロ・バエス(ドミニカ共和国)
1978/07/08 ○2RTKO チューチュ・エルナンデス(ベネズエラ)
1978/10/27 ○10R判定 2-1(3-7、6-4、5-4) エドウィン・ビルエット(プエルトリコ)
1979/10/04 ○10R判定 3-0(10-0、8-2、7-2) ジミー・ブレビンズ(米)
1979/11/09 ○10R判定 3-0(7-2、9-1、8-1) ルビー・オルティス(プエルトリコ)
1980/05/10 ○7RKO ホセ・バジェホ(ドミニカ共和国)

■WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
1980/07/07 ●13RTKO ソウル・マンビー(米)
※WBC世界スーパーライト級王座獲得失敗



【補足情報】
・プエルトリコ-カロライナ出身。
・ボクシングを始めた当初からコカインとヘロインを使っていた。
・1980年にコカインを摂取後、交通トラブルとなった18歳の少年を撃ち殺し、
 殺人罪で終身刑を宣告された。
・服役中に兄のエンリケがエイズで死亡。コカインを使用する際に注射針を共有したことが
 あったため、刑務所内でエイズ検査を受けたところ陽性が判明した。この件がプエルトリコ国内で
 注目を集め、当時の知事により、恩赦を受けるが、1か月後の1989年5月12日、逝去した。
・ロベルト・デュランに初黒星を与えた選手として名を残す。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-え-に戻る
索引-E-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8815317

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
會津 タツヤ(Tatsuya Aizu) by 中谷潤人に期待 (09/25)
肥沼 雄一(Yuichi Koinuma) by せきちゃん@mos (09/25)
江藤 義昭(Yoshiaki Eto) by せきちゃん@mos (09/25)
江藤 義昭(Yoshiaki Eto) by 服部健二 (09/23)
江藤 義昭(Yoshiaki Eto) by 服部健二 (09/23)