2015年10月06日

ション・チャオツォン(Chaozhong Xiong)

ション・チャオツォン(Chaozhong Xiong)(中)



本名:ション・チャオツォン
生年月日:1982年10月3日
国籍:中
戦績:36戦27勝(14KO)8敗1分



【獲得タイトル】
WBCアジア(ABCO)フライ級王座
WBCアジア(ABCO)ライトフライ級王座
IBF環太平洋地域ライトフライ級王座
WBCアジア(ABCO)ライトフライ級暫定王座
WBC中華地域ライトフライ級王座
WBCライトフライ級シルバー王座
WBCインターナショナルミニマム級王座
WBAインターナショナルミニマム級王座
第18代OPBF東洋太平洋ミニマム級王座
第14代WBC世界ミニマム級王座



【戦歴】
2006/08/15 △4R判定 (採点不明) フォン・ユイリン(中)
2006/12/21 ○4R判定 2-0(採点不明) ジョア・ジャンロン(中)
2007/01/26 ○2RTKO ジョア・ジャンロン(中)
2007/03/24 ○4R判定 3-0(採点不明) ユイ・ワンシン(中)
2007/04/21 ○6RTKO ジョア・ジャンロン(中)
2007/06/08 ○2RKO イン・バイジュ(中)
2007/07/14 ○5RKO フォン・ジョーハイ(中)
2007/08/25 ○2RKO リー・ビン(中)
2007/10/09 ○6R判定 3-0(60-53、59-54、58-55) ナムチャイ・キャットパイボーン(タイ)
2007/12/01 ○1RKO ウェイ・リングオ(中)

■WBCアジア(ABCO)フライ級王座決定戦
2008/03/21 ○1RKO ナムチャイ・タクシンイサーン(タイ)
※WBCアジア(ABCO)フライ級王座獲得

2008/07/26 ○7RTKO チャオ・ヤーン(中)

■WBCアジア(ABCO)フライ級タイトルマッチ
2008/11/06 ●12R判定 0-3(114-116、115-118、110-117) ジュリウス・アルコス(比)
※WBCアジア(ABCO)フライ級王座陥落

2008/12/17 ○8R判定 3-0(採点不明) キョウ・チョウカン(中)

■WBC世界フライ級タイトルマッチ
2009/05/26 ●12R判定 0-3(110-114、111-114、111-113) 内藤 大助(宮田)
※WBC世界フライ級王座獲得失敗

2009/07/07 ●10R判定 0-3(93-99、93-98、94-96) 粉川 拓也(宮田)

■WBCアジア(ABCO)ライトフライ級王座決定戦
2010/01/24 ○3RKO ヒーロー・パタナカーンジム(タイ)
※WBCアジア(ABCO)ライトフライ級王座獲得

■WBCアジア(ABCO)ライトフライ級タイトルマッチ
2010/07/09 ○10R判定 3-0(98-94、98-93、96-94) 佐藤 靖明(西遠)
※WBCアジア(ABCO)ライトフライ級王座防衛(のちに返上)

■IBF環太平洋地域ライトフライ級王座決定戦/WBCアジア(ABCO)ライトフライ級暫定王座決定戦
2010/12/18 ○4RKO ポンパン・パタナカーンジム(タイ)
※IBF環太平洋地域ライトフライ級王座獲得(のちに返上)
※WBCアジア(ABCO)ライトフライ級暫定王座獲得

■WBCアジア(ABCO)ライトフライ級暫定タイトルマッチ
2011/06/27 ○12R判定 3-0(115-111、116-112、111-116) ロデル・テハレス(比)
※WBCアジア(ABCO)ライトフライ級暫定王座防衛@(のちに返上)

■WBC中華地域ライトフライ級王座決定戦
2011/11/19 ○12R判定 3-0(119-117、118-109、119-108) 飯田 大介(三津山)
※WBC中華地域ライトフライ級王座獲得(のちに返上)

2012/03/25 ○4RKO リー・グイホン(中)
2012/04/22 ●8R判定 0-3(75-77、76-77、76-77) 小野 心(ワタナベ)

■WBCライトフライ級シルバー王座決定戦
2012/06/16 ○12R判定 3-0(115-112、115-112、114-103) オスワルド・ラソン(メキシコ)
※WBCライトフライ級シルバー王座獲得(のちに返上)

■WBC世界ミニマム級王座決定戦
2012/11/25 ○12R判定 3-0(116-114、116-112、119-110) ハビエル・マルティネス(メキシコ)
※WBC世界ミニマム級王座獲得

■WBC世界ミニマム級タイトルマッチ
2013/06/28 ○12R判定 2-0(113-113、115-112、113-110) デンバー・クエリョ(比)
※WBC世界ミニマム級王座防衛@

■WBC世界ミニマム級タイトルマッチ
2013/11/30 ○5RTKO ルークラック・キアットマンミー(タイ)
※WBC世界ミニマム級王座防衛A

■WBC世界ミニマム級タイトルマッチ
2014/02/05 ●5RTKO オスワルド・ノボア(メキシコ)
※WBC世界ミニマム級王座陥落

2014/05/16 ○5RTKO ロイロ・ゴレス(比)
2014/07/25 ○9R棄権 ジャック・アミサ(インドネシア)

■WBA/IBO世界ミニマム級タイトルマッチ
2014/10/25 ●12R判定 0-3(112-114、112-114、108-118) エッキー・バドラー(南ア)
※WBA世界ミニマム級王座獲得失敗
※IBO世界ミニマム級王座獲得失敗

■WBCインターナショナルミニマム級王座決定戦
2015/02/22 ○10R判定 3-0(97-93、98-92、98-94) 山本 浩也(全日本パブリック)
※WBCインターナショナルミニマム級王座獲得

■WBCインターナショナルミニマム級タイトルマッチ/OPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦
2015/09/18 ○10R判定 3-0(99-91、98-92、97-93) クリソン・オマヤオ(比)
※WBCインターナショナルミニマム級王座防衛@
※OPBF東洋太平洋ミニマム級王座獲得

■IBF世界ミニマム級挑戦者決定戦
2016/05/25 ●12R判定 1-2(113-114、113-114、116-111) ホセ・ヒメネス(コロンビア)
※IBF世界ミニマム級挑戦権獲得失敗

■WBAインターナショナルミニマム級王座決定戦
2017/10/03 ○12R判定 2-0(115-113、116-112、114-114) ペッマニー・CPフレッシュマート(タイ)
※WBAインターナショナルミニマム級王座獲得

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
2018/07/27 ●12R判定 0-3(110-118、110-118、112-116) ノックアウト・CPフレッシュマート(タイ)
※WBA世界ミニマム級王座獲得失敗



【補足情報】
・中国の少数民族であるモン族の農家に生まれた。
・中国人で初めて世界4大タイトルを獲得した選手となる。
・WBCアジア(ABCO)の2012年度年間最優秀選手賞を受賞している。
・世界初挑戦の内藤大助戦は上海で開催の予定だったが、直前に東京のディファ有明に変更された。
・媒体によってはユウ・チョウチュウと表記されることもある。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-し-に戻る
索引-C-に戻る


【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4255176

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
平山 武章(Takeaki Hirayama) by せきちゃん@mos (11/25)
竹内 竜介(Ryusuke Takeuchi) by chamuyo (11/24)
ホエル・カサマヨール(Joel Casamayor) by せきちゃん@mos (11/24)
瀬川 設男(Setsuo Segawa) by せきちゃん@mos (11/24)
安藤 有輝(Yuki Ando) by せきちゃん@mos (11/24)