2015年12月25日

柴田 国明(Kuniaki Shibata)

柴田 国明(Kuniaki Shibata)(ヨネクラ)



本名:柴田 国明
生年月日:1947年3月29日
国籍:日本
戦績:56戦47勝(25KO)6敗3分



【獲得タイトル】
1965年度全日本スーパーバンタム級新人王
第15代日本フェザー級王座
第8代WBC世界フェザー級王座
第6代WBA世界スーパーフェザー級王座
第7代WBC世界スーパーフェザー級王座




【戦歴】
1965/03/06 ○1RKO 飯塚 征一(日東)
1965/04/05 ○1RKO 吉野 均(ボーリング)
1965/07/28 ○1RKO 杉本 則男(京浜)
1965/09/02 ○4R判定 (採点不明) 宮崎 勝(三迫)
1965/09/27 ○1RKO 横山 義信(三鷹)
1965/11/01 ○4R判定 (採点不明) 野尻 俊彦(日東)

■1965年度東日本スーパーバンタム級新人王決勝
1965/12/20 ○1RKO 鈴木 隆男(新和)
※東日本新人王獲得

■1965年度全日本スーパーバンタム級新人王決定戦
1966/01/31 ○5RKO 徳留 正親(ピロン)
※全日本新人王獲得

1966/10/23 ○6RKO 郡司 厚(AO)
1966/12/11 ○2RKO 布施 憲二(中日)
1967/01/15 ○10R判定 (採点不明) アルバート・レイス(比)
1967/02/12 ○4RKO 宮田 博司(疋田)
1967/03/05 ○10R判定 3-0(48-47、48-46、48-47) キム・ヒョン(韓)
1967/07/05 ○1RKO 青木 勝利(三鷹)
1967/08/09 ○5RKO ロバート・アンドラーデ(比)
1967/09/20 ○10R判定 3-0(48-46、48-46、50-46) ロイ・アモロング(比)
1967/11/15 ○9R棄権 ユン・チャンス(韓)
1967/12/05 ○2RKO イ・ジョンボク(韓)
1967/12/27 ○2RKO クォン・スボク(韓)
1968/01/31 ○5RKO タイニー・パラシオ(比)
1968/03/01 ○10R判定 (採点不明) ラミロ・ニーデス(メキシコ)
1968/03/27 ●7RKO ドワイト・ホーキンス(米)
1968/07/03 ○10R判定 3-0(50-41、50-41、50-39) ベト・マルドナド(メキシコ)
1968/08/14 △3R負傷引分 メリケン 森(神戸)
1968/10/23 ○10R判定 3-0(50-41、50-42、50-44) オーランド・メディナ(比)

■OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ
1969/01/15 ●6RKO ハーバート・カン(韓)
※OPBF東洋太平洋フェザー級王座獲得失敗

1969/03/24 ○10R判定 (採点不明) 池田 耕二(ベアー)
1969/04/28 ○1RKO キッド・バリオス(比)
1969/06/11 ○8RKO 安藤 吉夫(パルン)
1969/09/10 ○9RKO フェルナンド・ソテロ(メキシコ)
1969/10/22 ○3RKO フラッシュ・ベサンデ(比)
1970/02/04 ○10R判定 3-0(50-42、50-42、50-44) フェリペ・トーレス(メキシコ)

■日本フェザー級王座決定戦
1970/04/15 ○10RKO 桜井 保男(協栄)
※日本フェザー級王座獲得

1970/07/08 △10R判定 1-0(46-46、48-46、47-47) ホセ・アコスタ(ベネズエラ)
1970/09/09 ○10R判定 3-0(50-45、50-45、50-43) キム・ヒョン(韓)

■WBC世界フェザー級タイトルマッチ
1970/12/11 ○12R棄権 ビセンテ・サルディバル(メキシコ)
※WBC世界フェザー級王座獲得

1971/03/07 ○10R判定 3-0(50-43、50-40、50-43) ビセンテ・ガルシア(メキシコ)

■WBC世界フェザー級タイトルマッチ
1971/06/03 ○1RKO ラウル・クルス(メキシコ)
※WBC世界フェザー級王座防衛@

1971/08/01 ○10R判定 3-0(50-47、50-48、 50-48) キム・ヒョン(韓)

■WBC世界フェザー級タイトルマッチ
1971/11/11 △15R判定 1-1(72-69、71-71、65-71) エルネスト・マルセル(パナマ)
※WBC世界フェザー級王座防衛A

■WBC世界フェザー級タイトルマッチ
1972/05/19 ●3RKO クレメンテ・サンチェス(メキシコ)
※WBC世界フェザー級王座陥落

1972/07/11 ○10R判定 3-0(49-45、49-45、48-43) バート・ナバラタン(比)
1972/10/07 ●10R判定 (採点不明) アンドリュース・ステイン(南ア)
1973/02/03 ○7RKO 進藤 公雄(アサクラ)

■WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
1973/03/12 ○15R判定 3-0(72-70、72-71、71-69) ベン・ビラフロア(比)
※WBA世界スーパーフェザー級王座獲得

■WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
1973/06/19 ○15R判定 3-0(73-70、72-68、72-71) ビクトル・エチェガライ(亜)
※WBA世界スーパーフェザー級王座防衛@

1973/09/03 ○2RKO チョン・ナムチョル(韓)

■WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
1973/10/17 ●1RKO ベン・ビラフロア(比)
※WBA世界スーパーフェザー級王座陥落

■WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
1974/02/28 ○15R判定 3-0(149-140、146-143、148-144) リカルド・アルレドンド(メキシコ)
※WBC世界スーパーフェザー級王座獲得

■WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
1974/06/27 ○15R判定 2-0(73-70、70-70、72-71) アントニオ・アマヤ(パナマ)
※WBC世界スーパーフェザー級王座防衛@

■WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
1974/10/03 ○15RKO ラミロ・ボラニョス(エクアドル)
※WBC世界スーパーフェザー級王座防衛A

■WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
1975/03/27 ○15R判定 3-0(75-69、75-65、75-65) オールド・マクルフィー(アルジェリア)
※WBC世界スーパーフェザー級王座防衛B

■WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
1975/07/05 ●2RKO アルフレド・エスカレラ(プエルトリコ)
※WBC世界スーパーフェザー級王座陥落

1976/03/22 ○10R判定 3-0(48-47、50-49、50-48) 根岸 多美男(不二)
1976/10/12 ○10R判定 3-0(50-47、50-47、50-47) 岡部 進(石川)
1977/11/29 ○10R判定 3-0(50-46、50-45、50-45) アル・エスピノサ(比)





【補足情報】
・ 茨城県日立市出身。
・ トレーナーはエディ・タウンゼント(米)
・ 日本人に不可能と言われたスナップの効いたパンチを持ち「天才パンチャー」「かめ割り柴田」と呼ばれた。
・ 世界的人気王者だったビセンテ・サルディバルに勝利したことでメキシコでの知名度が高かった。
・ 元WBA世界スーパーウェルター級1位のホセ・シバタ・フローレス(メキシコ)のミドルネームは
 柴田 国明からとったものである。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-し-に戻る
索引-K-に戻る





【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 05:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
chamuyoさん

chamuyoさんにとって思い入れのあるボクサーなのですね。
僕の産まれる前のボクサーです。
初期から注目していたボクサーが世界へ駆け上がるって…
至福の瞬間ですよね。
うらやましい限りです。
Posted by せきちゃん@mos at 2016年10月28日 06:00
柴田国明について
大好きなボクサーでした。新人王戦のころから注目し、徳留戦から郡司戦まで9か月ほどブランクを作ったときはなぜ試合をしないのかと心配したものです。後に腰を痛めていたことを知ったのですが、その後の快進撃、何度かの挫折、テレビのインタビューに応えるときのあの強者とは裏腹の女性的な声、思い出すことは山ほどあります。新聞の切り抜き、テレビでの観戦記もいろいろ残っていますが、採点不明の試合も全部は調べきれませんでした。

○スコアの判明したもの
1967/03/05 ○10R判定 (48-47,48-46,48-47) キム・ヒョン(韓)
1968/07/03 ○10R判定 (50-41,50-41,50-39) ベト・マルドナド(メキシコ)
1971/03/07 ○10R判定 (50-43,50-40,50-43) ビセンテ・ガルシア(メキシコ)
1977/11/29 ○10R判定 (50-46,50-45,50-45) アル・エスピノサ(比)

■1972/10/07 ●10R判定 (採点不明) アンドリュース・ステイン(南ア)
リング誌1973年1月号、南アフリカ通信のエド・クラーク氏の記事によれば、(aboutがつきますが)6Rステイン、3R柴田、1Rイーブンと書いています。

○表記を修正してほしいもの
1969/10/22 ○3RKO フラッシュ・ベサンテ(比)  ベサンデ(Besande)
1970/12/11 ○12R棄権 ビセンテ・サルジバル(メキシコ) サルディバル
1971/03/07 ○10R判定 (採点不明) ビセンテ・ガルシャ(メキシコ)  ガルシア
1973/06/19 ○15R判定 ビクトル・エチュガライ(亜)  エチェガライ
1974/10/03 ○15RKO ラミロ・ボリャノス(エクアドル)  ボラニョス

Posted by chamuyo at 2016年10月27日 14:36
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4556288

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
天満 博貴(Hiroki Tenman) by 天満博貴 (10/22)
上原 攻仁(Kojin Uehara) by 上原千広 (10/20)
カルロス・ブイトラゴ(Carlos Buitrago) by せきちゃん@mos (10/19)
中野 猛仁(Takehito Nakano) by せきちゃん@mos (10/19)
塩濱 崇(Takashi Shiohama) by せきちゃん@mos (10/19)