2015年12月19日

ジャン・パスカル(Jean Pascal)

ジャン・パスカル(Jean Pascal)(カナダ)



本名:ジャン・パスカル
生年月日:1982年10月28日
国籍:カナダ
戦績:43戦35勝(20KO)6敗1分1無効試合



【獲得タイトル】
ケベック州スーパーミドル級王座
カナダスーパーミドル級王座
WBCライトヘビー級シルバー王座
WBCラテンアメリカスーパーミドル級王座
NABA北米スーパーミドル級王座
NABA北米ライトヘビー級王座
NABF北米スーパーミドル級王座
NABO北米スーパーミドル級王座
WBOインターコンチネンタルスーパーミドル級王座
WBA世界ライトヘビー級暫定王座
第65代WBA世界ライトヘビー級王座
第33代WBC世界ライトヘビー級王座
WBC世界ライトヘビー級ダイヤモンド王座




【戦歴】
2005/02/03 ○2RTKO ジャスティン・ハーン(米)
2005/02/12 ○1RKO ジェシー・ロンド(米)
2005/03/03 ○4R判定 3-0(40-34、40-34、40-34) エディ・オニール(米)
2005/06/18 ○2RTKO ドニー・ペンドルトン(米)
2005/07/13 ○2RTKO ホーマー・ギビンズ(米)
2005/09/10 ○2RTKO リカルド・ケルマン(バルバドス)
2005/10/15 ○1RKO ジェシー・サンダース(米)
2005/10/29 ○3RTKO ジェームズ・クロフォード(米)
2005/11/19 ○4RTKO ヘラルド・ソリア(ウルグアイ)

■カナダ/ケベック州スーパーミドル級王座決定戦
2005/12/10 ○7RTKO マーティン・デジャルダン(カナダ)
※カナダスーパーミドル級王座獲得(のちに返上)
※ケベック州スーパーミドル級王座獲得(のちに返上)

2006/02/25 ○2RTKO エリック・ハワード(米)
2006/03/11 ○5RTKO メルロイ・コービン(トリニダードトバゴ)

■TBAトランスアメリカスーパーミドル級王座決定戦
2006/06/23 ○10R判定 3-0(100-90、99-91、98-92) ダーネル・ブーン(米)
※TBAトランスアメリカスーパーミドル級王座獲得(のちに返上)

■WBCラテンアメリカスーパーミドル級王座決定戦
2006/09/30 ○6RTKO ルーカス・グリーン・アリアス(コスタリカ)
※WBCラテンアメリカスーパーミドル級王座獲得(のちに返上)

■NABO北米スーパーミドル級王座決定戦
2006/11/18 ○12R判定 3-0(120-106、120-106、120-106) ジャーメイン・マッキー(バハマ)
※NABO北米スーパーミドル級王座獲得

■NABO北米スーパーミドル級タイトルマッチ
2007/03/10 ○12R判定 3-0(118-109、118-110、119-109) ラファレル・バンティング(米)
※NABO北米スーパーミドル級王座防衛@

■NABA北米/NABF北米スーパーミドル級王座決定戦/NABO北米スーパーミドル級タイトルマッチ
2007/06/08 ○10RTKO クリスチャン・クルス(米)
※NABA北米スーパーミドル級王座獲得
※NABF北米スーパーミドル級王座獲得
※NABO北米スーパーミドル級王座防衛A

■NABF北米スーパーミドル級タイトルマッチ
2007/08/03 ○12R判定 3-0(118-110、117-111、115-113) キングスレー・イケケ(ナイジェリア)
※NABF北米スーパーミドル級王座防衛@

2007/10/06 ○3RKO エステバン・カモー(メキシコ)

■NABO北米/NABA北米/NABF北米スーパーミドル級タイトルマッチ
2007/12/07 ○10R判定 3-0(98-92、98-92、98-92) ブライアン・ノーマン(米)
※NABA北米スーパーミドル級王座防衛@(のちに返上)
※NABF北米スーパーミドル級王座防衛A(のちに返上)
※NABO北米スーパーミドル級王座防衛B(のちに返上)

2008/01/11 ○10R判定 3-0(98-91、98-91、97-92) オマール・ピットマン(米)

■WBC世界スーパーミドル級王座決定戦
2008/12/06 ●12R判定 0-3(112-116、111-117、110-118) カール・フローチ(英)
※WBC世界スーパーミドル級王座獲得失敗

■WBOインターコンチネンタルスーパーミドル級王座決定戦
2009/04/04 ○5RKO パブロ・ダニエル・サモラ・ニエバス(亜)
※WBOインターコンチネンタルスーパーミドル級王座獲得(のちに返上)

■WBC世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2009/06/19 ○12R判定 3-0(116-112、116-111、115-112) アドリアン・ディアコヌ(ルーマニア)
※WBC世界ライトヘビー級王座獲得

■WBC世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2009/09/25 ○10RTKO シルビオ・ブランコ(伊)
※WBC世界ライトヘビー級王座防衛@

■WBC世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2009/12/11 ○12R判定 3-0(117-111、 117-111、118-110) アドリアン・ディアコヌ(ルーマニア)
※WBC世界ライトヘビー級王座防衛A

■WBC/IBO世界ライトヘビー級王座統一戦
2010/08/14 ○11R負傷判定 3-0(108-101、106-103、106-103) チャド・ドーソン(米)
※WBC世界ライトヘビー級王座防衛B
※IBO世界ライトヘビー級王座獲得

■WBC/IBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ/WBC世界ライトヘビー級ダイヤモンド王座決定戦
2010/12/18 △12R判定 0-1(113-113、114-114、112-114) バーナード・ホプキンス(米)
※WBC世界ライトヘビー級王座防衛C
※IBO世界ライトヘビー級王座防衛@
※WBC世界ライトヘビー級ダイヤモンド王座獲得失敗

■WBC/IBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2011/05/21 ●12R判定 0-3(112-116、114-115、113-115) バーナード・ホプキンス(米)
※WBC世界ライトヘビー級王座陥落
※IBO世界ライトヘビー級王座陥落

2012/12/14 ○10R判定 3-0(100-88、98-90、98-90) アレクシー・クジムスキー(ポーランド)
2013/09/28 ○5RTKO ジョージ・ブレード(米)

■WBC世界ライトヘビー級ダイヤモンド王座決定戦/NABF北米ライトヘビー級タイトルマッチ
2014/01/18 ○12R判定 3-0(118-110、117-111、116-112) ルシアン・ブーテ(カナダ)
※WBC世界ライトヘビー級ダイヤモンド王座獲得
※NABF北米ライトヘビー級王座獲得

2014/12/06 ×2R無効試合 ロベルト・フェリシアーノ・ボロンティ(亜)

■WBAスーパー/WBO/IBF世界ライトヘビー級タイトルマッチ/WBC世界ライトヘビー級ダイヤモンド王座決定戦/WBC世界ライトヘビー級挑戦者決定戦
2015/03/14 ●8RTKO セルゲイ・コバレフ(ロシア)
※WBA世界ライトヘビー級スーパー王座獲得失敗
※WBO世界ライトヘビー級王座獲得失敗
※IBF世界ライトヘビー級王座獲得失敗
※WBC世界ライトヘビー級ダイヤモンド王座獲得失敗
※WBC世界ライトヘビー級挑戦権獲得失敗

2015/07/25 ○10R判定 3-0(96-94、96-94、96-94) ユニエスキ・ゴンサレス(キューバ)

■WBAスーパー/WBO/IBF世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2016/01/30 ●7R棄権 セルゲイ・コバレフ(ロシア)
※IBF世界ライトヘビー級王座獲得失敗
※WBO世界ライトヘビー級王座獲得失敗
※WBA世界ライトヘビー級スーパー王座獲得失敗

2016/12/16 ○3RTKO リカルド・マルセロ・ラマロ(亜)

■WBCライトヘビー級シルバー王座決定戦
2017/06/13 ●12R判定 0-2(112-116、114-114、111-117) エレイデル・アルバレス(コロンビア)
※WBCライトヘビー級シルバー王座獲得失敗

2017/12/08 ○6RTKO アーメッド・エルビアル(エジプト)
2018/07/20 ○8RTKO スティーブ・ボッセ(カナダ)

■WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2018/11/24 ●12R判定 0-3(109-119、111-117、109-119) ディミトリ・ビボル(ロシア)
※WBA世界ライトヘビー級王座獲得失敗

■WBCシルバー/WBA暫定世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2019/08/03 ○8R負傷判定 3-0(75-74、75-74、75-74) マーカス・ブラウン(米)
※WBA世界ライトヘビー級暫定王座獲得(のちに正規王座に認定)
※WBCライトヘビー級シルバー王座獲得

■WBCシルバー/WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2019/12/28 ○12R判定 2-1(114-112、112-114、114-112) バドゥ・ジャック(米)
※WBA世界ライトヘビー級王座防衛@
※WBCライトヘビー級シルバー王座防衛@



【補足情報】
・ハイチ・ポルトープランス出身のハイチ系カナダ人。幼少時にカナダ・ケベック州に移住した。
・アマチュア戦績:121戦103勝18敗。アルフレド・アングロ(メキシコ)に敗北。
 アドニス・スティーブンソン(カナダ)には2勝を挙げている。2001年度世界ボクシング選手権大会、
 アテネ五輪に出場。
・ルシアン・ビュテ戦はビュテの拳の怪我により7ヶ月延期された末に行われた。
・セルゲイ・コバレフ1戦目はWBCダイヤモンド王座戦及び指名挑戦者決定戦の認定を拒み、
 WBCへの認定料支払いを拒否したが、勝者のコバレフはダイヤモンド王座への認定と、
 WBC世界王座への指名挑戦権を獲得した。
・セルゲイ・コバレフ2戦目は当初は2015年11月28日にモスクワで行われる予定だった。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。




索引に戻る
索引-し-に戻る
索引-J-に戻る





【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4536044

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
大村 宗史(Munefumi Omura) by せきちゃん@mos (01/16)
ボクシング 選手名鑑 索引 by せきちゃん@mos (01/16)
大村 宗史(Munefumi Omura) by 大村 (01/13)
大村 宗史(Munefumi Omura) by せきちゃん@mos (01/13)
大村 宗史(Munefumi Omura) by 大村 (01/12)