2018年11月04日

ナジーム・ハメド(Naseem Hamed)

ナジーム・ハメド(Naseem Hamed)(英)



本名:ナジーム・ハメド
生年月日:1974年2月12日
国籍:英
戦績:37戦36勝(31KO)1敗



【獲得タイトル】
EBU欧州バンタム級王座
WBCインターナショナルスーパーバンタム級王座
IBO世界フェザー級王座獲得
第8代WBO世界フェザー級王座
第9代IBF世界フェザー級王座
第29代WBC世界フェザー級王座




【戦歴】
1992/04/14 ○2RKO リッキー・ビアード(英)
1992/04/25 ○2RKO ショーン・ノーマン(英)
1992/05/23 ○2RTKO アンドリュー・ブルーマー(英)
1992/07/14 ○3RTKO ミゲル・マシューズ(英)
1992/10/07 ○4RTKO デス・ガルガノ(英)
1992/11/12 ○6R判定 (59.5-58) ピーター・バックリー(英)
1993/02/24 ○2RKO アラン・レイ(英)
1993/05/26 ○3RTKO ケビン・ジェンキンス(英)
1993/09/24 ○2RKO クリス・クラークソン(英)
1994/01/29 ○4RTKO ピーター・バックリー(英)
1994/04/09 ○1RKO ジョン・ミッペリ(ベルギー)

■EBU欧州バンタム級タイトルマッチ
1994/05/11 ○12R判定 3-0(120-109、120-107、119-110) ビンチェンツォ・ベルステロ(伊)
※EBU欧州バンタム級王座獲得

■EBU欧州バンタム級タイトルマッチ
1994/08/17 ○3RTKO アントニオ・ピカルディ(伊)
※EBU欧州バンタム級王座防衛@(のちに返上)

■WBCインターナショナルスーパーバンタム級王座決定戦
1994/10/12 ○6RTKO フレディ・クルス(ドミニカ共和国)
※WBCインターナショナルスーパーバンタム級王座獲得

■WBCインターナショナルスーパーバンタム級タイトルマッチ
1994/11/19 ○3RTKO ラウレアノ・ラミレス(ドミニカ共和国)
※WBCインターナショナルスーパーバンタム級王座防衛@

■WBCインターナショナルスーパーバンタム級タイトルマッチ
1995/01/21 ○4RTKO アルマンド・カストロ(メキシコ)
※WBCインターナショナルスーパーバンタム級王座防衛A

■WBCインターナショナルスーパーバンタム級タイトルマッチ
1995/03/04 ○2RKO セルヒオ・ラファエル・リエンド(亜)
※WBCインターナショナルスーパーバンタム級王座防衛B

■WBCインターナショナルスーパーバンタム級タイトルマッチ
1995/05/06 ○2RKO エンリケ・アンヘレス(メキシコ)
※WBCインターナショナルスーパーバンタム級王座防衛C

■WBCインターナショナルスーパーバンタム級タイトルマッチ
1995/07/01 ○2RKO フアン・ポロ・ペレス(コロンビア)
※WBCインターナショナルスーパーバンタム級王座防衛D(のちに返上)

■WBO世界フェザー級タイトルマッチ
1995/09/30 ○8RTKO スティーブ・ロビンソン(英)
※WBO世界フェザー級王座獲得

■WBO世界フェザー級タイトルマッチ
1996/03/16 ○1RKO サイード・ラワイ(ナイジェリア)
※WBO世界フェザー級王座防衛@

■WBO世界フェザー級タイトルマッチ
1996/06/08 ○2RTKO ダニエル・アリスマ(プエルトリコ)
※WBO世界フェザー級王座防衛A

■WBO世界フェザー級タイトルマッチ
1996/08/31 ○11RTKO マヌエル・メディナ(メキシコ)
※WBO世界フェザー級王座防衛B

■WBO世界フェザー級タイトルマッチ
1996/11/09 ○2RTKO レミヒオ・ダニエル・モリナ(亜)
※WBO世界フェザー級王座防衛C

■IBF/WBO世界フェザー級王座統一戦
1997/02/08 ○8RTKO トム・ジョンソン(米)
※WBO世界フェザー級王座防衛D
※IBF世界フェザー級王座獲得

■IBF/WBO世界フェザー級タイトルマッチ
1997/05/03 ○1RTKO ビリー・ハーディー(英)
※WBO世界フェザー級王座防衛E
※IBF世界フェザー級王座防衛@

■IBF/WBO世界フェザー級タイトルマッチ
1997/07/19 ○2RTKO フアン・ヘラルド・カブレラ(亜)
※WBO世界フェザー級王座防衛F
※IBF世界フェザー級王座防衛A(のちに返上)

■WBO世界フェザー級タイトルマッチ
1997/10/11 ○7RTKO ホセ・バディーロ(プエルトリコ)
※WBO世界フェザー級王座防衛G

■WBO世界フェザー級タイトルマッチ
1997/12/19 ○4RKO ケビン・ケリー(米)
※WBO世界フェザー級王座防衛H

■WBO世界フェザー級タイトルマッチ
1998/04/18 ○7RTKO ウィルフレド・バスケス(プエルトリコ)
※WBO世界フェザー級王座防衛I

■WBO世界フェザー級タイトルマッチ
1998/10/31 ○12R判定 3-0(116-112、118-110、117-111) ウェイン・マッカロー(英)
※WBO世界フェザー級王座防衛J

■WBO世界フェザー級タイトルマッチ
1999/04/10 ○11RTKO ポール・イングル(英)
※WBO世界フェザー級王座防衛K

■WBO/WBC世界フェザー級王座統一戦
1999/10/22 ○12R判定 3-0(115-110、116-109、115-110) セサール・ソト(メキシコ)
※WBO世界フェザー級王座防衛L
※WBC世界フェザー級王座獲得(のちに返上)

■WBO世界フェザー級タイトルマッチ
2000/03/11 ○4RKO ブヤニ・ブング(南ア)
※WBO世界フェザー級王座防衛M

■WBO世界フェザー級タイトルマッチ
2000/08/19 ○4RTKO アウグスト・サンチェス(米)
※WBO世界フェザー級王座防衛N(のちに返上)

■IBO世界フェザー級王座決定戦
2001/04/07 ●12R判定 0-3(111-116、112-115、112-115) マルコ・アントニオ・バレラ(メキシコ)
※IBO世界フェザー級王座獲得失敗

■IBO世界フェザー級王座決定戦
2002/05/18 ○12R判定 3-0(119-109、119-109、120-110) マヌエル・カルボ(スペイン)
※IBO世界フェザー級王座獲得



【補足情報】
・英-シェフィールド出身。
・アマチュア戦績::67戦62勝(17KO/RSC)5敗。
・異名は「プリンス」。日本では「悪魔王子」と呼ばれた。
・派手な入場や、異常なまでの変則スタイルで人気を博したが、派手さの反面、
 熱心なイスラム教徒で、リング上ではいつもイスラム教の神に祈りを捧げていた。
・引退後、交通事故で禁固1年3か月の実刑判決を受けている。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-な-に戻る
索引-N-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
90年代ヲタクさん

ありがとうございます。
当時の資料は確認できてないですが、確認する資料だとIBF王座がかけられたことになっていて…もう少し調べてみます。この時期だと、まだ、後からタイトルを認めたり、IBFがしっかりと固まっていない団体だったと認識しているので、そこにも少し注意して見ていきます。

知らせていただき、ありがとうございます。
Posted by せきちゃん@mos at 2020年10月08日 23:17
97年7月のカブレラ戦は挑戦者がIBFランキングに入っていなかったのでIBF王座は賭けられていません。
Posted by 90年代ヲタク at 2020年10月05日 19:15
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8248006

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
宮田 穣(Minoru Miyata) by �ソス�ソス�ソスC�ソス�ソス�ソスB�ソスg�ソス�ソス �ソス�ソス�ソスz �ソスX�ソス[�ソスp�ソス[�ソスR�ソスs�ソス[ �ソス�ソス�ソス�ソス�ソス (10/26)
天満 博貴(Hiroki Tenman) by 天満博貴 (10/22)
上原 攻仁(Kojin Uehara) by 上原千広 (10/20)
カルロス・ブイトラゴ(Carlos Buitrago) by せきちゃん@mos (10/19)
中野 猛仁(Takehito Nakano) by せきちゃん@mos (10/19)