2018年09月17日

牧 公一(Koichi Maki)

牧 公一(Koichi Maki)(田辺)



本名:不明
生年月日:1956年2月22日
国籍:日本
戦績:39戦21勝(5KO)13敗4分1無効試合



【獲得タイトル】
1974年度全日本フライ級新人王
第27代日本フライ級王座



【戦歴】
1973/07/22 ○4R判定 (採点不明) 金野 嘉春(ミカド)
1973/08/25 ○4R判定 (採点不明) 飯田 昇(野口)
1973/09/30 ●4R判定 (採点不明) 林田 宇一郎(中村)
1973/11/01 ○4R判定 (採点不明) 高泉 潔(ミカド)
1974/03/12 ●1RKO 石元 由紀夫(協栄)
1974/04/17 ○4R判定 (採点不明) 山口 信行(協栄)
1974/05/28 ●4R判定 (採点不明) 具志堅 用高(協栄)
1974/08/04 ●4R判定 (採点不明) 浦崎 幸也(山上)
1974/09/10 ●4R判定 (採点不明) 具志堅 用高(協栄)
1974/11/12 ○4R判定 (採点不明) 伊勢 第郎(国民)
1974/11/27 ○2RKO 湧稲田 安彦(協栄)
1974/12/11 ○4R判定 (採点不明) 富久 窪村(協栄)
1974/12/26 △4R判定 (採点不明) 蕨野 昭二(埼玉中央)
1975/01/24 △6R判定 (採点不明) 岡橋 勲(川口)

■1974年度全日本フライ級新人王決定戦
1975/02/26 ○6R判定 (採点不明) 比嘉 正純(沖縄帝拳)
※全日本新人王獲得

1975/06/08 ○6R判定 (採点不明) 富久 窪村(協栄)
1975/11/21 ○8R判定 (採点不明) グレーター 園田(神林)
1975/12/22 ○6RKO 広川 勇治(金子)
1976/01/30 ●10R判定 0-3(49-50、47-49、49-50) ビーバー 梶本(松田)
1976/03/28 ○10R判定 (採点不明) 渡辺 功(熊谷)

■日本フライ級タイトルマッチ
1976/11/19 △10R判定 0-0(48-48、47-47、47-47) 五十嵐 力(キング)
※日本フライ級王座獲得失敗

1977/03/09 ●10R判定 (採点不明) ダン・ピサルーチャイ(タイ)
1977/06/21 ●10R判定 0-2(47-47、47-48、48-49) 中島 成雄(レインボー)
1977/08/26 ○9RKO 大府 剛尚(大府)
1977/11/28 ○10R判定 2-1(採点不明) バズーカ 庄司(東邦)

■日本フライ級タイトルマッチ
1978/03/27 ○10R判定 2-0(47-47、48-47、48-47) 加藤 憲治(帝拳)
※日本フライ級王座獲得

■日本フライ級タイトルマッチ
1978/07/31 ○10R判定 3-0(50-46、50-46、49-46)  加藤 憲治(帝拳)
※日本フライ級王座防衛@

1978/09/13 ○10R判定 3-0(49-45、49-45、49-45) 若林 進(斉田)
1978/10/30 ●10R判定 0-2(47-49、47-47、47-48) 五十嵐 力(キング)

■日本フライ級タイトルマッチ
1979/02/22 ○8RKO 海音寺 竜(ミカド)
※日本フライ級王座防衛A

■日本フライ級タイトルマッチ
1979/05/31 ○10R判定 3-0(50-45、50-44、49-45) 藤 勝(不二)
※日本フライ級王座防衛B

1979/08/27 ○8RTKO 玉城 和昌(内野)

■日本フライ級タイトルマッチ
1979/11/22 ○10R判定 3-0(99-96、98-96、99-96) 渡辺 伸行(横須賀)
※日本フライ級王座防衛C

■日本フライ級タイトルマッチ
1980/01/10 ●10R判定 0-3(95-100、97-98、97-99) 玉城 和昌(内野)
※日本フライ級王座陥落

■日本フライ級タイトルマッチ
1980/04/24 △10R判定 1-0(97-97、97-97、98-96)  玉城 和昌(内野)
※日本フライ級王座獲得失敗

1980/08/20 ×10R無効試合 中島 剛尚(帝拳)
1980/12/02 ●10R判定 0-3(96-99、95-98、96-99) トウキョウ モラレス(鉄和セキ)

■日本フライ級タイトルマッチ
1981/01/24 ●10R判定 0-3(95-99、97-100、97-100)  玉城 和昌(内野)
※日本フライ級王座獲得失敗

1981/06/09 ●10R判定 0-3(93-100、94-99、95-100) 石井 幸喜(SB日東)




【補足情報】
・宮城県牡鹿郡牡鹿町十八成(現:石巻市)出身。
・5歳の時、東京都文京区真砂町へ転居、中学校でバレーボールに打ち込んだが、高校に部がなく、
 近くの田辺ジムに入り都民大会に出場、1勝1敗の結果を残した。
・のちに第3代WBA世界ライトフライ級王者となる具志堅 用高のデビュー戦の相手を務め
 判定で敗れている。しかし試合内容は、具志堅がプロの洗礼を浴びた試合と言われることもある。
・具志堅 用高とは2度対戦し、いずれも判定で敗れている。
・中島 剛尚戦の無効試合は、野外で行われた試合が雨で続行不能になったことによるもの。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-ま-に戻る
索引-K-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8106647

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
ハンター 江上(Hunter Egami) by せきちゃん@mos (12/05)
ハンター 江上(Hunter Egami) by 江上康鉱 (12/04)
ジョンリル・カシメロ(John Riel Casimero) by せきちゃん@mos (11/29)
ルイス・オルティス(Luis Ortiz) by せきちゃん@mos (11/29)
ルイス・オルティス(Luis Ortiz) by (11/26)