2018年07月10日

カルロス・オルティス(Carlos Ortiz)

カルロス・オルティス(Carlos Ortiz)(プエルトリコ)



本名:カルロス・オルティス
生年月日:1936年9月9日
国籍:プエルトリコ
戦績:70戦61勝(30KO)7敗1分1無効試合



【獲得タイトル】
初代NYSAC世界スーパーライト級王座
第5代NBA(WBA前身)世界スーパーライト級王座
第17代世界スーパーライト級王座
初代WBA世界ライト級王座
初代WBC世界ライト級王座
第3代WBA世界ライト級王座
第3代WBC世界ライト級王座




【戦歴】
1955/02/14 ○1RKO ハリー・ベル(米)
1955/02/28 ○1RTKO モーリス・ホドネット(米)
1955/05/13 ○3RKO ダニー・ロバーツ(米)
1955/05/30 ○2RKO フアン・パチェコ(米)
1955/06/24 ○6R判定 (採点不明) ジミー・デムラ(米)
1955/08/10 ○6R判定 (採点不明) トニー・デコラ(米)
1955/08/22 ○6R判定 (採点不明) アーマー・ブッシュ(米)
1955/09/19 ○2RKO ヘクトル・ロドリゲス(米)
1955/10/03 ○2RKO リロイ・グラハム(米)
1955/10/29 ○4RTKO アル・ドゥアルテ(米)
1955/11/12 ○8R判定 (採点不明) レム・ミラー(米)
1955/12/10 ○2RKO チャーリー・タイトーン(米)
1956/01/09 ○8R判定 3-0(6-2、6-2、5-2) レイ・ポルティージャ(米)
1956/02/17 ○8R判定 (採点不明) レイ・ポルティージャ(米)
1956/05/25 ○6R判定 (採点不明) ジョニー・ゴーマン(米)
1956/07/30 ○10R判定 2-1(6-3、5-4、4-5) トミー・セーラム(米)
1956/10/27 ○10R判定 3-0(99-84、100-88、100-88) ミッキー・ノアップ(米)
1956/12/15 ○9RTKO フィリップ・キム(米)
1956/12/31 ○10R判定 3-0(8-1、8-2、 8-2) ゲイル・カーウィン(カナダ)
1957/01/23 ○10R判定 3-0(48-44、48-44、49-43) ボビー・ロジャース(米)
1957/03/02 ×9R無効試合 ルー・フィリッポ(米)
1957/04/09 ○7RTKO ルー・フィリッポ(米)
1957/05/07 ○10R判定 3-0(採点不明) アイク・ボーン(米)
1957/05/29 ○10R判定 3-0(47-43、48-43、48-44) フェリックス・キオッカ(仏)
1957/09/23 ○10R判定 3-0(8-1、8-1、6-5) ハリー・ベル(米)
1958/02/28 ○10R判定 3-0(5-4、6-4、8-2) トミー・ティブズ(米)
1958/05/09 ○10R判定 3-0(98-92、98-92、97-92) ジョーイ・ロペス(米)
1958/06/27 ●10R判定 1-2(4-5、4-5、6-4) ジョニー・バスソ(米)
1958/09/19 ○10R判定 3-0(5-4、6-4、6-4) ジョニー・バスソ(米)
1958/10/28 ○10R判定 (96-97、95-98、96-96) デイブ・チャーニー(英)
1958/12/31 ●10R判定 0-2(採点不明) ケニー・レーン(米)
1959/04/13 ○6RTKO レン・マシューズ(米)

■NYSAC/NBA(WBA前身)/世界スーパーライト級王座決定戦
1959/06/12 ○2RTKO ケニー・レーン(米)
※NYSAC世界スーパーライト級王座獲得(のちに返上)
※NBA(WBA前身)世界スーパーライト級王座獲得(のちに返上)
※世界スーパーライト級王座獲得

■世界スーパーライト級タイトルマッチ
1960/02/04 ○10RKO バトリング・トーレス(メキシコ)
※世界スーパーライト級王座防衛@

■世界スーパーライト級タイトルマッチ
1960/06/15 ○15R判定 2-1(145-143、148-146、143-145) デュリオ・ロイ(伊)
※世界スーパーライト級王座防衛A

■世界スーパーライト級タイトルマッチ
1960/09/01 ●15R判定 0-2(69-72、72-72、73-74) デュリオ・ロイ(伊)
※世界スーパーライト級王座陥落

1961/02/02 ○10R判定 3-0(7-1、12-1、11-1) シスコ・アンドレイド(米)

■世界スーパーライト級タイトルマッチ
1961/05/10 ●15R判定 0-3(67-70、69-74、66-74) デュリオ・ロイ(伊)
※世界スーパーライト級王座獲得失敗

1961/09/02 ○10R判定 3-0(96-94、96-94、99-94) ドーグ・バイジャント(キューバ)
1961/11/18 ○10R判定 3-0(6-3、6-3、6-4) パオロ・ロジー(伊)

■WBA世界ライト級王座決定戦
1962/04/21 ○15R判定 3-0(74-60、74-58、74-66) ジョー・オールド・ボーンズ・ブラウン(米)
※WBA世界ライト級王座獲得

1962/08/01 ○10R判定 3-0(48-45、48-45、47-45) アーサー・ペルセリー(米)
1962/11/07 ○10R判定 3-0(50-43、50-43、50-40) 高山 一夫(帝拳)

■WBA世界ライト級タイトルマッチ
1962/12/03 ○5RKO 小坂 照男(帝拳)
※WBA世界ライト級王座防衛@

(※WBC世界ライト級王座に認定)

■WBA/WBC世界ライト級タイトルマッチ
1963/04/07 ○13RTKO ドーグ・バイジャント(キューバ)
※WBA世界ライト級王座防衛A
※WBC世界ライト級王座防衛@

1963/09/18 ○7RTKO ピート・アエラ(比)
1963/10/22 ○10R判定 (採点不明) モーリス・カレン(英)

■WBA/WBC世界ライト級タイトルマッチ
1964/02/15 ○14RTKO フラッシュ・エロルデ(比)
※WBA世界ライト級王座防衛B
※WBC世界ライト級王座防衛A

■WBA/WBC世界ライト級タイトルマッチ
1964/04/11 ○15R判定 3-0(144-141、148-144、147-143) ケニー・レーン(米)
※WBA世界ライト級王座防衛C
※WBC世界ライト級王座防衛B

1964/12/14 ○1RTKO ディック・ディオラ(米)

■WBA/WBC世界ライト級タイトルマッチ
1965/04/10 ●15R判定 0-2(132-143、145-145、137-149) イスマエル・ラグナ(パナマ)
※WBA世界ライト級王座陥落
※WBC世界ライト級王座陥落

■WBA/WBC世界ライト級タイトルマッチ
1965/11/13 ○15R判定 3-0(148-143、150-138、145-143) イスマエル・ラグナ(パナマ)
※WBA世界ライト級王座獲得
※WBC世界ライト級王座獲得

1966/04/07 △10R判定 0-1(198-198、197-200、197-197) ニコリノ・ローチェ(亜)

■WBA/WBC世界ライト級タイトルマッチ
1966/06/20 ○12RTKO ジョニー・ビザロ(米)
※WBA世界ライト級王座防衛@
※WBC世界ライト級王座防衛@

■WBA/WBC世界ライト級タイトルマッチ
1966/10/22 ○5RTKO シュガー・ラモス(キューバ)
※WBA世界ライト級王座防衛A
※WBC世界ライト級王座防衛A

■WBA/WBC世界ライト級タイトルマッチ
1966/11/28 ○14RKO フラッシュ・エロルデ(比)
※WBA世界ライト級王座防衛B
※WBC世界ライト級王座防衛B

■WBA/WBC世界ライト級タイトルマッチ
1967/07/01 ○4RTKO シュガー・ラモス(キューバ)
※WBA世界ライト級王座防衛C
※WBC世界ライト級王座防衛C

■WBA/WBC世界ライト級タイトルマッチ
1967/08/16 ○15R判定 3-0(10-4、10-4、11-3) イスマエル・ラグナ(パナマ)
※WBA世界ライト級王座防衛D
※WBC世界ライト級王座防衛D

■WBA/WBC世界ライト級タイトルマッチ
1968/06/29 ●15R判定 1-2(145-139、142-145、141-148) カルロス・テオ・クルス(ドミニカ共和国)
※WBA世界ライト級王座陥落
※WBC世界ライト級王座陥落

1969/11/21 ○10R判定 2-0(4-4、7-3、4-3) エドムンド・ライト(ブラジル)
1971/12/01 ○3RKO ジミー・リゴンズ(米)
1972/01/08 ○7RKO ビル・ウィッテンブルク(米)
1972/01/20 ○4RTKO テリー・ロンモウ(米)
1972/01/31 ○2RTKO イベロウ・イーストマン(ガイアナ)
1972/02/19 ○2RKO レオ・ディディオ(米)
1972/03/20 ○7RTKO ジュニア・バニー(米)
1972/05/01 ○10R判定 3-0(10-0.25、10-0.25、9-0.25) グレッグ・ポッター(米)
1972/06/03 ○3RTKO ジェラルド・フェラー(メキシコ)
1972/08/01 ○3RKO ジョニー・コープランド(米)
1972/09/20 ●6R棄権 ケン・ブキャナン(英)






【補足情報】
・プエルトリコ史上最高のボクサーとされることも多い。
・当時世界スーパーライト級王座は10年以上消滅していたが、オルティスがトップコンテンダーのまま
 世界ライト級王者だったジョー・オールド・ボーンズ・ブラウンとの対戦が成立しないことから
 スーパーライト級の3つの世界王座が再設された。
・国際ボクシング名誉の殿堂、世界ボクシング殿堂に殿堂入りしている。
・日本語表記ではカルロス・オルチスと表記されることも多い。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-か-に戻る
索引-C-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7840389

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
竹内 竜介(Ryusuke Takeuchi) by chamuyo (11/24)
ホエル・カサマヨール(Joel Casamayor) by せきちゃん@mos (11/24)
瀬川 設男(Setsuo Segawa) by せきちゃん@mos (11/24)
安藤 有輝(Yuki Ando) by せきちゃん@mos (11/24)
竹内 竜介(Ryusuke Takeuchi) by せきちゃん@mos (11/24)