2018年06月05日

ドナルド・カリー(Donald Curry)

ドナルド・カリー(Donald Curry)(米)



本名:ドナルド・サンプル
生年月日:1961年9月7日
国籍:米
戦績:40戦34勝(25KO)6敗



【獲得タイトル】
1977年度ジュニア五輪ライト級優勝(アマチュア)
1978年度国際AAU選手権ライトウェルター級優勝(アマチュア)
1979年度全米AAU選手権ウェルター級優勝(アマチュア)
1980年度ナショナルゴールデングローブウェルター級優勝(アマチュア)
1980年度世界選手権ウェルター級優勝(アマチュア)
NABF北米ウェルター級
USBA全米ウェルター級王座
USBA全米スーパーウェルター級王座
第12代WBA世界ウェルター級王座
初代IBF世界ウェルター級王座
第15代WBC世界ウェルター級王座
第22代WBC世界スーパーウェルター級王座





【戦歴】
1980/12/26 ○1RTKO マリオ・ティネオ(米)
1981/01/16 ○2RTKO フアン・ラミレス(米)
1981/02/26 ○2RTKO ジェリー・レイエス(米)
1981/03/26 ○2RTKO リゴベルト・ロペス(米)
1981/04/23 ○5RTKO ダニー・ファベッラ(米)
1981/05/28 ○1RTKO ジョー・モリエール(米)
1981/07/02 ○6RKO エディ・キャンベル(米)
1981/08/22 ○1RTKO エディ・キャスパー(米)
1981/10/29 ○1RTKO バーノン・ルイス(トリニダードトバゴ)
1981/11/26 ○10R判定 3-0(98-92、98-93、96-94) カーティス・ラムジー(米)
1982/03/10 ○10RTKO マイク・セネガル(米)

■NABF北米ウェルター級タイトルマッチ
1982/05/04 ○4RTKO ブルース・フィンチ(米)
※NABF北米ウェルター級王座獲得

1982/06/15 ○4R反則 ジェイク・トーレンス(米)
1982/07/10 ○10R判定 3-0(8-2、9-1、8-1) アドルフォ・ビルエット(プエルトリコ)

■USBA全米/NABF北米ウェルター級王座統一戦
1982/10/23 ○12R判定 2-1(116-112、113-117、116-112) マーロン・スターリング(米)
※USBA全米ウェルター級王座獲得(のちに返上)
※NABF北米ウェルター級王座防衛@(のちに返上)

■WBA世界ウェルター級王座決定戦
1983/02/13 ○15R判定 3-0(148-140、146-139、146-139) ファン・ジュンソク(韓)
※WBA世界ウェルター級王座獲得

■WBA世界ウェルター級タイトルマッチ
1983/09/03 ○1RTKO ロジャー・スタッフォード(米)
※WBA世界ウェルター級王座防衛@

■WBA世界ウェルター級タイトルマッチ/IBF世界ウェルター級王座決定戦
1984/02/04 ○15R判定 3-0(144-142、145-140、145-140) マーロン・スターリング(米)
※WBA世界ウェルター級王座防衛A
※IBF世界ウェルター級王座獲得

■WBA/IBF世界ウェルター級タイトルマッチ
1984/04/21 ○7R棄権 エリオ・ディアス(ベネズエラ)
※WBA世界ウェルター級王座防衛B
※IBF世界ウェルター級王座防衛@

■WBA/IBF世界ウェルター級タイトルマッチ
1984/09/22 ○6RKO ニーノ・ラロッカ(モーリタニア)
※WBA世界ウェルター級王座防衛C
※IBF世界ウェルター級王座防衛A

■WBA/IBF世界ウェルター級タイトルマッチ
1985/01/19 ○4RTKO コリン・ジョーンズ(英)
※WBA世界ウェルター級王座防衛D
※IBF世界ウェルター級王座防衛B

1985/03/30 ○2RTKO ジェームス・グリーン(米)
1985/06/22 ○6RTKO パブロ・バエス(ドミニカ共和国)

■WBA/IBF/WBC世界ウェルター級王座統一戦
1985/12/06 ○2RKO ミルトン・マックローリー(米)
※WBA世界ウェルター級王座防衛E
※IBF世界ウェルター級王座防衛C
※WBC世界ウェルター級王座獲得

■WBA世界ウェルター級タイトルマッチ
1986/03/09 ○2RKO エドゥアルド・ロドリゲス(パナマ)
※WBA世界ウェルター級王座防衛F

■WBA/IBF/WBC世界ウェルター級タイトルマッチ
1986/09/27 ●6R棄権 ロイド・ハニガン(英)
※WBA世界ウェルター級王座陥落
※IBF世界ウェルター級王座陥落
※WBC世界ウェルター級王座陥落

■USBA全米スーパーウェルター級王座決定戦
1987/02/07 ○5R反則 トニー・モンゴメリー(米)
※USBA全米スーパーウェルター級王座獲得

■USBA全米スーパーウェルター級タイトルマッチ
1987/04/04 ○5R反則 カルロス・サントス(プエルトリコ)
※USBA全米スーパーウェルター級王座防衛@(のちに返上)

■WBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
1987/07/18 ●5RKO マイク・マッカラム(ジャマイカ)
※WBA世界スーパーウェルター級王座獲得失敗

1987/12/08 ○4RKO リゴベルト・ロペス(米)
1988/01/03 ○12R判定 3-0(119-108、119-112、118-110) ルペ・アキノ(メキシコ)

■WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
1988/07/08 ○9R棄権 ジャンフランコ・ロッシ(伊)
※WBC世界スーパーウェルター級王座獲得

1989/01/03 ○5RTKO マイク・サケッティ(米)

■WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
1989/02/11 ●12R判定 0-3(113-117、115-117、116-118) レネ・ジャコット(仏)
※WBC世界スーパーウェルター級王座陥落

1989/12/26 ○2RTKO ブレット・ラリー(米)
1990/08/17 ○4RKO ホセ・アントニオ・マルティネス(プエルトリコ)

■IBF世界ミドル級タイトルマッチ
1990/10/18 ●10RKO マイケル・ナン(米)
※IBF世界ミドル級王座獲得失敗

■WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
1991/06/01 ●8RKO テリー・ノリス(米)
※WBC世界スーパーウェルター級王座獲得失敗

1997/02/20 ○4RKO ゲイリー・ジョーンズ(米)

■IBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
1997/04/09 ●7RTKO エメット・リントン(米)
※IBA世界スーパーウェルター級王座獲得失敗



【補足情報】
・米-テキサス州フォートワース出身。
・兄は第14代WBC世界スーパーライト級王者のブルース・カリー(米)。
・アマチュア戦績:404戦400勝4敗。
・米国のモスクワ五輪ボイコットの為、代表に選出されながら五輪への出場はなかった。
・異名は「ローン・スター・コブラ」。




※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-と-に戻る
索引-D-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7737960

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
ボクシング 選手名鑑 索引 by せきちゃん@mos (01/21)
ボクシング 選手名鑑 索引 by (01/20)
池田 光正(Mitsumasa Ikeda) by せきちゃん@mos (01/20)
池田 光正(Mitsumasa Ikeda) by (01/20)
大村 宗史(Munefumi Omura) by せきちゃん@mos (01/16)