2018年04月11日

干場 悟(Satoru Hoshiba)

干場 悟(Satoru Hoshiba)(蟹江)



本名:干場 悟
生年月日:1997年9月15日
国籍:日本
戦績:11戦7勝(2KO)4敗



【獲得タイトル】
2017年度中日本スーパーバンタム級新人王



【戦歴】
2015/12/31 ●1RKO 松田 海広(駿河)

■2016年度中日本バンタム級新人王予選
2016/04/24 ●2RTKO 中村 祐斗(市野)
※中日本新人王敗退

2016/09/24 ○1RTKO 坂口 貴彦(日東)
2017/04/23 ○4R判定 2-0(39-36、38-37、38-38) 後藤 憬(中日)
■2017年度中日本スーパーバンタム級新人王決勝戦
2017/06/11 ○4R判定 2-0(39-37、39-38、38-38) 豊島 竜樹(伊豆)
※中日本新人王獲得

2017/09/17 ○2RTKO 末吉 史明(FUKUOKA)

■2017年度前日本スーパーバンタム級新人王西軍代表決定戦
2017/11/12 ●5R判定 0-2(46-50、47-48、48-48) 下町 俊貴(グリーンツダ)
※全日本新人王敗退

2018/03/31 ○4R判定 3-0(40-36、39-37、39-37) 三輪 珠輝(松田)
2019/07/20 ●2RTKO 溝越 斗夢(緑)
2019/11/24 ○6R判定 3-0(59-56、59-56、59-55) 三輪 珠輝(名古屋大橋)
2020/10/02 ○6R判定 3-0(58-56、58-56、58-56) 鈴木 敬祥(帝拳)



【補足情報】
・愛知県津島市出身。
・タイガーウイングジムよりデビューし、溝越 斗夢戦より蟹江ジム所属。
・2017年8月6日には2017年度中日本スーパーバンタム級新人王決勝戦として山本 大貴(市野)と
 対戦する予定だったが、山本の新人王トーナメント棄権により、豊島 竜樹との準決勝が
 同決勝戦に繰り上げられて実施されている。
・のちに第2代日本スーパーフライ級ユース王者となる中村 祐斗と対戦し、2RTKOで敗れている。
・のちに第2代スーパーバンタム級ユース王者となる下町 俊貴と対戦し、判定で敗れている。




※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-ほ-に戻る
索引-S-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7540594

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント