2015年11月19日

白井 義男(Yoshio Shirai)

白井 義男(Yoshio Shirai)(フリー)



本名:白井 義男
生年月日:1923年11月23日
国籍:日本
戦績:61戦49勝(19KO)8敗4分



【獲得タイトル】
第12代日本フライ級王者
第4代日本バンタム級王者
第6代日本バンタム級王者
第18代世界フライ級王座



【戦歴】
1943/11/26 ○1RKO 海山 順奉(日倶)
1943/12/10 ○1RKO 久保田 佐市(東拳)
1943/12/?? ○1RKO 田中 実(所属ジム不明)
1943/12/?? ○4R判定 (採点不明) 青木 定介(臼田)
1943/12/23 ○4R判定 (採点不明) 大浦 富三郎(不二)
1944/01/20 ○1RKO 伊藤 正夫(所属ジム不明)
1944/02/06 ○1RKO 山田 真(所属ジム不明)
1944/02/10 ○4R判定 (採点不明) 田中 重雄(臼田)
1944/03/05 ○4R判定 (採点不明) 青木 定介(臼田)
1944/03/28 ○1RKO 鈴木 栄(日東)
1946/08/?? ○6R判定 (採点不明) 中村(所属ジム不明)
1946/12/14 ●5RTKO 串田 昇(不二)
1947/06/27 ○6R判定 (採点不明) 植田 一己(富士)
1947/07/06 ○6R判定 (採点不明) 櫛橋 利光(光)
1947/07/18 ●8R判定 (採点不明) 花田 陽一郎(帝拳)
1947/09/11 ●8R判定 (採点不明) 矢島 栄次郎(共栄)
1947/10/27 △8R判定 (採点不明) 牧野 猛(城南)
1947/12/25 ○2RKO 小泉 道好(日倶支部)
1948/02/15 ○6R判定 (採点不明) 植田 一己(富士)
1948/04/03 ○6R判定 (採点不明) 植田 一己(富士)
1948/05/07 ○8R判定 (採点不明) 和田 定司(京浜)
1948/06/06 △8R判定 (採点不明) 矢島 栄次郎(共栄)
1948/06/21 △6R判定 (採点不明) 須田 国松(帝拳)
1948/07/10 ○8R判定 (採点不明) 西村 喜代志(川崎)
1948/07/30 ○2RKO 石森 信行(新和)
1948/09/11 ○8R判定 3-0(採点不明) 矢島 栄次郎(共栄)
1948/10/09 ○8R判定 2-1(採点不明) 串田 昇(不二)

■日本フライ級タイトルマッチ
1949/01/28 ○5RKO 花田 陽一郎(帝拳)
※日本フライ級王座獲得

1949/03/21 ○2RKO 柳田 友義(共栄)
1949/05/02 ○10R判定 (採点不明) 矢島 栄次郎(共栄)

■日本フライ級タイトルマッチ
1949/06/25 ○10R判定 (採点不明) 串田 昇(不二)
※日本フライ級王座防衛@

1949/09/28 ○3RKO 武藤 鏡一(武藤)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1949/12/15 ○10R判定 3-0(採点不明) 堀口 宏(堀口)
※日本バンタム級王座獲得

1950/04/14 ○8R判定 (採点不明) 成尾 良明(笹崎)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1950/05/25 ○10R判定 (採点不明) 花田 陽一郎(帝拳)
※日本バンタム級王座防衛@

■日本フライ級タイトルマッチ
1950/06/28 ○2RKO 鬼島 秀雄(新興)
※日本フライ級王座防衛A

1950/09/25 ○2RKO 小林 克己(城南)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1950/10/26 ○10R判定 (採点不明) 妹尾 孝(日東)
※日本バンタム級王座防衛A

1951/02/03 ○7R反則 高橋 幸雄(革新)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1951/03/17 ●8R反則 永島 秀政(東亜)
※日本バンタム級王座陥落

1951/05/21 ●10R判定 1-2(採点不明) ダド・マリノ(米)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1951/09/20 ○10R判定 (採点不明) 永島 秀政(東亜)
※日本バンタム級王座獲得

■日本フライ級タイトルマッチ
1951/10/25 ○6RKO 堀口 喬久(堀口)
※日本フライ級王座防衛B

1951/12/04 ○7RTKO ダド・マリノ(米)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1952/02/09 ○10R判定 3-0(採点不明) 堀口 宏(不二)
※日本バンタム級王座防衛@

1952/04/04 ○6R棄権 武藤 鏡一(キンシ)

■世界フライ級タイトルマッチ
1952/05/19 ○15R判定 3-0(149-145、146-139、149-146) ダド・マリノ(米)
※世界フライ級王座獲得

1952/09/26 ○10R判定 3-0(100-97、99-94、99-92) ロイ・ヒガ(米)

■世界フライ級タイトルマッチ
1952/11/15 ○15R判定 3-0(146-128、149-132、149-132) ダド・マリノ(米)
※世界フライ級王座防衛@

1953/04/17 ○10R判定 3-0(採点不明) ベビー・マリオ(米)

■世界フライ級タイトルマッチ
1953/05/18 ○15R判定 3-0(148-142、148-143、148-142) タニー・カンポ(比)
※世界フライ級王座防衛A

1953/07/17 ○10RTKO ビック・ハーマン(英)
1953/09/19 ●7R棄権 レオ・エスピノサ(比)

■世界フライ級タイトルマッチ
1953/10/27 ○15R判定 3-0(149-136、150-136、150-140) テリー・アレン(英)
※世界フライ級王座防衛B

1954/04/08 ○8R棄権 金子 勝(オール)

■世界フライ級タイトルマッチ
1954/05/24 ○15R判定 2-1(147-145、149-145、141-142) レオ・エスピノサ(比)
※世界フライ級王座防衛C

1954/07/24 △10R判定 (採点不明) パスカル・ペレス(亜)
1954/08/11 ○10R判定 (採点不明) アルベルト・バレンギ(亜)
1954/09/18 ○4RKO 妹尾 孝(日東)

■世界フライ級タイトルマッチ
1954/11/26 ●15R判定 0-3(139-146、139-143、143-146) パスカル・ペレス(亜)
※世界フライ級王座陥落

■世界フライ級タイトルマッチ
1955/05/30 ●5RKO パスカル・ペレス(亜)
※世界フライ級王座獲得失敗



【補足情報】
・東京都荒川区三河島出身。
・戦後のデータ不詳により、白井の戦績については、65戦53勝(22KO)8敗4分、
 58戦46勝(18KO)8敗4分など各説ある。徴兵前8連勝を飾ったあと、戦後の1946年8月に
 6R判定勝利で復帰とされているが、実際は不明。郡司 信夫が戦後に残った資料から集めた戦績が
 正式な記録とされている。
・拳道会所属としてプロデビューし、石森 信行戦から生物学者アルビン・R・カーンがトレーナーを務め、
 ロイ・ヒガ戦より拳道会からカーン博士がマネジメント等諸権利を買い取り、フリーの選手と
 なった。白井義男の所属ジムとなっている『シライ』とは、現在でも日本式ジム制度以外を認めない
 協会が、協会外で活動していた白井の所属をフリーと記述するわけにはいけない事情から、
 白井の自宅兼プライベートジムをシライジムとして記述したもので、実態を伴ったものではなく
 本ページでは白井の所属をフリーと記載する。
・日本人として初めての世界王者となった。



【グッズ関連】

【中古】 日本のチャンピオン50年 白井義男から徳山昌守まで BOXING CLASSICS NIPPON SPORTS MOOK68/日本スポーツ出版社(その他) 【中古】afb

価格:357円
(2018/2/13 21:25時点)
感想(0件)







※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-し-に戻る
索引-Y-に戻る


【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4424771

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
西岡 利晃(Toshiaki Nishioka) by せきちゃん@mos (06/30)
西岡 利晃(Toshiaki Nishioka) by 川上雅也 (06/29)
マウリシオ・パストラーナ(Mauricio Pastrana) by せきちゃん@mos (06/29)
宅間 健夫(Takeo Takuma) by 宅間健夫 (06/29)
宅間 健夫(Takeo Takuma) by 宅間健夫 (06/29)