2018年01月02日

堀口 宏(Hiroshi Horiguchi)

堀口 宏(Hiroshi Horiguchi)(不二)



本名:堀口 宏
生年月日:1928年5月30日
国籍:日本
戦績:102戦83勝(21KO)11敗7分1無効試合



【獲得タイトル】
初代日本バンタム級王座
第3代日本バンタム級王座
第7代日本バンタム級王座



【戦歴】
1943/09/19 ●6R判定 (採点不明) 尾関 隆(協和)
1943/12/29 ○3RTKO 柴田 勘次郎(臼田)
1944/01/31 ○8R判定 (採点不明) 目黒 太郎(日倶)
1945/12/29 ○10R判定 (採点不明) 目黒 太郎(日倶)
1946/01/20 ○3RKO 反町 春雄(不二)
1946/01/28 ○3RTKO 三田 光一(京都)
1946/02/23 ○10R判定 (採点不明) 鈴木 末二(鈴木)
1946/03/08 ○4RTKO 山崎 進(国民)
1946/03/11 ○8R判定 (採点不明) 尾関 隆(名古屋)
1946/03/19 ●3R棄権 安田 一(国民)
1946/04/21 ×8R無効試合 ベビー・ゴステロ(比)
1946/07/06 ○10R判定 (採点不明) 尾関 隆(名古屋)
1946/07/07 ○8RTKO 柴田 清(サクラ)
1946/07/14 ○10R判定 (採点不明) 安田 一(国民)
1946/07/30 ○4RTKO 増村 雪一(国民)
1946/09/18 ○6R判定 (採点不明) 増田 敏(不二)
1946/09/24 ○10R判定 (採点不明) 柴田 清(サクラ)
1946/10/13 ○10R判定 (採点不明) 増田 敏(不二)
1946/10/23 ○5RTKO 桜庭 春夫(共栄)
1946/10/29 ○10R判定 (採点不明) 牧野 猛(国民)
1946/11/01 ○8R判定 (採点不明) 柴田 清(サクラ)
1946/11/03 ○10R判定 (採点不明) 柴田 清(サクラ)
1946/11/23 ○8R判定 (採点不明) 牧野 猛(国民)
1946/12/23 ○8R判定 (採点不明) 宮橋 丈夫(大日)
1946/12/24 ○3RTKO 宮橋 丈夫(大日)
1946/12/29 ○10R判定 (採点不明) 柴田 清(サクラ)
1947/01/05 ○10R判定 (採点不明) 関 斉(帝拳)
1947/03/23 ○8R判定 (採点不明) 井上 義雄(日東)
1947/04/03 △8R判定 (採点不明) 左右田 基光(ミスズ)
1947/04/06 ○8R判定 (採点不明) 高山 明海(フリー)
1947/04/13 ○8R判定 (採点不明) 増田 敏(新世界)
1947/04/23 ○8R判定 (採点不明) トミー 西村(玄)
1947/05/04 ○8R判定 (採点不明) 黒瀧 勇(日倶支部)
1947/05/20 △8R判定 (採点不明) 亀田 豊(日東)
1947/05/31 ○10R判定 (採点不明) 山崎 富士松(サクラ)
1947/06/10 ○8R判定 (採点不明) トミー 西村(玄)
1947/06/20 ○6RTKO 宮橋 丈夫(大日)
1947/07/12 ○8R判定 (採点不明) 桜庭 春夫(共栄)
1947/07/20 ○4RTKO 山口 昭平(城南)
1947/08/03 ○5R棄権 関 斉(埼玉)
1947/08/16 ○8R判定 (採点不明) 安田 一(国民)

■日本バンタム級王座決定戦
1947/08/29 ○6RTKO 秋村 龍三(広島)
※日本バンタム級王座獲得

1947/09/10 ○8R判定 (採点不明) ジョージ 角田(玄)
1947/09/16 ○8R判定 (採点不明) 元木 三郎(不二)
1947/10/04 △10R判定 (採点不明) 山崎 富士松(サクラ)
1947/10/11 △10R判定 (採点不明) 高木 徹(関西)
1947/10/18 ○10R判定 (採点不明) 串田 昇(不二)
1947/10/25 ○10R判定 (採点不明) 安田 一(日倶支部)
1947/11/26 ○10R判定 (採点不明) トミー 西村(玄)
1947/12/06 ○6R棄権 トミー 西村(玄)
1948/01/07 ○10R判定 (採点不明) 秋村 竜三(広島)
1948/01/09 ○10R判定 (採点不明) 串田 昇(不二)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1948/01/16 ●10R判定 (採点不明) 花田 陽一郎(帝拳)
※日本バンタム級王座陥落

1948/02/04 ○8R判定 (採点不明) 宮本 昇(国際)
1948/03/01 ○10R判定 (採点不明) 宮本 昇(国際)
1948/03/19 ○6RTKO 武藤 鏡一(日拳)
1948/04/02 ○3RTKO 鬼島 秀雄(新興)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1948/04/11 ○10R判定 (採点不明) 花田 陽一郎(帝拳)
※日本バンタム級王座獲得

1948/04/29 ○8R判定 (採点不明) 須田 国松(日拳)
1948/05/18 ○3RKO 武藤 鏡一(日拳)
1948/06/04 △6R負傷判定 (採点不明) 笹崎 僙(笹崎)
1948/06/19 ○10R判定 (採点不明) 串田 昇(不二)
1948/07/03 ○10R判定 (採点不明) 山崎 富士松(サクラ)
1948/07/17 ○10R判定 (採点不明) 宮本 昇(国際)
1948/08/07 ○8R判定 (採点不明) 桜庭 春夫(共栄)
1948/08/15 ○10R判定 (採点不明) 増村 雪一(新世界)
1948/10/05 ○10R判定 (採点不明) 伊藤 昭雄(中京)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1948/10/28 ○10R判定 (採点不明) 笈川 満夫(拳道会)
※日本バンタム級王座防衛@

1948/12/02 △10R判定 (採点不明) 花田 陽一郎(帝拳)
1949/01/05 ●10R判定 (採点不明) 桜庭 春夫(共栄)
1949/02/26 △10R判定 (採点不明) 山崎 富士松(サクラ)
1949/04/04 ○10R判定 (採点不明) 川島 保雄(東拳)
1949/04/24 ○1RKO 牧野 猛(城南)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1949/06/02 ○10R判定 (採点不明) 妹尾 孝(日東)
※日本バンタム級王座防衛A

1949/07/14 ○10R判定 (採点不明) 串田 昇(不二)
1949/08/01 ○7RKO 安井 啓三(宮間)
1949/09/06 ○2RTKO 越川 五郎(不二)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1949/10/10 ○10R判定 (採点不明) 桜庭 春夫(共栄)
※日本バンタム級王座防衛B

■日本バンタム級タイトルマッチ
1949/12/15 ●10R判定 0-3(採点不明) 白井 義男(拳道会)
※日本バンタム級王座陥落

1950/06/02 ○10R判定 (採点不明) 成尾 良明(笹崎)
1950/06/18 ○4RKO 宮本 昇(国際)
1950/07/07 ○10R判定 (採点不明) 桜庭 春夫(極東)
1950/09/20 ○12R判定 (採点不明) 妹尾 孝(日東)
1951/06/25 ●8RTKO ダド・マリノ(米)
1951/10/25 ○8R判定 (採点不明) 桜庭 春夫(極東)
1951/11/27 ○10R判定 (採点不明) ボビー・サンダース(米)

■日本フェザー級タイトルマッチ
1951/12/25 ●10R判定 (採点不明) 後藤 秀夫(坂口)
※日本フェザー級王座獲得失敗

1952/01/05 ○5RTKO 伊藤 昭雄(中京)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1952/02/09 ●10R判定 0-3(採点不明) 白井 義男(拳道会)
※日本バンタム級王座獲得失敗

1952/07/07 ●5RTKO ロイ・ヒガ(米)
1952/08/09 ○3RTKO 武藤 鏡一(キンシ)

■日本バンタム級王座決定戦
1952/09/23 ○10R判定 (採点不明) 中西 清明(坂口)
※日本バンタム級王座獲得

■OPBF東洋太平洋バンタム級王座決定戦
1952/10/18 ●12R判定 1-2(採点不明) フラッシュ・エロルデ(比)
※OPBF東洋太平洋バンタム級王座獲得失敗

■日本バンタム級タイトルマッチ
1953/01/03 ○10R判定 (採点不明) 桜庭 春夫(極東)
※日本バンタム級王座防衛@

■日本バンタム級タイトルマッチ
1953/02/14 ○10R判定 (採点不明) 金子 勝(オール)
※日本バンタム級王座防衛A

■日本バンタム級タイトルマッチ
1953/04/15 ○10R判定 (採点不明) 妹尾 孝(日東)
※日本バンタム級王座防衛B

■日本バンタム級タイトルマッチ
1953/07/06 ○10R判定 (採点不明) 金子 勝(オール)
※日本バンタム級王座防衛C

■日本バンタム級タイトルマッチ
1953/08/10 ○10R判定 (採点不明) 横井 義春(松田)
※日本バンタム級王座防衛D

■日本バンタム級タイトルマッチ
1953/09/22 ○3R反則 佐々木 康史(野口)
※日本バンタム級王座防衛E

1953/10/26 ●10R判定 (採点不明) レオ・エスピノサ(比)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1954/01/05 ○10R判定 (採点不明) 小室 恵市(青木)
※日本バンタム級王座防衛F

■日本バンタム級タイトルマッチ
1954/02/09 ○10R判定 (採点不明) 田口 進(国光)
※日本バンタム級王座防衛G(のちに返上)






【補足情報】
・栃木県宇都宮市出身。
・戦前から活躍。戦争による記録の消失も多くあると思われる。戦績/戦歴は判明済みのもののみ記載。
・兄弟の堀口 恒男(堀口)堀口 基治(堀口)、堀口 喬久(堀口)もプロボクサー。
・日本バンタム級王座の通産11度防衛は最多記録となっている。
・ベビー・ゴステロ戦時点では堀口所属。後藤 秀夫戦時点では不二所属となっている。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-ほ-に戻る
索引-H-に戻る


【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7151820

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
曽根 和浩(Taiyu Sone) by せきちゃん@mos (07/31)
曽根 和浩(Taiyu Sone) by chamuyo (07/30)
曽根 和浩(Taiyu Sone) by chamuyo (07/30)
曽根 和浩(Taiyu Sone) by ファンです (07/29)
曽根 和浩(Taiyu Sone) by せきちゃん@mos (07/29)